くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今度の糸は

毎日、ソチオリンピックで寝不足…フィギュアスケートの個人戦まで少しあいたけど、今日の深夜は、高梨沙羅選手が…沙羅ちゃんの姿だけはぜひ見たい!!
北海道民としては、真央ちゃんよりも、沙羅ちゃんなのかな。(ワタシはちょっとばかり、真央ちゃん派ですが)。
高梨沙羅ちゃん、いつもどおりに跳べば絶対大丈夫!!頑張ってね~。

毎日、浅田真央選手についても書いているが、今日はやや疲れたなぁ。
アルメニアで調整しているそうな…また、練習漬けになってるのかな。とある雑誌で、真央ちゃんが、「練習してないと不安になる」と。真央ちゃんは練習の虫だと聞いている。それは素晴らしいことだと、前は思っていたが…どうやら、度を超しているのかな。それで疲れちゃあ…。
いつも、いつも、不思議なんだけど…私から見れば、浅田真央選手は、あんなにも、才能があって、見た目も素晴らしくて、何もかも恵まれていて、練習好きで真面目で…それなのに、なぜ彼女は、自分が信じられないんだろう。これまで、インタビューでは強気なことを言ったり、宣言していたりしたけど、それはもしかすると、自分を鼓舞しようとして、奮い立たせようとして、言っていたのか…。本当は、不安でいっぱいなのかな。練習していないと。
あんなに、すごいジャンプができて、ステップも、スパイラルも、スピンもなにもかも、素晴らしいんだもの。もっと、自信をもってほしいなあ。敵はライバルではなくて、「不安」なんじゃないのかな。彼女が練習どおりにできれば、誰もかなわない。私はそう思っている。

さて。
日曜日深夜(日付では月曜)の、団体戦にあわせて紡いだ糸。
何色にしようか、羊毛のハコをごそごそやって…目に付いたのは、
yarn21-45.jpg
オレンジ系の色~。
これは、男子フリーに出場した、町田樹くんの「火の鳥」をイメージした。
明るいうちに撮りたいので、昨日撮影しておいた。今日は暗かったし。
yarn21-46.jpg
写真じゃあ、ただのオレンジ色に見えるけど、所々、黄色や、鮮烈な赤をまぜて、燃え立つような色をめざした。
双糸にする糸は、まあ、エンギをかついで、ラメのゴールドにした。
yarn21-47.jpg
蒸したらできあがり~♪

…って。
こうやって、テーマを決めて、次々紡いでいるけど、「その糸どうすんの?」と聞かれたら…予定ナシ(笑)ハハハ。
まあ、紡ぎの修行と思って。いずれ、販売とかもできたらいいなあ。
頑張ろう。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| 紡ぎ | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

双糸相愛?

連日ソチオリンピックの録画と編集に忙しい。なにしろ、浅田真央選手のラストシーズンだというので。最後のシーズンなら、ぜんぶとっておかないわけにはいかないじゃないか。あっ、終わったあとに、引退撤回してくれても全然オッケーだよ(笑)。
なんて、冗談ぽく明るく書いてるが…なんだか…真央ちゃんが、重圧におしつぶされてしまっているのが心配。
もう、最後のシーズンだとか、集大成だとか、そういうの考えるの、やめたほうがいいんじゃないだろうか。いや、そうやって、「最後だから」「集大成だから」と、自分に課して、自分を追い込んでこそ、実力を発揮できるタイプの選手もいるだろう。実際浅田選手もそうやって、これまでやってきて、実力をだしてこられたのかもしれない。でも今回に限っては、団体の女子ショートの様子を見るかぎりでは、「金でなければダメ」みたいな、まわりからの期待と自分の思い込みで、完全に体が縮こまって、動けなくなっているように思えてならない。
確かに自分を追い込むのは必要かもしれないが、それで、追い込みすぎて、本来持っているはずの力を出しきれないなんて、それこそ本末転倒じゃないかな。確かに私も、浅田真央選手には金メダルをとってほしい、彼女こそが一番金にふさわしい、彼女が金メダルをさげているところを見たい、そう思っている。でもそれは、彼女自身が望んだからだ。真央ちゃんが「金メダルをとりたい」って思っているから、それならとってほしい、頑張ってほしいって思うだけ。プレッシャーでつぶれてしまうぐらいならば、メダルのことなんて忘れたほうがいいんじゃないのかな。と、これまで金メダルをめざしてやってきた浅田選手にたいしては、言っちゃいけないことかもしれないが…。緊張しつつも笑顔で滑ってくれ、なんていう方が無理なんだろうか。
私は、浅田選手には、おわったあとに「やりきったー!」と思えるように滑ってほしいだけ。
…なんだか、解説者みたいな書き方になってしまった(笑)。いや、いつもどおりに「真央ちゃん」って書けばいいかもしれないけど…思い入れの強さで、書き込んでしまいそうだから。充分そうなってるけど(笑)。少しひいて、冷静に見ることも必要かな。そう思って「浅田選手」と書いてはいるが…気持ちはいつだって、たったひとつのことしか考えてない。「真央ちゃんが終わったあと笑顔で跳ねてるのが見たい」それだけ、なんです。

ああ、毎日暑苦しいかな(笑)。まあ、しかたない。

で、本題。
イキナリ「誤字?」から始まったようだけど、いや、単なる、ダジャレ(笑)。「相思相愛」にひっかけた。
羊毛を紡いで、一本の糸を作る。一本だと「単糸(たんし)」。それに、強度を増すってことで、もう一本糸をからめてねじって、二本の糸を一本にする。「双糸(そうし)」
私の場合、手紡ぎを習った「ムーランルージュ」さんで、最初に羊毛を紡いでから、双糸のもう一本には、細くて切れない丈夫な糸をからめるようにするようになった。羊毛だけだと、ところどころ、よりが甘いから。
で、「ムーランルージュ」さんには、細くて、綺麗な飾り糸がいっぱいあって、選ぶのも楽しい♪お店でも、ネットでも、ずいぶん買った。最初そういう用途のつもりではなかった糸も、今は双糸に使えるかな?と、毎日あれこれ組み合わせては楽しんでいる。
ムーランルージュさんのブログはコチラ↓

ムーランルージュ ~赤い風車~


yarn21-44.jpg
これは、土曜日の夕方から、実家に羊毛一式(玉巻き機まで!)を持参して、フィギュアスケート団体の女子ショートプログラムまでに、紡いだ糸。余談だが、これに、くらげの応援団(巨大くらげもあわせて総勢10匹)も持参して実家行ったもんだから…夫に「なんだこの大荷物は」と聞かれて「くらげですが」と答えた(笑)。夫は「くらげ」の一言で納得した。つきあい長いので(笑)。さすがに、移動中に他人に見られたらハズカシーので、中身の見えない巨大な袋入りで(笑)。
それはともかく、浅田真央選手の出番なので、楽しみだが落ち着かないので、気持ちを落ち着かせるために、あと応援の意味もこめて、羊毛を紡いだ。その日は、単純に、真央ちゃんの可愛らしさをイメージして、ふわふわの優しいピンク、可愛いピンクを多目にいれて、でもところどころ、まったりなピンクや、ぴりっとした紅色みたいなピンクもいれた。甘いだけじゃない、シャープな部分も入れたかった。
それで、ピンク色のわたあめのような、可愛らしい糸ができた。
真央ちゃんの団体ショートはちょっと残念な結果だったけど、この糸はとても、気に入っている。
これになにをからめようかな~。実はもう決まっていた。
yarn21-48.jpg
白いわたわたのついた「ぽんぽんモール」という糸。可愛い雪玉のイメージで。…でもこれ、「雪虫」みたいだな(笑)。まあいいか。
双糸にしてみる。
yarn21-49.jpg
写真じゃちょっと見えにくいけど、この時点で、じゅーぶん可愛い。
このように、双糸にする時、その羊毛に合った「お相手の糸」を探すことが、今の私の一番の楽しみ。ぴったりハマると「双糸相愛だぁ」なんて思うわけ(笑)。

このピンク糸、帽子にしたいので、大量に紡いだから、まだ、双糸にしきれない。今日一日頑張ろう。
明日は、団体フリーの時の紡いだ糸をお目にかけますね。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン






| 紡ぎ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

願いをこめて

木曜深夜(金曜?)の、ソチ五輪フィギュア団体戦、男子シングル、素晴らしかった!!
もちろん、リアルタイムで見た。今夜も…そのつもり。

yarn21-26.jpg
これは、その時に、紡いだ糸。
明るいので、綺麗に撮れたと思う。いつも、こういう明るさの中で撮りたいな~。
両端の紫のは違うんだけど、よりどめに蒸すために、一緒に巻いた。
中央のピンクの段染めが、スケートを見ながら紡いだもの。

この木枠(糸巻き)は、木曜に、「ムーランルージュ」さんで購入した。
そのときに、織りと紡ぎのお師匠のエリー先生から「菜々さん、本当に紡ぐの上達したよね」と、しみじみ誉めてもらった。嬉しかった♪先生に誉められるのほど、嬉しいことはない。
お店にお邪魔しながら、この、「ぽこぽこヤーン」を生かす織り方をしたいと、次回の課題についてお願いして、ムーランさんで羊毛を仕入れて「じゃあ、これ、3月の織音座までに紡ぎます」と、言ったら、先生が「じゃあ、それ、ぐりんぐりんに巻いてきて」といわれたので「はい、ぎゅりんぎゅりんに巻きます」と(笑)。この師弟の会話は、はたできいてるとなんのこっちゃかもしれないが、これで通じるのだった(笑)。

で、夜中、団体戦の開幕。
編み物が手につかなくて。羽生くんは最後の滑走だから、時間はある。でも、落ち着かない。そんな時に、「そうだ羊毛を」と、出してきて、紡いだら、気持ちは落ち着くし、なんだか、そのおかげかどうかわからないが、落ち着いて見られた。だってねえ…くだらん話かもしれないが。数日前に「プーさん持込禁止で、羽生選手のメンタルへの影響は」なんてテレビで見た。つい笑ってしまったが、いや笑い事じゃないのかも。あのプーさん(のティッシュカバー)は、毎回必ず、羽生くんが滑る前に、オーさーコーチがフェンスのとこで持っている。お誕生日のときかな?羽生くんがプーさんだらけの部屋にいる映像も見た。プーさんのカバーが有名だからか、プーさんばっかり増えるようだ。となると…プーさん不在でどうなるか(笑)。笑っちゃいけないのだが…。「プーさんぐらい、持ち込んだっていいじゃないか~」と私は言ったが、なんか、肖像権だかの問題らしい。はあ。面倒だな。
だから、いつも一緒のプーさんもいないし、初めての五輪…かたくなってないか、心配だった。
でも、そんなことなかった。そこにいたのは、頼もしく、堂々と滑る、日本の若きエースの姿だった。
本人は緊張したんだそうだが、いや、それがいいほうに働いたのかな。とにかく、よかった!!

以来、なんとなく「観戦で、糸を紡ぐの、いいかも~」と。
なんだか心が穏やかになるし、精神集中っぽいし、それでいて、願掛けにも効きそう。
今夜は、浅田真央選手が、落ち着いて、自分でできる満足のいく演技ができますように、それだけ祈って、紡ごう。
頑張って、大好きな真央ちゃん!!くらげも応援してるからね~。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン





| 紡ぎ | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

糸の活かし方

今日も、野暮用ばっかりで、糸つむぎができそうもないので。
明るい昼間に写真だけ…
yarn21-22.jpg
今日は明るくて嬉しいなぁ。普段、撮りたくなっても、冬は暗いことが多くて。
数日前に紡いだオレンジのグラデーションの糸。全部メリノなので手触りも抜群。
計ってみたら、それでも、60グラムぐらいにしかならない。うーむ、身につけるものを作りたいので、まだまだ足りないなあ。もっと紡ご♪時間があれば…。

しかし…
この手紡ぎ糸、こうやって、玉に巻いてる姿はとっても可愛いのだが…
yarn21-23.jpg
ところどころ、ねじねじで、巻貝とか、ツイストドーナツみたいで(笑)。
だけど…これは糸なので。さあ、使うかとなると…ちょっと悲しいことになる。
編んだり織ったりしたら、この、ねじねじが、つぶれてしまう。
yarn21-11.jpg
写真は再掲です。
手紡ぎ糸を横糸に使った、マフラー。
たて糸にはさまれて、せっかくの、ぽこぽこくるくるが…ぺったんこに。
それでもまあ、太さがばらついているので、なんとなーく、ぽこぽこの片鱗は見えるような気はするけど…できれば、ねじねじのままで、使えないかなぁ。まあこのマフラー、これはこれで気に入っている。黒地に鮮やかな羊毛が映えて、織りのお師匠さまに「影絵の人のみたい」と言って戴いた。藤城清治さんかな?私も大好き。

編んでも同じようなことになっちゃうんだよねぇ。

yarn21-24.jpg
↑クリックで大きく御覧ください。

やっぱり、このままが一番可愛い。しめなわみたいで(笑)。
でも、あくまで『糸』なんだから…使ってこそ、だと思うし。
この可愛さをそのままで使えないかな~。

さて、もうちょっと紡ぐかな~。
1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン




| 紡ぎ | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一期一会の糸たち

金曜日に、街まで出て、まとまった量の羊毛を仕入れてきた。
そこで、大好きなオレンジ色で…
yarn21-9.jpg
たくさん紡いだ~♪
これで○○○を編む←まだナイショ。

で、このオレンジ系の羊毛だけど。
羊毛のみ一本の時に、どの糸をあわせて双糸にするか、考えて、段染めの細~い糸にした。
yarn21-13.jpg
奥のがその糸。
ムーランルージュ」さんのネットショップで見つけた「ローズガーデン」という糸だった。
この糸、購入した時は、特に用途は考えていなかった。では何を考えていたのかというと「引き揃えの添え糸にいいかも」ということだった。自分でも引き揃えて糸を作っていたし。使いやすそう、と思った。色々な色が入っているので、どんなところにも馴染みそう。引きそろえにも使ったけど、まだ余っていた。
スッゴく細い糸なので、大丈夫かなあと思って、少しとって引っ張ってみたら、かなり丈夫で、ひっぱったぐらいでは切れなかった。これなら、双糸の糸にいいかも。
で、くるくるねじねじと、やってみたら、思った通り、オレンジ系の羊毛にも馴染んだ。やった♪

このローズガーデン、もうないかなあ。もっと欲しいなあ。

ちなみに、他にも、
yarn21-15.jpg
これはピンクのノットラメ。所々にラメ色のノットが入っていて可愛い。
これをミントグリーン系の羊毛と合わせたら、
yarn21-16.jpg
可愛い♪

このピンクのラメも欲しいなあ。

それに、マフラーの地の色である、黒のラムウールも。
yarn21-10.jpg
買ったままの姿で失礼(笑)。今見たら、「ラムウール73パーセント、カシミア27パーセント」だったらしい。
これもメッチャいい糸で、編んでもよさそう♪これもまだあるならぜひ!!

で、先週金曜、あの虹色マフラーをして、チカホの「ムーランルージュ」さんのブースへ。ジャンヌさんがお一人でお店番をしていた。ジャンヌさんに聞けば、お店の糸の在庫はたいていわかる。それで、「ローズガーデンある~?」と聞いたら「もうないんです」…だろうなあ。遅すぎたなあ、気付くのが。「これ、双糸にする時にすっごくいいので、まだあるならもっとほしかった」と言ったら「菜々さん、最後買い占めたのにね」と(笑)。よっぽど、買占めの印象があるんだなぁ。
私の、糸の買い方にも問題あるんだろうな。私はたいてい、ネットショップでも、「処分糸」とされている糸を中心に購入している。理由はカンタン、安くなってるから(笑)。で、処分で出ているゆえに、残りもほとんどない。なので、そういう場合は、在庫があれば、必ず二本ぐらいは注文するのだが。
だから、それで購入してから、使ってみたら、いい糸で「もっと欲しい!」と思ったところで、手遅れの場合が多い(笑)。
「ピンクのノットラメは?」と聞いても「もうないです」そうだろうなぁ。
「黒のラムウールは?」「それももうないです」…………そうだろうなぁ。

ラムウールを諦めきれない私は、「今後、またあのラムウール(27パーセントカシミア)の糸が、入ってくることが、あるでしょうか?」と聞くと「黒以外でも?」と。「え?そういうことがあるんですか?」と聞いたら「ある場合もあります」と。わ~。もしそうなったら、黒以外でも、あの肌ざわりなら欲しくなりそう。というわけで、ラムウールがもし入荷したら御連絡くださいとお願いした(笑)。だってあんなに気持ちいいんだもん。

そんな感じで、あの場では買わずに(すいません…)糸の在庫を聞いて、お話して、翌日お店にお邪魔した。お店の方にはオパオパ先生がいて、マフラーを披露したあと、双糸用の糸を探した。
yarn21-20.jpg
手前は、お店オリジナル染めの、段染めフラッグモール。奥は、ピンクオレンジのノット。羊毛と相性良さそう♪


ラメ糸もほしくなって、
yarn21-17.jpg
ベージュと、グリーンの、ノットラメ。ムーランルージュさんのとしては、高めの糸なので、20グラムずつ。
そしたら、先生が、「これも使う?」と。
yarn21-21.jpg
ちいさめポンポンのついたポンポンモールをオマケしてくれた~♪ありがとうございます!これは、ピンク系とあわせてみようかなあ~。ポンポンモールも、羊毛とあわせたら、映えるだろうな。

手紡ぎが楽しくて、やめられなくなってしまった(笑)。
前は、紡いでも、使うあてがなかったけど、今は、どう使うかを考えるのすら楽しい。もっと紡ぎたい♪

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン





| 紡ぎ | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |