くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

2005年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年02月

≫ EDIT

雑貨が届いた(^^)

毎日イベントのための作品づくりで、かわりばえのしない毎日ですが。
今日、ずいぶん前に申し込んでいた雑貨が届きました。
人気のネットショップでいろいろ注文したのですが、欠品中のものがあったので、入荷待ちだったのです。
煮柳のトレイとか、ガラスのキャンドルホルダー、カフェオレボウルなど…。

キャンドルは昔から大好き。出先で可愛いキャンドルに会うと、つい買ってしまいます。
可愛いものだから、使えないんです。我が家には、「火をつけられないロウソク」というのが多数あります(笑)。
一番のお気に入りは、富良野プリンスホテルにある「ニングルテラス」の「森のろうそく屋」で買った、木の切り株のキャンドル。これは可愛くて、可愛くて、火なんかつけられません(きっぱり!)。
今回は、ネットショップで買ったのは、はちみつの香りのするキャンドルと、綺麗なガラスのホルダー。中にキャンドルを入れて火をともすと、ガラスの溝の形に明かりが広がり、とてもロマンチックなのです。
ああ、だけど、そういうものをゆったり楽しむ余裕がない…。作品作りが終わってからだな~。

リネンのクロスも購入。何枚あっても欲しい(^^)。
それから、カフェオレボウル。驚いたのは、日本のボウルよりもかなりでっかい。これでラーメンが食べられそう…。
夫に見せても「ラーメンどんぶりか?」と聞かれた…(^^;。
毎日せっせと編み物ばかりの日々なので、買い物にも出られなかったから、これはかなり気持ちが潤いました。
しかし、貧乏になった…イベントであみぐるみ買うお金あるかしら…。

スポンサーサイト

| 雑貨 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

書類づくり

「北の手づくりフェスティバル」の準備。
作品づくりも大急ぎでやっていますが、どうも、数量的には少なくなりそうです…。
まあ、今回は、お勉強のつもりということで…。

ところで、書類の作成。
提出用の書類と、管理タグ、ブランドタグ作り。
夫の協力によって、どうにか形になりそうです。どうもありがとうございました、旦那様(ぺこり)。

新作も出す予定。何にしたかはまだナイショです。
くらげちゃんの変形バージョンです。
さて、あとはとにかく、作品作品!!頑張ろう。

| あみぐるみ | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キルトが呼んでる…

イベント準備でおおわらわで、他のことをしている余裕なんてないのですが…。
昨日、テレビで、「東京国際キルトフェスティバル」の映像が。
私は、手だけは座布団を編むために動かし、頭では新作くらげの形や編み図を考え、目はテレビのキルトの映像を見る、というような芸当をやっていました。
おかげでなんとか座布団は完成。これは急いでいたので、とりあえず安心した。
けれど、イベントの作品づくりに没頭しながら、頭では「キルトもやりた~い」と叫んでいます。
しばらく針(キルトの)は持っていません。ああ、縫いたい…。

今年は、六角形のキルトを作りたい。
去年、おしゃれ工房フェスティバルで、こうの早苗先生に習った、ペーパーライナーの手法で、ヘクサゴンを縫ってみたい。これまでペーパーライナーはやったことないけど、先生に親切に教えて戴いたら「これは楽しそう」と思って。
ぐし縫いするより巻きかがりの方が形もくずれないみたいだし、角もきちんと出るし。
イベントまで、キルトは封印…と心に決めているのだけど。

どうも最近、キルトに呼ばれている気がする。
三日前には、キャシー中島さんの新刊を買った。これがまた素敵な本で、すばらしいキルトがいっぱい…。
こんなの見ちゃうと、やりたくなっちゃうじゃないか。
しかも明日も、キルトフェスティバルの中継がある。録画だけして、イベント終了まで封印すべきか。
あああ、縫いたい…。

| パッチワークキルト | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あみあみあみあみ…

昨日から、あみあみマシンと化した私。
イベント用の猫ストラップのパーツが出来て、少し休憩のつもりで、座布団編んでます。
ダイニングの椅子が、冬の間冷たいので、「何かざぶとん作って」と夫からのリクエスト。
最初私は、四角いスポンジみたいなのをいれた、学童クッションのようなのを考えると、夫が「ただ毛糸で四角く編んだものを敷くだけでも違うと思うけど」そっかー。それは考えつかなかった。
ので、モチーフの本を参考に、大急ぎであみあみ。
実はおとといのあみぐるみ教室にも持っていきまして。お教室のあと、30分くらいお喋りタイムなんですが、その時に手を動かそうと思いまして。スーパーの袋にいれて鞄に突っ込んでおいたら、はな先生が「あー、モチーフ編んでる~」さすがに目ざとい(^^;。編み物のこととなると。
私のは赤と白、夫のは紺と白。まあ無難な色あわせですが。
どんな感じになるか、とりあえず私のを先に作って、夫が気に入らなければ編み直そう、と。
で、できたのを見せると「いいじゃん」と。気に入ったらしい。
けっこう大きなものなので、イベントじたくと並行していては、いつできるかわかんないので、とりあえず私の赤いのを敷いてもらうことに。

イベントに、くらげちゃんのストラップと、猫ストラップを作ったけど、おとといはな先生に聞いたお話で、青ざめてしまった。
「先生は、イベントの時って、どのくらい作品出すの?」
「どんなにたくさん用意しても、最終日にはスカスカになるからねえ、100体くらい用意したこともあったよ」
げっ、100体!!そんな~。くらげと猫であわせて16個…このままでは、数的にもあきらかに淋しい。
ので、新作を急いで考え中なんですが…こんな、ドロナワでは、うまくいくわけがない。
あああ、やっぱり、イベントに参加するのは早すぎたか…。もっと、自分のオリジナルを増やしてからにすればよかったか。ずずーんと落ち込んでると先生が「そんなに肩に力入れなくていいんだよ。一回参加するだけでも、いろんなことがわかるんだから、勉強のつもりで」と言ってくれたけど…。
まあ、くらげちゃんがそんなにお嫁に行くとは思えないし…とりあえず、今できることをやろう…。

そんなこんなで、新作を考えながら、手だけは夫の座布団(というより敷物)を編んでます。
何もしてないと不安になるというのもあるけど、まったく関係のないものを編んでて、いきなりアイデアがひらめくこともあるし。それから、息抜きのつもり。
しかし…イベント参加であみあみして、息抜きにもあみあみ…なんだか(^^;。

| あみぐるみ | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エンジン全開

遅ればせながら、やっと、イベント準備にエンジンがかかりました。
昨日先生たちと話していて、「本気にならなきゃ」と思いまして。
やっと、来たか。この感じが。言葉にすると「うおおお~、やるぞー!!」(品がないけど…)。

そもそも私は、せっかちのくせして、動き出すのが遅い。
追い込まれないと、本気にならないタイプ。
イベントまで2週間をきったのだから、追い込まれたといえば追い込まれたでしょう。
この状態になった私は、「やめろ」と言われても止まらない。
さて、あと13日。どこまでやれるか…。

| あみぐるみ | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あみぐるみサークル

今日はあみぐるみ教室の日。
いつも通り、先生とメンバーで集まり、あーだこーだとお話しながら楽しくアミアミ。
こんなことしてると、時間なんてあっという間。

で、この前から、話し合っていたこと。
この教室を「あみぐるみサークル」として、新しく始めることになりました。
これまでは先生がお一人で運営をなさっていたけれど、これからは私が事務関係をお手伝いすることに。
私でいいのかな~。ちょっと心配…。

なので、今度から、こちらで募集することにしました。
今募集要項を練っている最中。もう少しお待ちを。(ごめんなさい!!)
これを見て「参加したい」と思われた方は、プロフィールに載っている私のサイトにアクセスして、メールにてお尋ね下さい。詳しいことをお返事いたします。

ちょっとご紹介しますと、あみぐるみを作るのが好きなメンバーが集まり、とにかく、編み物の他にもいろんな話題で盛り上がりながら、楽しく活動しています。講師もおりますので、わからないところはちゃんと学べます。
これから始めたいという方も、ぜひどうぞ。

早く、募集要項作らなきゃ…(汗)。

| あみぐるみ | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅酒のその後

去年6月に梅酒を2本漬けた。1本は氷砂糖、もう1本ははちみつで。
スタンダードに、35度の焼酎。青梅使用。梅と砂糖の比率1:1という、超甘バージョンだ。
氷砂糖の方は毎年のように漬けている。飲むより漬ける方が好きかもしれない。
市販のはちみつ梅酒がわりと気に入ったので、はちみつの方に期待していた。
ところが、何か月あたりからか、はちみつで漬けた方が濁りだした。原因はわからない。
まさか、果肉が腐ったのか…。匂いはなんともなさそうだけど、これを試飲してみる勇気が出なかった。
そして、そのまま放置すること、数ヶ月。

昨日、私の掲示板に、なつかしい方がお見えになった。その方はお料理にもお詳しく、前に梅酒のことでお話させて戴いたこともあり、質問してみた。「はちみつで漬けた梅酒が濁ってしまったんですけど…」するとその方のお返事は「なめてみたら?」でした…。はちみつだとやっぱり濁るみたいで。
そこで、さっき、味見。
中身の濁った大瓶を取り出し、冷酒グラスへ、ちょびっとだけ注ぐ。
(どきどきどきどき…)
ヘンな匂いはしないから、まさか食中毒にはならないとは思うけど…おそるおそる、口をつける。まさしく、なめるような動作で、試飲すると…なんだ、ただの梅酒だ。
腐っているのではないらしい。安心。一瓶そっくり駄目になったかと思ったから。
ただ、さすがに漬けて半年の若い梅酒、まだ青い。ちょっといがらっぽい感じ。もっと寝かさないと。

濁り対策としては、以前に漬けたあんず酒が濁った時、果肉を取り出して、コーヒーのペーパーフィルターでこしてみたことがあった。そのあんず酒は、透明になった。今もそのままである。
だから、この濁りはちみつ梅酒も、果肉を出す時、こせばいいかなあ、と思っている。

ところで、氷砂糖の方はなんともない。
そちらの果肉は表面が少ししわになってきてるけど、まだまだエキスは出そう。
梅酒の本なんかには「半年ぐらいで果肉を取り出す」なんて書いてあるけど、私は平気で何年もいれたまま。
だって、まだ梅がまんまる状態だと、出せない気がして…。
ここ数年、減糖で漬けるから、何年もいれっぱなしなのにまだ果肉がまんまるのまま、というのがほとんど。
糖分が低くて、エキスが抽出できてないんでしょうか。
これって、いつ出すのがいいんでしょうかね~。何本漬けても、見当がわからない。
みなさんは、何か月くらいで出しておられますか?ぜひお伺いしたいです。


| お料理 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジカメはたのし

nanakamadojyuhyou

右の写真は、今年の正月に、富良野の空知川の近くで撮ったものです。
抜けるような青空に、白く凍りついた木々がとても映えて、寒さも忘れて撮ったもの。ちなみにこの時、外はマイナス20度でした…。

数年前から、デジカメで植物や風景などを撮るのが楽しくなった。気軽に撮れて、失敗してもすぐ削除できるのがいい。しかし、私のデジカメの液晶画面が小さいので、その場で確認するとよく見えても、パソコンに画像を取り込んで、大きくした写真を見てみると「なんだか暗い…」となることもあり、操作そのものは簡単でも、満足のいく写真を撮る難しさを知った。写真は奥深いのである。
昔カメラをやっていた夫に、綺麗にとるコツとかをいろいろ教わっている。最近では、あみぐるみ写真や、風景写真でも、私が気ままにとったものを見せると「ふ~ん」と、感心したように言うので、少しは上達したと思う。

同じように、デジカメで写真をとるのを趣味にしている私の両親が、この樹氷の写真をとても気に入って、絵葉書にしてくれた。それを見せてもらった。絵葉書になってみると、わが写真もなかなかに見えるから不思議。
ちなみに、私の母は、私よりも前から、デジカメにはまっている。操作に慣れると、綺麗な花だけでなく、道端の名もない雑草など「えっ?そんなものまで撮るの?」と首をかしげるようなものまで、嬉々として撮っていた。
母は適当に撮っているだけなのだが(失礼)、そうやって撮りためた写真をアルバムに収めたものを見せてもらうと、中には「おお!」と言いたくなるような、いい構図の写真も撮るようになってきた。

母の写真の中で私が一番好きなのが、左のナナカマドの写真である。
ナナカマドはよく見かけるなじみの樹木だけど、冬の赤い実の美しいこと。できれば、ほどよく雪をかぶったナナカマドをとりたいのだけど、なかなか「これだ!」というのが見当たらない。どっさりと積もったものばかりで。
母も、そういう「究極のナナカマド」写真をとりたいらしい。さて、母と私と、どちらが先に見つけるか…。



| 趣味 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪 雪 雪!

おとといも雪、昨日も雪。今日も雪。
冬休みだったら、さぞかし日記のお天気の記述が楽だったことだろう。
昨日は特に大雪だった。北海道生まれ、雪好きの私でもさすがに食傷するぐらい、雪ぜめである。
今日は昨日ほど降ってないけど、それでも降ったりやんだり。
除雪車は大忙し。

この時期は、飲み物のたぐいは外で冷やす。飲めば頭が痛くなるほど、キンキンに冷える。へたすると凍るけど。
今朝もパン食べながら、外に置いておいた缶コーヒーを飲んだ。上の方が少しシャーベット状だった。
この時期は本当に冷蔵庫いらず。
一昨年のことを思い出した。一昨年の夏、冷蔵庫が壊れた。10年以上経過していたから、仕方ないけど。
気がついたら冷えなくなっていた。冷蔵庫の麦茶がぬるいなと思ったら…。
冷蔵庫はもちろん、冷凍してストックしてあった食材はすべてパア。その中で、大丈夫そうなものを大急ぎで片付けた。新しい冷蔵庫が来るまで、うちの飲み物はすべてぬるく、その日の晩食べるものを毎日買わねばならなかった。
壊れたのがせめて冬だったら、外で冷やせたものを。大量に作って保存しておいたコロッケだのハンバーグだのは、すべて生ゴミ…うらめしい。
冬、外でものを冷やすたび、このことを思い出す。今度壊れる時は冬であってほしい。

| きょうのできごと | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページ作ってから

昨日で、ホームページを作って2か月たちました。
いまだにパソコンはわからないことが多いし、この日記に変えてからも日が浅いので、まだまだ努力しなければ。
訪れて下さる方もいらっしゃるようですし。とてもありがたいことです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ところでホームページの方の、旧日記だけど。
この前、読み返して、笑ってしまった。最初の方の文章の、カタかったこと(笑)。
当時はなにもわからず、ひたすら毎日「あれはどうやるんだろう」と、そんなことばっかり。
作品ページの更新が、そんなに頻繁にできないので、せめて日記だけでも、と、毎日のように書いた。
なるべくその日あったことを書く。(そうでない日もけっこうあったけど)。
今読むと赤面するところもある。画面を通して、はじめの頃の私の、オタオタぶりが見える気がして。
日記には、その日あったことや感じたことを書くようにしている。最初の頃は、関心事はひたすらHPの運営関係ばかりだった。たかが名刺を作っただけで嬉しがったり、バナーができたと喜んでいることが、綴られていた。今考えると、そんなことで喜んでたのか、と思う。読み返すと恥ずかしいけれども、最初の頃の新鮮な気持ちがよみがえるような気がして、「書いておいて、よかった」と思った。
ので、しばらく、あの日記も、自分のために残しておこうと思います。
これからも、日記も、作品づくりも、頑張っていこうと思います。

| きょうのできごと | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ニャッキ!」

教育テレビのアニメ「ニャッキ!」が好きだ。
去年、映画「サンダーバード6号」の直後にやっているのを偶然見るまで、そんなアニメがあることすら知らなかった。
何しろこのアニメ、子供向け番組の時間帯に放送しているので、そういうのを見ない私がまったく知らなかったのも無理はない。
初めて見た時はなんなのかわからず、でも妙にひきつけられて、おしまいまで見た。そして終わってから、一緒に見ていた夫に「今のは何?」と聞くと「何だろう」と。彼も子供番組を見ないから知らないらしい。

調べると、数年前から放送しているらしい。隔月放送で、しかも1回の放送時間5分!
初めて見た時は「イモムシ」というのでちょっと「げっ」と思ったけど(私は虫が苦手)見ているうちにこのイモムシが可愛らしくなり、次はどうするのか、どうなるのか、つい見入ってしまった。
夫婦ふたりではまってしまい、その後、放送月にはかかさずビデオにとり、5巻でているDVDも一枚だけ買った。
どうしてこんなに好きかわかんないけど…。
まず色が好きだ。ミントグリーン。私のHPの内装はこの色だし。
それから、粘土という素材がいかにもイモムシらしくていいんだと思う。イモムシのやわらかさ、質感(!?)を表現するには、ぴったり。よく考えたものだと感心した。時にニャッキの本体に、指紋がついてたりして笑える。

お話自体はシュールで、たった5分の中に、たいてい一度は、生命の危機ともいえるような状況が出てきたりする。たまに人間も出てくるが、たいてい悪役だ。イモムシから見たら、人間もこんなもんかもしれないけど。
見ていると、ハラハラどきどきで、ニャッキと一緒に「きゃー」と悲鳴をあげたり。
そういうお話なのに、この作品の中には、どこか癒しの空気が感じられる。
それで、話の筋がわかっていても、何回も見てしまうのだ。

煮詰まったり、心がささくれている時には、「ニャッキ!」だ。
昨日、どうにもこうにも行き詰って、憂鬱になって、この前、夫が買ってきたDVDを見てみた。違う世界に逃避したかったのかもしれない。
ところがそのDVDというのが、キューブリックの「時計じかけのオレンジ」だったので…余計に、憂鬱になってしまった。確かに面白かったし、だから最後まで見た。違う世界には行けたけど…疲れてしまった。
これは、面白い映画ではあるけれど、めげてる時にはむかないな。とにかく、選択を誤ったのは確か。
こういう時は、やっぱり、「ニャッキ!」でしょう。なんで昨夜思いつかなかったのか。
これから見よう。


| 映画・テレビ | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イベントの準備

2月のイベントのためのあみぐるみを作成してますが、くらげちゃん以外のものが進まない。
何かいいものはないかと、編みながらいろいろ考えるんですが…どうにもこうにも、煮詰まってきて。
こういう時は、気分転換が必要というか…逃避モードに入ってしまいそう。
ものを作るって、ほんと、難しい…。作りたいという熱意はあるんだけど、思い通りの形になるまで、試行錯誤しなければならない。あっさりとできる時もあるけれど、不思議なことに、そういうのってあまり愛着がわかない。
やっぱり、苦労した方が、お気に入りができやすいのかな~。
というわけで、しばらく、煮詰まり続けなければならないようです。

| あみぐるみ | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震

昨日、11時過ぎに地震があった。私の住む札幌は、震度いくつだったか忘れた。それほど強い揺れではなかったけど、ずいぶん長く感じたので、これはどこかで大きな地震があったのかと思って、テレビの速報を見たら、釧路管内厚岸町で震度5強だったそうだ。
私は震度4以上を経験したことがないけれど。震度4も、2回ほど。あのときは本当に怖かった。
今でも、少しでも揺れたら「もっと強く揺れるんじゃないだろうか」と、不安になる。

それにしても、最近本当に地震が多いと思う。新聞でも「地震」の文字を見ない日はないに近いし。
揺れてる時に、冷静になろうとしても、ああいう時って本当、何もできない。揺れがおさまるまでかたまったまま。地面が揺れたら、どうすることもできない。
せめて、何か備えておかなくては、と地震のたびに思うんだけど…。

ところで飲みに出ていた夫に、地震の直後にメールしたら「へ?揺れた?」と。酔っ払いはこれだから(^^;。

| きょうのできごと | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古事記を読む

昨夜、仕事から帰った夫が、鞄から何か出して「ほれ」と私によこした。
文庫本だった。ブックカバーをはずすと「新版 古事記物語」とある。ああ、なるほど。

去年の4月に、姉に誘われて宝塚を見に行った。その時の演目が、雪組の「詩劇 スサノオ-創国の魁-」だった。もちろん一回しか見ていないけれども、初めて見る宝塚はとにかく豪華絢爛だった。もう一度みたいと思った。
そしたら、1月2日に、テレビで放送したので、ビデオにとって繰り返し見た。

居間で見てたら、夫も居間にいた。彼はあまり宝塚に興味がなさそうだったけど、居間にいる以上、強制的に見せられることになる。テーマがスサノオだったこともあり、彼も見ていたのだが、その時に「これって本当はスサノオが○○して××になって」とか何とか、場面がかわるたびに解説を加える。私が「よく知ってるね」と言うと「おまえ、古事記読んでないの?」と聞かれた。「読んでない(きっぱり)」と答えると、彼は私のことを、信じられないものを見るような目で見た。いや本当、はずかしながら、古事記は読んだことないので、スサノオのヤマタノオロチ退治云々のくだりはさっぱりわからないのだった。まあ、出てくる言葉「スサノオ」とか「アマテラスオオミカミ」ぐらいは聞いたことがあるけど、それがどういう人(神)で、どんな役割なのかはさっぱりわかんない。
夫は昔家にあった「少年少女文学全集」みたいなのを読んで、その中に古事記も入っていたそうで、いろいろと「ここは物語ではこうでああで」といろいろ教えてくれたけど、ほとんど忘れてしまった。申し訳ない。

そしたら、昨日、本を買ってきてくれた、というわけ。

それで古事記を読んでる最中なのだけど…。
ところどころ、断片的に知ってるエピソードもあって「ああ、いなばの白うさぎって、古事記だったのか」なんていいながら読んでます。自分って本当に、本を読んでないんだな、としみじみ思った。
それは今からでも遅くはないと思うけど…しかし、読む時期が悪いかなあ。
というのは…もはやすでに、頭のカタイ大人になってしまった私が読むには、ちょっと…。
女神を切り殺したら農作物になったとか、櫛の歯がたけのこになるとか、突拍子がなくてついていけない部分も。
「これは童話だ、おとぎ話だ」と自分に言い聞かせて読んでいるんですが…ところどころ「何故こうなる?」と頭を抱えることもしばしば。やっぱり、頭のやわらかいうちに読んでおくべきお話だったか。
というわけで、古事記はなかなかすすみません。
ここ最近、忙しくて煮詰まっているので、気分転換に読もうと思います。

| 本・漫画 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肉まんとメロンパン

今はあみぐるみイベント参加のため、他のことをやる余裕がないのですが。
今年、ぜひやってみたいのが、パン作り。
去年、テレビでやってた「フライパンで作る世界のパン」という番組があって、そのやり方で肉まんを作ってみたのだけど、これが面白かった。
まず、パン作りのための道具。生地を休ませるためのキャンバス地が必要ということで。まあこれは、キャンバス地でなくても、厚地の布やふきんなどでも代用ができるらしいけど、モノから入りたがる私、帆布はないかと探してみた。
家にあるのは、帆布のかばんだけ。まさかこの中でパン生地を寝かせるわけにもいかないので、これは却下。
東急ハンズで道具を見てみると、キャンバス地でできてる「パンマット」なる道具があったけど、お値段を見ると「自分で帆布買って端をミシンで縫えばその方が安上がりだな」と思い、それは買わず。生地を分割する時に便利そうな、プラスチック製のカードだけ購入した。
自分でマットを作って、肉まんにチャレンジしてみた。レシピ通りに作ったら、肉のあんが甘めだったけど、生地はそこそこうまくいったと思う。何より、こねた生地を分割して、キャンバス地の中で休ませて、生地がふくらんでいたのを見て嬉しかったこと!!これはくせになりそうだと思った。
以来作ってないけど、時間に余裕があったらまた作りた~い。

それと同じくらい自分で作りたいのが、メロンパン。
たいていのパン屋さんに必ずといっていいほどある、ポピュラーなパンだけど、お店によって全然味が違う。
去年、旅行先で、おいしいメロンパンに出会って以来、札幌でも、パン屋を見かけるたびに、メロンパンを買っては食べているんですが、「これだ!!」というのには、まだめぐりあっていません。
自分で作るとなると、メロンパンって大変そう。パン生地の他に、かぶせるビスケット生地もつくらないといけないし。
もっとシンプルなパンを作れるようになってから、ぜひ作ってみたいです。

| お料理 | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログにしてみました

日記をほぼ毎日更新しているので、ブログにしてみようかと思いました。
これまでの日記も、移し変えようと思っています。
まだいろいろわからないことだらけですが、そのうち慣れると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

…と、これまでの日記を移し変えられると思ってたけど、昔の日付にもどるわけにはいかないのかな?
とりあえず、昔の日記はこれまで通り、読めるようにして残しておくことにしました。
出だしからこんな調子です。早く慣れなければ…。

| きょうのできごと | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年02月