くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

精密はさみ

今日はおでかけで、楽しかった~。刺激も受けた。


粘土をやるときに。刃が薄くて、刃先が細いはさみがあると、使いやすいかなと。
手芸用の糸切り鋏を、いろいろ試しているけれど、一番具合がよかったのは、どこの百均で買ったか忘れた、百円のはさみだった(笑)なんたる低コスト。
はさみに関しては、買う前に試すことができない場合が多いので、買ってみて初めて、あたりはずれがわかる。
普段あまり道具にお金をかけたくない私にとっては、いま、あみぐるみに使っている、ヘンケルのはさみは贅沢品である。よく切れてストレスがないので、愛用している。偏愛している、といってもいい。定価は私には高かったが、10年以上も使えば、じゅうぶんもとはとったでしょう。
粘土は粘土用にしようと思った。まあ、百円だったし。

切り紙用に買ったはさみもあって、それでも切ってみたけど、切った感じはそれほどでもなかった…やはりこれは、紙を切るものなんだな。
夫には「握り鋏は?」といわれたけど、あれ苦手なんで(笑)。

ピンセットでも、試してみた。ピンセットなら、粘土もつまみやすいし。でも、切るとなると、うまくいかない。つまんだあとに、粘土をひきはがそうとすると、ちぎれてしまうし。ピンセットでつまんで、それからつまんだ部分をはさみで切る、というのも試したが、これは二度手間になってしまう(笑)。
たくさん必要なものを作るので、なるべく手間をはぶきたい。うーん、しばらく、試作と練習の日々だな。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| お道具 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

布さがし

道具って、言えるかどうか…。

日曜日、「夢見る乙女な祈り」というドールイベントに遊びに行く。ドルマのディーラーさんたちが参加されてるし、私には、他にも不純な動機があった。
ドールや服を見るような顔をして、実は、什器とか、テーブルにかけてある布を、真剣に見ていた。みなさん、どんな布を使っていらっしゃるのか。
私も、イベントのときは、テーブルや台に布をかけているけど、リネンの、無難なグレーの布。つまらない…。とはいえ、私の場合は、作品があまり大きくないので、あまり自己主張の強い布だと、作品が埋もれてしまって目立たない。必然的に、柄物はだめ。柄ものの布の上に、ちいさなあみぐるみを並べたら、目から入って来る情報量が多すぎて、うるさくなってしまう。
無地か、それに近いおとなしい布。
色がグレーなのは無難でいいんだけど、ちょっと…違う色を使いたくなった。
ドールハウスの先生や、イベントの出展作家さんにいろいろと聞いてみたけど…悩む。
イベントでも、素敵にディスプレイされているブースがいっぱいだけど、私には無理だなあ…センスがね。真似から入ろう、と思っても…。
というわけで、最近、クラフト系のイベントを見るときは、作品そのものよりも、什器だの、ディスプレイだの、布だのに目がいってしまう。作者の皆様に失礼だなぁ(笑)すいません…。

イベントのあとに、手芸店何軒かまわって、布さがし。
しかし…ピンとくるものがなかった。
私は、公共交通機関で搬入するので、荷物はできるだけ軽くしたい。かける布はけっこうかさばる。軽いのがいい。普段は綿か、リネンを使っているが、家で布にアイロンをかけても、たたんでかばんにいれて運ぶので、会場に着くまでにたたみじわが…。
薄めがいいとはいっても、テーブルの下をかくす役割もあるから、スケスケすぎても都合が悪い(笑)。だから、レース地を使うとしたら、下に透けない素材を敷かないと…そしたら二枚必要になってしまう。あと、無地で、濃い、暗めの色だと作品目立つかなあと思ったのだが、濃い色の布を使ってる方にお聞きすると「ゴミが目立つよ」と。そういう問題もあったか。

模様は、無地か、それに近いもの。素材は、しわになりにくく、薄くて軽いもの。存在感がそれほどないけれど、作品を上手にひきたたせてくれるような…とかなんとか、考えていたら、そんな都合のいい布、あるかい。と、気がついた(笑)。
まあ、一日やそこらで、理想の布に会えるわけはないか…。テーブルクロスだとか、カーテンまでも、見たんだけど。
雑貨屋にあるような、インド綿の敷物なんかも見た。素敵なんだけど…分厚くて、持ち歩きが…。

というわけで、布さがしはしばらく続きそうです。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







| お道具 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンセットの練習

この前、やっと、買った。
pinset1-1_20170128203414fec.jpg
これはホーザン(HOZAN) 先曲がりピンセット カーブタイプ P-882 。
いや、うちにはピンセットはいっぱいあるのだが。なぜ『いっぱい』かは聞かないで…というほどでもないか。まあ、百均で買ったものがいくつか。ものをつかむのには、百均のでも充分だと、思った。半年前までは。
ところが、ミニチュア教室に通いはじめて、ピンセットの出番も増えた。そうなると、ピンセットも、ただつかめればいいというのではなくて、先が細いものがほしくなった。それで、ネットで購入。ネットだと安いけど、届いてみるまで使いやすいかわからないのが難点。でもこれは、レビューでもなかなかいい評価だったし、そんなに高くなかったし、送料無料だったし。届いてみて、これは正解だった。先細いし、つかみやすいし、重たくないし←そう、百均のネイル用のピンセットは、ステンレスが厚いのか、やや重い。
軽くて使いやすくて、愛用しているが、先曲がりではやりにくい作業もあるので、今度は、
pinset1-2_20170128203415c95.jpg
goot 精密ピンセット TS-14 。
これは送料がかかるので、ほかの買い物とあわせて注文。ピンセット本体はとても安かった。安いわりに評価が高いのを選んだ。でも、レビューの中には、先が合ってないとか、あたりハズレがあるかもしれないので、届くまで、心配だった。
手にとってみると、先が細くて、刺さりそう。実際刺さる(笑)凶器だなあ。
そして軽くて、握りやすい。これはお買い得だった。
まっすぐのピンセットは、これまであまり使わなかった。練習しなくては。

そこで、突然だけど。
hiroshima1-1.jpg
昨年、広島へ行ってきた。これについては、今度ゆっくり書くけど、機会があったら、一度行きたいと思っていた場所だった。原爆ドームが見たかった。公園を見て、そして、原爆資料館も行った。すべての展示を見て、すべての説明書きを読んだ。3時間近くもかけて、全部まわった。
そこで、見た、ちいさな折り鶴。被爆で白血病を発病して、亡くなった、佐々木禎子さん(原爆の子の像のモデルさんである)が、生前折ったそう。当事折り紙は高価で、薬包紙などで折ったそうな。鶴はどんどん小さくなり、禎子さんは針を使用して折ったと。たしかに、指先ではあの小さい鶴は折れないだろうなあ。ということで、「私にもできるかな」と。

pinset1-5.jpg
こうすると、くらげが巨大に見えるなあ。下の方眼のマス目を参考にしてください。
pinset1-4.jpg
折るだけは折れたけど、首がこんなんなっちゃった。不満。
ちなみにこれは、お菓子の包み紙(セロファン)。小さく切って折ってみた。

綺麗に折れなかったので、もう一回。

pinset1-6.jpg

今度は最初より綺麗に折れた。しかも、縮んだ(笑)。紙の大きさは適当だったんだけど。
pinset1-7.jpg
折り紙とどっちが折りやすいかな。
とりあえず、針と、ピンセットを使って、このぐらいの大きさが折れた。
pinset1-8.jpg
羽を広げた状態で、1.2cm。たたむと、
pinset1-9.jpg
上から下まで7mmぐらい。

今度は紙を一センチ角に切って折ってみよう。どれぐらいの鶴になるかな。
時間がかかるので、千羽は無理だなあ(笑)。

私は、道具を使うのが苦手。編み針を使って編む、とか、ピンセットを使って形を作る、とか。直接手で編んだりするかごとか、手で成形する粘土のほうが、やりやすい。でも、ミニチュアの世界となると、指先では限界があるので、今後、ピンセットを使いこなせるように、もっともっと、練習しよう。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン







| お道具 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

捨てられない…

cray1-1_20161021173944ca6.jpg
樹とキノコのパーツ乾燥中。
乾いてから彩色

さて。
garigari1-1_201610211740325af.jpg
初めて見た~。『ガリガリくん』のあたり棒。ホントに、当たるんだ。
ちなみに、夫に見せても「初めて見た」と。お友達に聞いても「見たことない」と。そんなに当たらないものなのか。まあ、私も、人生で初めて当たったなあ。しばらく拝んでから、換えてこよう。

あたり棒はだいじにするけれど。
cray1-2_20161021173945f3b.jpg
実を言うと、はずれのアイスの棒も、捨てられない。だってこれ、りっぱな木材だよね?なにかに使えるはず。一応、私の、のこぎり練習用と、あと、なんか什器に使えるかと。
それと、「コーヒーミルク」のいれもの。これも洗ってとってある。この小さい器が、なにか少量まぜる時とか、色をつけるときとか、便利なのだ。でも、うちではコーヒーミルク使うことはほとんどない。このまえ買ったけど、滅多に使わない。で、先月、ドールハウスの先生に聞いてみたら「うちでとっておこうか?」と。で、おととい戴いてきた。先生ありがとう。
で、その時に、先生にこう言った。「なんか最近、こういうのが捨てられなくて。脱・断捨離化してます」と言うと先生も「ミニチュアやってるとね、そうなるんだよね(笑)」と。小さなゼリーの容器も捨てられないし、あと、牛乳パックも。まあ、たくさんたまったら、古いのから、順番に捨てているが。
困ったもんです(笑)。

あ、「発泡スチロール」の塊も。昔、家電の箱に入っていた、塊なんか、さっさとプラスチック回収に出していたんだけど、これが、便利なんだ…粘土の乾燥のときに立てて使ったり、粘土の芯にしたり。最近家電買わないので、手に入らない。買うと高いし…あーあ、昔捨てたものがなんだか惜しくなってきた(笑)。
…はっ、イカン。使わないものはすみやかに捨てるべし!と、決意したんだけどなぁ…まあ、アイスの棒と発泡スチロールと牛乳パックとコーヒーミルクとゼリーの器以外ね(笑)。

ではでは、明日から、フィギュアスケートだなぁ。アメリカ大会。大好きな、浅田真央選手と、宇野昌磨選手が出る。アメリカとの時差で、たぶん、放映前に結果が出てしまう。ので、情報遮断します~。毎度のことだけど(笑)。
くらげの応援団を準備させよう。真央ちゃんを全力で応援するのだ(笑)。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







| お道具 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつもお世話になってます

bondo1-1.jpg
コニシさん…

…お?
bondo1-2.jpg
緑のコニシさんも(笑)。

これ、ラフィラのイベントで、出展作家さんがもってきていた、「多用途」の木工用ボンド。緑のは初めてみたので「これ、前からあった?」と聞いたら「最近出たみたい」とか。このまえ、ホームセンターで、会員割引があったので、買った~。
まだ、使う予定ないけど(笑)。まあ、そのうち、違う素材をくっつけることもあるだろう。

それと、樹脂粘土。今日GETしてきた。なにしろ、大量に要る。普段、粘土教室で使っている粘土は、私にとっては高級な粘土、贅沢な粘土なので、私の練習ごときで使っては勿体無いと←ケチなんで(笑)。今作っているものは、繊細な表現のいらないものだし。あの高級粘土は、細く伸ばすとか、薄く曲げるとか、そういう表現に使いたい。ぼてっとしたものを作っているので(笑)。
粘土、今後もたくさん使うなあ。もっともっと、粘土をうまく使えるようになりたい。

今日は暑かった~。この時期としては。9月の終盤で、半袖なんて、普段の札幌ではまずないことだ。でも、真夏よりは涼しいけど。

1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン








| お道具 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |