くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

≫ EDIT

見られるだろうか

二日続けてフィギュアスケートの話でごめんなさい。
来月のイベントのための編み物をしていたけど…今日はもう、あきらめた。細かい編み物をしながら、スケートは見られん。
また、カナダ大会までの間せっせと編んで、カナダ大会は観戦しよう(笑)。昌磨くんがでるのだし。羽生くんの引退されたあと、日本をせおって戴くことになるのだもの。

あ、でも、今トピックスに、驚きのニュースが。
羽生くんが、平昌後引退を示唆していたのが、現役続行の可能性があると、自身がインタビューで答えたらしい。本当ならば、こんな嬉しいことはない。いや、他の男子シングルの選手は「引退してくれよ…」と思っているかも(笑)。
次の五輪を目指すというよりは「4回転アクセルに挑戦したい」と。やはり、そうか。
前から、遊びでやっていたそうだけど、真剣に、競技に組み込むレベルでは、やれなかったんだろうな。危険が大きい。平昌までは、怪我の可能性を考えるとチャレンジできなかったんだろう。
で、五輪終わったら、4アクセルを跳びたい、と。ああ、そうだろうなあ。彼は、たぶん、歴史に名前を刻みたいんだ。「世界で初めて四回転アクセルを跳んだ選手」として。
前々から、現役選手で、4回転アクセルが跳べるとしたら、それは羽生くんしかいないと私は思っていた。あんなに、バックアウトカウンターっていうのかな?ふりみきざまに3アクセル跳べる選手は、いまのとこ、他にいない。
ネイサンもボーヤンも、3アクセルやや苦手そうに見えるし。確実度でいえば昌磨くんもできそうだが、昌磨くんは、羽生くんより高さがないので、もう一回転まわるのは大変そうだろう。ただ、昌磨くんも、回転速度が速いから、やればできるんじゃあないのかなあ…。
トリプルアクセルといえば、無良崇人くん。彼のアクセルは世界一高いんじゃないだろうか。ただ、回転軸の細さや着氷のやわらかさ、姿勢の美しさを思うと、総合的に羽生くんがいちばん世界で美しいトリプルアクセルだと私は勝手に思っている。無良くんには及ばなくても羽生くんのアクセルだってとにかく高い!
無良くんが先か、羽生くんが先か、どちらが先に4回転アクセル跳べるようになるかな。おととしぐらいから、そんなことを考えていたんだけど、それが、現実になると…嬉しいなあ。
引退したら、4アクセル関係なくなっちゃうもんね。羽生くんの目標はあくまで競技で4アクセルを成功させることだと思うんで。

思いがけず、嬉しい報道で、気持ちが明るくなった。真央ちゃんが引退してから、どうも、さびしいなあと。でも、今の真央ちゃんが明るくて楽しそうなので、これはこれで嬉しいなあと。
羽生くんも、五輪のその先はどうなるのか、わからないけど、でも、これだけはいえるのは、少しでも、多く滑ってくれたら、喜ぶ人がきっと大勢いる。
浅田真央さんや高橋大輔さんの引退時期が、五輪のあとすぐでなかったことで、世間では、たぶん「オリンピックのすぐあとに引退していたほうがよかったんじゃないか」という意見もあったんだと思うけど。でも、個人的には、真央ちゃんも、大ちゃんも、少しでも長く滑ってくれて嬉しかったし。真央ちゃんに関しては、勝てなくなって引退したんだとしても、それでも、引退後、彼女の値打ちが下がったふうにはまったく見えなかったし、今も現役同様の人気ぶりで、衰える気配がない。浅田真央とはそういう存在だった。
羽生くんも、もしも、今回、五輪で連覇してもしなくても、4アクセル挑戦するために現役を続行したとしても、彼の功績はまったく変わらないと思うし、いつ引退しようが、今の真央ちゃんと同じような感じじゃないのかな~、なんて私は思っている。
もしかしたら、5回転もやりたいと思っているんじゃないだろうか…世界選手権のとき?彼が言ってた。「理論上は5回転までできるそうなんですが」と…そんな夢みたいなことが、と思ったが、これも、羽生くんが、挑戦するのかな。
五輪二回でれば、あとは、怪我を気にしないで、挑戦できるかもなあ。あんまり怪我してほしくないんだけど。
まあでも、23歳で引退なんて、羽生くんらしくないやと思ったし。いや彼の場合、勝てなくなりそうだと思ったらその前にスッパリ引退するかもとも思ったけど。でも、彼が引退したあとで、誰かが4回転アクセルを跳んだとしたら。「俺がやっとけばよかったーーー!!」と、地団駄ふみそうだ(笑)というイメージが。勝てるうちに引退、よりも、そのほうが、彼らしい。
とはいえ、来年までは無理しないで、怪我だけ気をつけて、頑張ってください。

ロシア大会のエキシビションを見ながら、でした。
ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安心した~

フィギュアスケートグランプリシリーズがはじまって、また私は例によって、情報遮断中(笑)。
浅田真央さんが引退されてからも、この習慣は続いている。
羽生くんが引退するまでは、これも続くかなぁ(笑)。
ソチに出た選手で今も選手なのは羽生くんだけだ。だから全力で応援したい。
しかし、羽生くんは…なんだろう、正直いって「絶対王者」には違いないが、最近心臓に悪いよ(笑)。

今終わったばかりのロステレコム杯で、二位になった。私は、内心「よかった」と思った。いや、二位のなにがいいのかと、言われてしまうかもしれないけど…この何年も、初戦は二位以下で、NHK杯でもりかえし、ファイナルで快勝!のパターンだから。ネイサンのジャンプがダブルに抜けたとき、一瞬「いかん、羽生くんが勝っちまう」と思った(笑)。ショートのアドバンテージでネイサンが勝利した。でも、私は、これでよかったと思う。ファイナルでは勝つ、と信じている。

大会前のインタビューで「四回転ルッツをフリーでいれる、ショートの冒頭を4ループにもどす」と聞いたとき「やめとこうよ、羽生くん、四サルコウでいいじゃん、フリーもルッツいれることないよ」と思った。やめてくれ、も思った(笑)。オータムクラシックで、その構成で歴代最高点を更新したじゃん。じゅうぶん完成度でたたかえる、と。
でも、やるというからにはやるだろうなぁ。そういう性格だとお見受けしたし。

でも、今日、女子のショート(録画)を観ながら。なんで羽生くんは、まだ成功率の低いルッツをいれるんだろう。守りで充分勝てるのに…と思って、そこで。あぁそうか、五輪ではその構成でやるんことになるんだから、今のうちからやっておこうということなんだ、と、やっとわかった。
今回は、ネイサン・チェン選手に勝つだけならば、ショートは4サルコウ、4トウ-3トウ、3アクセル、フリーは4サルコウ、4トウ、3フリップ、4サルコウー3トウ、3アクセル、3アクセル-1ループ-3サルコウ、3ルッツ、あとひとつなんだ?とにかく、それで完成度というか加点の高さで勝てるはずだと思った。しかし、よく考えたら…五輪ではおそらく、昌磨くん、ネイサン、ボーヤン、ハビエル、チャン、が束になってかかってくるわけだ。あと力をつけているロシアのコリヤダ(今回ミスがありながら、技術点めちゃ高かった)、スケーティングと3アクセルとスピンの上手なジェイソンブラウンなど。強敵はいくらでもいる。
そうなると、イチバン難しい構成になれておかないとならない。そう考えたんだろうと思った。
だから、今回の勝負は二位までなら大丈夫だろうから、ルッツを見せてもらいましょう、という気持ちで観戦した。毎回勝つ必要はないし。大事なのは五輪にピークをもってくること。
ちゃーんと先を見てるんだな、と思った。安心した。なので、もう、怪我だけは、しないでください。それだけ、ですな。

羽生くんに関しては、ちょっと後悔がある。自分がファンだと気づくのに時間がかかってしまったこと(笑)。なので、真央ちゃんみたいに、初めて見たときから、引退まで、応援することができなかった。高橋大輔くんのファンだったし(笑)だから、二人が同時にでている試合では、まず大ちゃん、そして羽生くん、と応援してたんで。
自分は誰のファンなんだろうなあ、と、たまに考えるんだけど。
それで、まあ、あり得ないことなんだが、これまでのスケーター、現役選手、引退した選手、男女、入り乱れて一度に試合をやるとしたら(笑)それはもう、真央ちゃんだな、イチバンに応援するのは。次は大ちゃんだな。そして、羽生くんだな。と、思っていたので。
だったら現役では羽生くんのファンだということになるな、と、最近気づいた(笑)遅いですな。
だから、羽生くんが引退しちゃったら、昌磨くんだな。
でも、最近は…男子が不安。以前の日本の女子シングルを思い出す。羽生くんがいて、昌磨くんがいて、世界のランク一位、二位となっているんだから、未来は安泰だな…と、思えないことが。この二人になにかあったら、どうなる…という不安が。
それ考えたら、ロシアの女子、すごいな…どんどん次が出てくる。

とりとめがなくなってきたなあ。このへんにしておこう。
あ、でも、もうちょっと。

女子は、どうなるかな…私は、中国杯にエントリーしている、三原舞依選手が楽しみである。ジャパンオープンのフリーは素晴らしかった!!「ガブリエルのオーボエ」まさに三原選手にぴったり。昨シーズンの「シンデレラ」もぴったりだったが、さらにいいなあ。ショートの「リベルタンゴ」は、まだなじんでいないみたいだけど、人気のある曲だし、メリハリがきいて、はまればひきこまれるプログラムになると思うので。今後楽しみである。
それを言ったら、本田真凜選手のショート「The Giving」カーニバル・オン・アイスでみたけれど、これ、エキシビションでいいんじゃないのかな?と。とても綺麗な曲ではあるんだが…。どうもタンゴがあまりしっくりこないようだったらしいけど、競技用のプログラムとしては、「ラ・クンパルシータ」のほうがよさそうだと思うんだけど…でも、本人が気に入った曲で滑るほうがいいんだろうし。
また脱線するが、宇野昌磨選手は、曲にあんまりこだわりがないそうで、全部、樋口美穂子コーチにおまかせなんだそうな。それもすごいなあ。「この曲がいい!」って、思わないのかな…考えるの面倒なんだろうか(笑)。となると、昌磨くんが「どうしてもこの曲で滑りたい」という曲が出てくることを楽しみにしたい。

とまあ、いつものとおり、好き勝手書いてしまいましたが、1ファンのたわごとと思ってお聞き流しくださいね。

ではでは、編み編み作業にもどります。
1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







| フィギュアスケート | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝ても覚めても

ここ数日、寝ても覚めても編んでばかりいる。
なにかをやりだすと、とまらなくなるので。
ネオブライス用の帽子と、あみぐるみの犬。余裕があったら、momokoの帽子も編んでみたいな。momokoは頭が小さいから、早く編めるかなあ。

ブライスの帽子も10個ばかり、できた。
これは、わりと大きさが安定している。よかったよかった。
前に、リカちゃんやプチブライスサイズの帽子を編んだとき、手のかげんで、大きさがばらついて困った。
細い糸で編むほど、微妙な手加減で、大きさが変わってしまうものだろうか。
あみぐるみを編んでいても、犬の頭の大きさが日によって変わったりする。
これは私だけの話なのかなと思って、このまえ、母に相談してみた。
母に聞いたら「手の加減はいつも同じ」と言われて驚いた。
確かに、母のレース編みのドイリーは、違う日に編んだものでも、ほとんど同じ大きさに仕上がっている。いいなあ…。
レース編みは、鎖編み、細編み、長編みの組み合わせで、私のやってる細編みだけのあみぐるみに比べて、かなり複雑なのに、毎回同じ大きさに仕上がるなんて。なんか、「負けた!」って感じ。いや、母とたたかう気はない。勝負になんないし…。

とにかく、毎日毎日帽子を編んでは、ブライスにかぶせて、大きさがちゃんとしてるか、確認しながらまた編む。さすがに、飽きてきた(笑)。
夏の服しか持ってないから、冬用の服も作れたら作ってみたいが、間に合うかな…。
ドール服が作れる人って、ほんとすごい。尊敬です←ドールマーケットの出展者とも思えない文章ですな(笑)。

ミシンも苦手なので、コツコツ編むか…。

では、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







| あみあみ | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋を撮る

今日は、「北海きたえーる」へ、手づくりフェスティバルを見に。お友達と約束があったんだけど、約束してないけどずいぶん知り合いの方と会えた~。

で、「きたえーる」をでて、豊平公園へ。お昼ごはんを食べようと思った。公園を、少し歩いて…ん!?
autmn1-6.jpg
おお、いるではないか。
わからないかな?では、
autmn1-7.jpg
エゾリスちゃん。
なにしろ、18-70mmのズームではこれしか寄れない。自分が寄ろうとすると、野生動物だし、とっとと逃げられてしまった。

まあでも、普通にいるなあ。自然がたくさんあるからかなあ。

気をとりなおして、秋を探して歩く。

autmn1-8_201710132319166ee.jpg
ツタ綺麗。

autmn1-9_201710132319181f2.jpg
ナナカマドの実がおちている。

私の好きな、モフモフをみつけた。

autmn1-10.jpg
紅葉してるホウキグサ~。コキアというほうがロマンチックかな。

autmn1-11.jpg
とても好きな一枚。

さて。
最初に入ってきた出入り口付近の、ベンチを陣取って。かばんから、買ってきたお昼を取り出して、昼食。カラスがあちこちにいるから、袋にいれたまま、パンをちぎっては口にいれ、また口にいれ、をやってたら。目の前のサクラの木の根元に、

autmn1-12.jpg
!?また?

autmn1-13.jpg
ああもう、こんな時にかぎって望遠もってないし。とはいえ、レンズ交換してる時間もなかったけど。
autmn1-14.jpg
走りだした。カメラも流して、流し撮りしたけど、まあ、これが限界。
autmn1-15.jpg
なんだかフェレットみたいなシルエット(笑)。

このあと、高い木に登ってっちゃった。

昼食を再開して、食べおわって、さて帰ろうと、立ち上がろうとして、上をみたら…わずか30センチぐらい上の枝に、ハシブトが!!「おまえ、いつからいるねん!!」って感じ。全然気づかなかった。リスにみとれているとき、よく、パンとられなかったな~。私がこれだけカラスを警戒する理由は、ちゃんとある。以前、旭山記念公園のてっぺんで、カラスに唐揚げを盗られた(実話です…)。なので、外での食事では、カラスにだけは盗られるまいと。
そのカラスにつつかれるわけでもなく、ただ、少し見つめあってしまったあと、私がその場を去った。ちょっかいだして、つつかれたくないし。
夫にその顛末をメールすると「また、狙われていたんだね」と(笑)。唐揚げ事件を忘れてないんだな…。

まあそんなこんなで。
満足いくまでは撮れなかったけど、まあ、まずまずでした。

ちなみに、おととい撮った、お気に入りの一枚を。
autmn1-5_20171013231839002.jpg
クリックで大きくなります。

これは気に入ったな~。ただ、小さく縮められないけど。商品にはならないな~。
ちょっと、息抜きの一日でした。また明日から、一心不乱に編みます。


ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン











| 菜々フォト | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

編むということ

今日は、久しぶりの、ミニチュア教室の日だった。
イベントが終わってから、初になる。
次のドールハウス(ジオラマかな…)のものを教わってきた。
それと、終わってから、個人的に、先生に、いろいろとご相談してきた。
イベントで、ワークショップをさせて戴いたときに、編むということをうまくお伝えすることができなくて、大失敗に終わったので、「編むということ」を、とことんまで考えてみようと思った。
私の場合、あみぐるみを編んだり、他のあみコモノを作るとき、たいてい使うのは「細編み(こまあみと読む)」という編み方なので、ワークショップもそれにしたんだけど、最初の最初「わの作り目」が、どうも、難しかったようで…私の説明のしかたがいけなかったんだと思うんだけど、かぎ針を持ったことのない場合には、これは、かなり難しいことのようだということを、今回初めて知った。
私は、小学生のときに、母からかぎ針編みを教わって、それ以来、ずっとではないけれど、編んできた。なのでもう、針の持ち方、糸のかけかた、作り目、編み方は、ほとんど無意識でやっちゃってるようなもので、その無意識を、いざ教えようとすると…これが、できない。私が教えることにむいてないということもあるんだろうけど。
それで、新しく、ワークショップの題材を考えて、今日、先生に実験台になってもらった(笑)。先生はかぎ針の経験もあるし、ものすごく器用な方なので、できた。先生に「どなたでもできそうですか?」と聞いてみると「できると思う」と。
それで、鬼が笑うんだけど(笑)今から、来年のワークショップの準備をしておこう。
完成して、もち帰っていただくことが、ワークショップの目的なので。

先生、遅い時間までありがとうございました。
終わったばかりで来年のことなんて、と思わないでもないが、もうこの年になると、時間が速い速い。

でもそのまえに、11月の準備(笑)。
ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン







| 気になること | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |