くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久しぶりに

例によって画像をつけられないのだけど。
久しぶりに紙バンドをだしてきて、かごを編みはじめた。いや~、手がなまってて(笑)。かごって、編み方は覚えていても、日々編んでいないと、テキメンに下手になる。とはいえ、集中して編んでいると、感覚戻るけど。
紙バンドのかごは、「あるもの」のために編んでいる。夏頃のイベント用に。
わたしにも、誰かに教えることができるものがあるなら、と思って、試作中。
↑それは、はじめて作る人にもできて、材料もそんなに要らなくて、時間もかからないもの…と、考えると、なかなか難しいかな。そのうえ、「作ってみたい!」と思ってもらえるようなものでないと…あ~、難しい!
…最初から、そんなに、条件ばかり考えていたら、難しくなっちゃうなあ。まあ、とにかく、30分以内にできそうなもの、を第一に、考えよう。詳しいことはあとだ。
やったことのない人に、わかりやすく、伝えるにはどうしたらいいか。そんなふうに考えながら作ってみるのも、いい勉強になると思うので。
かごを編むのもひさしぶりで、紙バンドで指が痛いので、あまり長時間はできないから、少しずつ作ってためておこう。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| 紙バンドクラフト | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手間のかかるかご

今日もかごづくり。
昨日までは、
basket17-2.jpg
こういうかごを作っていた。雨降りで暗くて、写真がぶれててごめんなさい…丁寧に撮っている時間がなくて。
でもこれだと、大きさがよくわからないなあ。持ち手をつけてから、大きさがわかるように撮ります。
で、左上のかごが、
basket17-1.jpg
私の作るミニかごでは、一番手間のかかるかご。でもこれは、たて芯の始末しなくていいから、右手のひとさし指が痛くならない。ちょうどいい小休止になるかも。
これも、5点ほど、『ちっちゃいもの店』に出品予定。手間かかるから、5点が限度かな。

おまけ。
kan17-1.jpg
可愛い缶大好きの私の、特にお気に入りの缶。
アニスキャンディが入っていたんだけど、これ、味はあんまり好きではなかった。完全に、缶目当てで購入(笑)。
手芸道具のもちあるき用にいいかなと思ったけど、とても小さな缶なので、はさみが入りそうもない。何入れようかな~…。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 紙バンドクラフト | 22:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと心配なかごのお話

ただいま開催中の『ちっちゃいもの店』ですが。14日までです。今日もいれてあと二日半。

昨日の、店長のF子さんのブログを拝見してたら「納品されたかごの半分はなくなってしまいました」とのこと。えええっ!もう?30個は納品したぞ(笑)最初に納品した数の3倍作ったんだけど。大急ぎで。
あのかごたち…カタチ崩れてないかしら。ああ心配。

大急ぎで作って、乾燥させる時間すらなかったので、やむをえず「生がわき納品」してしまいましたが(笑)できればそれはやりたくなかった。

私は、「梱包用バンド」を裂いて、かごを編んでいます。
こういうのです。
basket14-37.jpg
これは、400mの大巻きで、クラフトテープ手芸友達の皆様の間で通称『タイヤ』と呼ばれているものです(笑)。ほんとにタイヤそのものという感じです。私は食い気の人間なので、バームクーヘンに見えますが(笑)。
このバンドは、再生紙をこより状にしたものを、接着して、13本どりにして(ものによっては12本どりとか、16本どりのものも)平たい丈夫なバンドにしてあるんです。
カラーテープもあります。
basket14-38.jpg
なかなか色あざやかで綺麗なものが、たくさん出ています。

でも、私は、自然な感じが好きなのか、主にクラフト色か、ホワイト一色で編んだものが多いです。

で、この13本の平たいバンドを、PPバンドとか、使い古しのプリペイドカードなどで、お好みの本数に裂いて、かごを編みます。
私は、籐っぽい表現が好きなので、たいてい1本どりで編みます。
chicchaimono14-10.jpg
昔、籐でミニかごを作りたくて、やってみたことがあるんですけど、籐の扱いが難しくて、私には無理でした。私の望む太さの籐もその頃あまりなかったし。ちっちゃいかごを作りたかったので、すごく細いものが欲しかったんです。
この、紙バンドに出会った時は「これでミニかごが作れる!」と嬉しくなりました。最初は、小さいものを作るのは難しかったんですが、好きで編んでいるうちに慣れて、どんどん小さくなりました(笑)。

で、このかごですが。
編んだカタチのままでも素敵なのですが、紙なので、もうちょっと丈夫にしたいので。
編んだかごを、さっと水にしずめます。私は「水仕上げ」と呼んでます。
梱包バンドの表面は、水溶性の糊で接着されているため、この糊が、水につけることで溶けて表面に流れます。そうすると、編んだカタチのまま、その流れ出した糊で、固めることができるのです。この糊は、長いことつけていると流れだしてしまうので、あくまでも、一瞬沈めてすぐひきあげる、ぐらいが丁度いいです。
そうすると、表面を覆っていた糊のつるつる感も少し抜けて、洗いざらした風合いにもなります。つやつやに仕上げたい場合は透明なニスを塗ったりもしますが、私はミニかごはほとんど水仕上げをします。

一瞬でも、水にしずめるわけですから、その日のうちには乾きません。しかも、原料がそもそも紙なので、水仕上げをした直後は、おさえると引っ込むぐらい、フニャフニャです。頼りないです。乾いてくると、ガチッと固まるんですけど。というわけなので、この、水仕上げのあとは、できれば丸1日は、自然乾燥させたいところです。
なんだけど、今回は、有難いことに、かごが不足しているという店長さんからのご連絡があったので…この、水仕上げをした数時間後に、納品することに。家にいる間に、できるだけ、ドライヤーあてて乾燥を試みたのですけど、それでもやはり、すぐには乾きませんでした。
chicchaimono14-15.jpg
イベントは平日もやっているんですが、やはり土日が混みあうらしく、土日にはどうしても間に合わせたかったので、店長さんが会場にいらっしゃる金曜の夜八時までに、どうしても届ける必要がありました。
ぎりぎりまで制作していたので、乾燥させてる時間もなく、それどころか、8時よりも前に着かないと、丸井今井さんそのものが閉店してしまう(笑)大いにあせりました。なにしろ地下歩行空間歩いている時でもうすでに7時50分でしたから。
なんとか閉店5分前に丸井さんの地下に駆け込みました。ほんと、漫画みたいな人生です(笑)。
それで、なんとか、金曜の夜に、会場にお届けすることができて、かごたちもイベント会場に並ぶことになりました。
でも私は心配でした。会場はデパートなので、店内は乾燥しているから、乾くだろうとは思ったんですけど、水仕上げをしたばかりのかごはほんとうにふにゃふにゃなので、ゆがんで乾燥したりしないか、芯が出てきちゃったりしたら…それに、
chicchaimono14-13.jpg
このピンクッションは、台のかご部分も乾燥してないうえに、布の針刺し部分を接着剤で台に固定したばかりです。翌日の土曜の昼には乾いていると思うけど、もしも乾いてなかったら…お買い上げのお客様が、針を刺してみて、中で接着剤が乾燥してなくて、くっついちゃったらどうしよう。と、心配はつきないのでした。

でもまあ、『ちっちゃいもの店』のお客様は、優しく扱ってくださることと、いい方に考えましょう。
もう半分なくなったということで、ありがとうございます!頑張ったかいがありました。
昨日お買い上げ戴いたお客様、生がわきで失礼いたします(笑)。完全に乾燥するまで、やさしく扱ってあげてくださいね。それから、乾燥したあとも、紙製なので、水気のあるところに飾らないようにお願いします。

ちっちゃいもの店、火曜日まで続きます。ひきつづき、どうぞよろしく。

chicchaimono14-1_20110602232228.jpg
chicchaimono14-2_20110602232227.jpg

『ちっちゃいもの店』
2011.6.7(火)~6.14(火)
10:00~20:00 ※12(日)は19:30迄
丸井今井 大通館6階(上りエスカレーター左側)

こちらも1ぽちずつよろしく。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



| 紙バンドクラフト | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出荷だよ~

月曜に、水仕上げをして、乾燥中だった、かごたち。
basket14-30.jpg
なんとか乾いた…と思う。
で、昨日の夜、このかごが全部入る大きさのダンボールを探して…
basket14-31.jpg
つめてみる(笑)。なにしろ百個!!の大量ご注文。←あ、ご注文は80個でしたが~、私が商売っ気を出して、百個作って「百個いかがです?」と…押し売りだなぁ(笑)。めでたく百個出荷させていただくことに。Hiroさんまいどありがとうございます~。

Hiroさんのブログです→Hiro-DesignWorks*blog

で、この箱にいれた様子を、帰ってきた夫が見て「すごいね。なんか、こうしていると『製品』って感じ」
「機械で作ったみたいでしょ~」←ほめられるとすぐ、つけあがる(笑)。
で、今朝、無事に発送…お疲れさま~、自分。

で、自分へのごほうびに…
flower14-10.jpg
昨日、琴似の「花時計」というお花屋さんで購入した、『ブルーワンダー』という花。
これ、すっごく小さくて、可愛いお花。一目ぼれだった。
昨日、ムーランルージュさんに行く途中で、お花屋さんを見て。この花屋さん、人気で、いつも人がいっぱい。
この『ブルーワンダー』を前に、はげしく悩む。…まだ、行きだし、荷物になるかな。帰りに寄るかな。そう考えた…のだが。
ここは切り花も安い。見たら、スイートピーの花束が、1束百円!!これ可愛い、ほしい。と思ったけど…荷物になるかな(笑)。←いつも、無計画に買い物して、あちこち買い物して歩く時に、最初の方で荷物多く抱えて歩くはめになるから。帰りもここ通るし。
…ところが。
ムーランルージュさんで、ニット帽と靴下をおいて、糸買って、帰りに花屋さん見たら…スイートピーがない!!一束も。全部売れちゃったんだ…おそるべし。安いもんねえ…可愛いもんねえ。バカバカ、荷物になろうとも最初に買えばよかった。
『ブルーワンダー』はあった。札には「宿根草」とある。越冬させればもつかしら。庭はないけど、大きな鉢に植えれば、越冬も可能、だそうで。私が、三つぐらいある鉢の、どれが一番いい状態の苗か、熟考してる時に、お店の方が「可愛いでしょう。次々咲きますよ」と次々咲く!!ハートを射抜かれた(笑)。
で、私の目で一番よさそうな状態の苗を選んで、購入。花がらをまめに摘めば、次々花を咲かせて、花が終わったら、大きな鉢に植えかえる。水のやりすぎは禁物。根が腐るとか。
家で調べたら、カンパニュラの仲間だそうで…
flower14-11.jpg
ああ写真が暗いわ~。明るく撮りたいよ。標準レンズを出せばいいのかもしれないが、めんどくさい(笑)。
一輪一輪が、花径1cm程度の小さな花なんだけど、小さな小さな薔薇みたいで、とにかく可愛い花です。
いっぱい咲くといいな~。青い花…大好き。でもこれ…青というより紫かなあ(笑)まあいいか。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 紙バンドクラフト | 21:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かごの続き

ピンクッション台の、かごを製作中。
やっと全部編みおわった。さて、今日は、たて芯の始末。
basket14-12.jpg
今日は、この作業にかかせない道具を。
basket14-13.jpg
目打ち。このかごに限らず、私の作るミニかごは、これがないと、作れない。

basket14-14.jpg
これが側面を編みおわったところ。たて芯8つは、上を向いています。
このたて芯を、側面に、折りこんで、始末するのですが。
basket14-15.jpg
上から見たところ。
たて芯は、一番上の編み紐を、押さえ込むようにして、折ります。
この写真の場合は、たて芯が外側にあって、編み紐が内側なので、

basket14-16.jpg
編み紐を押さえるようにするには、内側に折ります。

その両隣のたて芯は、外側に折ります。

というふうに、それぞれ、一番上の編み紐の位置によって、内側と外側にそれぞれ折ります。
basket14-17.jpg
こうなります。

たて芯を折ったら。
ここで目打ちの出番。
basket14-18.jpg
たて芯を折った側の、編み紐の側面のところに、目打ちをいれて、すきまを作ります。
↑うまく説明できない~。
この時、「一番上の編み紐」は、目打ちを入れません。2番目の編み紐からいれます。

すきまができたら。
折ったたて芯を、一番上の編み紐をはさんで、そのすきまに折りこみます。

つまり…
basket14-19.jpg
こういうことなんです。わかるかな~?

basket14-20.jpg
これだとまだ浮いてるので、折った部分まで、綺麗に入るように、入れます。

basket14-21.jpg
はい、これで綺麗に折りこみました。
これを全部やりますと、
basket14-22.jpg
はい、これで、カタチとしては完成~♪
basket14-23.jpg

でも、私のかごは、このあとさらにひと手間かけます。

basket14-24.jpg
これは、裂く前の、梱包用バンド。そもそもこれが最初の形なんです。これを、使用済みプリペイドカードとか、PPバンドで、一本とか二本に裂いて、かごを編んでいるのです。
で、この、13本どりのままのテープは何をするのかというと…
この、ピンクッションの台の内側に、補強用として、貼るのです。
basket14-25.jpg
写真ではわかりにくいけど、内側に、太いままのテープが入れてあります。はがれないように、ボンドで接着します。これがちょっとタイヘン。
どうして補強用のテープを貼るのかというと…これを、最初に作ったのは私ではないので、ちょっと想像ですが、これ、ピンクッションの台なので、ピンクッションになったときに、もしも、針をななめに刺しちゃったとして。側面の編み紐だけだと、針が通過して針先が出てこないように、ということではないのかなと。
最初にお作りする時に、依頼主さまから、見本をお借りしたら、こういうカタチになっていて、私は忠実にそれを再現したので、大きさとかについては、自分で考えたんじゃないんです~。
まあ、それから…何年?この日記の古いログを見ていたら、なんと、2006年ぐらいから、作っているではないか。この前の日記では「一昨年あたりから」なんて書いたけど。うそつきになってしまった(笑)。2011年の一昨年は2006年じゃないよね~。5年も作ってたんだ!それもびっくり。
Hiroさん、いつもいつもありがとうございます!(笑)。

で、いまは、もくもくと、補強貼り。
ひとつひとつ、中の寸法にあわせてテープをカットして、入れてから、きちんと入るか、少し大きかったら、ぴったりになるように、切って調整して、合ったらもう一回はずして、ボンドつけてまた中へ…と、じつは、この工程が、一番手間がかかるかも。
なので、これは、もうちょっと時間かかりそう。遅くても、丁寧に仕上げたい。
というわけで、頑張ります。

おまけ。
sky14-14.jpg
たいよう。
綺麗…ジュースみたい(笑)。

ではでは1ぽちして下さったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 紙バンドクラフト | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |