くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

たまには珈琲

ここしばらく、風邪だのインフルエンザだの、多忙だので、遠出できなかった。
昨日、お天気もいいし、たまには外で珈琲を…ということで。

石狩市の「徳光珈琲」さんにお邪魔する。
coffee14-1.jpg
これは夫が最初に頼んだ「チョコ深ブレンド」。

coffee14-2.jpg
こちらは私の一杯目、「エチオピア」。

写真にすると、違いがわからない(笑)。
夫の方のブレンドは、たしかに、チョコみたいに甘くて香ばしいような味でした。
私の頼んだエチオピアは、最初「?」と思いました。飲んだことのない味。苦味と酸味が共存している。メニューに「果実のような酸味」みたいに書いてあった。たまに私が、焙煎をしくじって、煎りがたりなくてすっぱいのを飲むことになるんだけど(笑)そういう酸味じゃない。もともとの酸味なんだろうか。煎りが浅いのか、それとももともとこういう豆なのか。すっぱいのは苦手なんだけど、この酸味は、嫌いじゃない。
それで一杯目を飲んで「二杯目頼む?」と。
夫は「すいません、インドネシアください」と。メニュー覚えてるのか(笑)。
私は、どれがよかったんだか忘れたので「すいません、メニューもっかい見せてください」と。それで、見てから、「こく深ブレンド」をお願いした。

coffee14-3.jpg
これが「こく深ブレンド」しかし、一杯目と同じに見える(笑)。味はもちろん違うけど。夫が一杯目に頼んだ「チョコ深」よりもビターでした。酸味は強くない。飲みやすい。
coffee14-4.jpg
夫の二杯目「インドネシア」。マンデリン、らしい。
二人とも、ミルクも砂糖もいれず、ブラックでたて続けに二杯飲んだ。そういえばケーキも頼まなかったなあ(笑)。忘れてた。
いつも家の珈琲ばかり飲んでいるので、たまに外に出てみないと。家の焙煎がどんな具合かわからないし。
あ、それでわかったんだけど、うちは、珈琲豆の使用量が、少ないらしい。メジャーがすごく小さいということがわかった。なるほど、外で飲むと、みんな濃いなと思っていたのだが、うちが薄いんだ(笑)。そういえば、大阪でも、ストロングな珈琲が多かった。大阪は濃いめらしいけど。さすがに、大阪では、少し砂糖いれて飲んだなあ。
味は好みなんだけど…今日飲んだ4杯の中では、私は一番「チョコ深」が好みでした。あとで聞いたら夫もそうだった。
次回は、カプチーノ飲みたいなあ。


お店の方に許可を戴いて、外から。
coffee14-7.jpg
住宅街の中にある珈琲屋さんです。
テーブルがみっつあります。豆だけ買いに来ることもできます。
道具も販売されてます。コーノの、色つきのドリッパー可愛かったなあ。うちで使ってるのは透明ので…赤か茶色が欲しいなあと思ったけど、うちに、小さいサイズと大きいサイズ1個ずつあるから…諦めた。

くらげもいい気分転換になったでしょ~。
家でずっとくすぶっていたので。どこにもつれてってないもんね。
今度は温泉行きたいなあ(笑)。

では、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| くらげちゃんが行く♪ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

糸とランチと…

今日は、ムーランルージュさんのセールに行く。
昨日ムーランさんのブログで、急にセールのお知らせがあったもんで。
今週やっと、声が出るようになったし、咳はでなくなったし。これで人前に出られる(笑)。
幸い今週ずっと暖かい…だから今日も…と、思ってたら。
朝ゴミを出しに出て、やな予感がした。…寒いんじゃない?今日。
いや、この時期の平年なみの気温なんだろうけど…今週がプラスの気温続きだったので、寒く感じる。
↑あ、北海道の人々は、冬の気温を言う時に「3度」とか「4度」とか言うんですが、これは「マイナス」を省略してるんです。北海道人同士の会話では、マイナスを省略することが多いですね~。むしろ、プラスの時に「プラスの何度」と言う言い方しますが…そうだよね?北海道のみなさん。←私のまわりだけ?(ちょっと不安…)。
高校生の時なんか、学校に着くと「今日寒いよね~」「だって20度超えてるもん」「そりゃ寒いわ」という感じの会話をしたりした。これ、本州の方の感覚だと、「20度超えてるなら暖かいじゃん」と思われそうだけど、これは、マイナスを省略してるんです(笑)。私が高校生の頃は、平気でマイナス20度超えなんてザラでした…。

おっと、話がずれた。
で、出かける支度をして。寒そうなので真冬仕様ででかけた。帽子もかぶった。
琴似に着いた。ああ、相変わらず、今日も、
kotoni14-1.jpg
ムーランルージュさんのあるビルのある十字街。雪が、見えますか?
降ってるんです、細かい雪が。写真ではあまりわからない。
kotoni14-2.jpg
私がでかけるって時に限って、なんで雪???
もうこうなったら、この能力(笑)を、活かせる方向にもっていきたいもんだ。来年の、雪まつりの前に、大通公園で雪請いでもしようかな~(笑)。

銀行の用事をすませて。
歩道を歩いていたら、ウエルシュコーギーを散歩させている人がいた。前を歩いていたので、後ろから拝見。コーギーちゃんの後姿って、なんだか可愛いなあ(笑)。毛の感じが。…ああ、撮りたい。でも、飼い主さんに「撮っていいですか?」と聞く勇気が…結局、可愛い後姿を見るだけで満足させて戴いた。でもいつか、どこかで、コーギーちゃんの後姿を、撮らせてもらおう。公園とかなら、声かけやすいかなあ。

で、11時より少し前に。雪が降っているので、早めに、ムーランルージュさんのはいっているビルへ。こんな雪で、外を歩きたくなかったので(笑)。
処分セールを見ていると、本日のデートのお相手のshinkoさん到着。しばらくぶりに、ランチすることにしたのだ。shinkoさん私を見るなり「もう糸抱えてるし(笑)」と。当然じゃん(笑)。
shinkoさんは午後から用事があったので、今日はわりと早めに糸を物色した。それでも30分は見たかなあ。
糸については、載せません…えへへへ(笑)。作品になったら載せます~。でも、しばらくぶりに、糸を買って、満足。イベント用の小物になる予定。

で、shinkoさんと、歩いて移動。「バール クッチーナ」さんというお店へ。
ここは前に母と来た。その時に頼んだ、ヘルシーランチを。
kotoni14-3.jpg
サラダとフォカッチャ。このサラダだけでもなかなか満足の大きさ。これに、
kotoni14-4.jpg
パスタ。私はトマトソースの。
kotoni14-5.jpg
たらこの白ワイン風味が、shinkoさんの。

おおいに食べて、喋る。声が出るようになっていたので(笑)。
今回は、あまり明るい話ではなかったけど…ブログになにもかも書いてるわけではないんだけど、ちょこちょこと、私のまわりの色々な出来事を。ブログの文面だけでも、かなり私が参っているということで、心配してくれていた。ご心配かけました~。ありがとう。
そういえばムーランルージュさんでも「菜々さん大丈夫?風邪治った?」と、オパオパさんとジャンヌさんに、ダブルでお見舞いコメントを(笑)。あんまり書きすぎたかなあ(笑)。でも今回はかなり大変だったので…。

デザートも、頼んだ。本日のデザート。
kotoni14-8.jpg
チーズケーキのチョコレートアイス添え。これで200円。

で、これから、円山方面に移動ということで、shinkoさんとは地下鉄琴似駅でお別れ。色々聞いてくれてありがとう~。またランチしようね~。

で。
私は、日々の疲れがあるので、このあとどうしようかと思ったけど…直前に、shinkoさんに相談したらば「出かける日に、まとめて出た方がいいよ」と。おー。そうだな(笑)ということで。私はそのまま地下鉄に乗って、大通に移動。どうしても行きたいとこがあった。それについてはまた今度。

大通の地下街で、あれこれ見て。
そういえば、大通のビッセに、小樽の「あまとう」の支店あったはず。マロンコロン買っていこうかな。と思ってビッセ方向に行く。と…あれ?閉まってる雰囲気。なんと「リニューアル中です」うそ…。やってるのはレストランだけだったみたい。あーあ…。なんか私はいつもこう。私が、「○○が食べたいっ!」と主張して、食べに行くと、お店で「満席です」と断られたり、座れても、食べたいメニューは「品切れです」と言われたり。夫にいつも「縁起の悪いヤツ」と言われている(笑)。なんでかなあ…そんなに日頃のおこないが(笑)。

とぼとぼ地上を歩く。
大通の地下街は、札幌駅までつながっていないので、地上を歩くしかない。でも今、札幌駅と大通駅を結ぶ地下街の工事中なんだそうな。いつできるのかな。少なくとも今日ではあるまい(笑)。
それで地上に出て、大通公園を横切って…
oodoori14-1.jpg
雪まつりの、雪像の名残だろうか。
…あーあ、今回、冬のイベント全滅だった…来年頑張ろう。
来年は、ジンマシンで悩んでいるかもしれないけど(笑)。

しばらくぶりに、カメラをしょってでかけた。
やっぱり私は、撮ってないとだめだな。いや、だめってことはないけど…撮ることが楽しい。撮りたい。そう思っているほうが、楽しいもの。

で、家に帰って。万歩計見たら、12000歩超えていた(笑)いい運動になった。

もう少ししたら、ネコヤナギを撮りに行こう。ネコヤナギ…大好き(^^)。近くにネコヤナギがあるので。
そして雪がとけたら、クロッカスが咲いて、つくしが出て…虫たちも、出てくるんだなあ(笑)。虫はあんまり好きじゃないけど…春が待ち遠しい。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



| 菜々フォト | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひさしぶりに

昨日?いや、おとといかな。
夕方に、外が淡いオレンジ色だったから。
カメラもっておでかけ。
photo14-1.jpg
まにあった~。

しかし、2月になって。いろいろあって…しばらくカメラにさわらない日々が続いた。
カメラを買って以来、こんなにカメラに触れない日々は初めてだった。
しばらくぶりで、撮りかた忘れてるし(笑)でもやっぱり、撮るのが好き。

この数ヶ月、自分を追い込んでいたなあ。
しばらくは、やることがあっても、自分のペースでやることにしよう。

では、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 23:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オランジェット

昨日は頑張りすぎて、気がついたら夜中だった(実話…)。
何をしてたかというと、餃子作り。
たまたま挽肉があって、それで、スーパーで、ニラが安かった。家には白菜もあった。となるとこれは、餃子でしょう。夫にメールで「水?焼き?」と聞く。どちらがいいかの意味。そしたら「たまには水餃子がいいな」という返事。まあ、私の場合、水と焼きで皮を変えるなんて面倒はしない。ただ、作るとき、薄くのばすか厚めにするかの違い。でも、最初から水餃子にするつもりなら、皮の配合の時点で強力粉を多目にするけど。
でもこれもすごく大雑把で、いつも、強力粉:薄力粉は、1:1の割合にする。それをややぬるい水を加えてこねる。水は少しずついれて加減するので、いつも「何cc」と決まってない。
こねおわったら、ひとつの巨大なお団子にして、ぬれ布巾をかぶせて一時間程度休ませる。
あんは皮よりも先に作ってあるので、あとは、もう、ひたすら、戦い。皮作るのは正直いって面倒だけど、自作した方が、もちもちで美味しいから。夫がいれば、夫が皮をのばして、私が包んで、ができるんだけど。それでは日曜日しか餃子を作れないし。前はそうやってたんだけどね…一日かけて餃子作って、大部分冷凍する。今は夫が忙しいので、私の作る皮で我慢してもらおう。
夜の8時から二時間かけて、なんとか完成。数えたら、なんと90個あった。作りすぎ?でも、餃子、けっこうぺろっと食べちゃうし(笑)それに、冷凍したかった。この前からの、風邪をこじらせて。寝込んでしまった時に、冷凍のものとかがあると、とっても助かるので、なるべく元気な時に作って冷凍しておかなきゃ、と。この前から、冷凍庫の整理をかねて、かなり古いものとかを、食べられるものは食べたり、処分したりして、冷凍庫にかなり空きを作った。で、肉などを、安い時に大量に買って、小分けに冷凍しておいた。おかげで、見やすくなって、どこになにがあるのかよくわかるし、食べなきゃならないものもすぐわかる。
ところが。うちの冷凍庫は、材料ばかり。小分けの肉とか、下ゆでした野菜とか…なので、このまえ、二人とも具合が悪くて、非常にこまった。冷凍食品の類が全然ないし、材料系ばかりなので、料理しないと食べられない。
それでまあ、なるべく手間をかけずに食べられるものをストックしたいなと思って。餃子なら、茹でれば食べられる。でも…昨日の晩に二人でけっこう食べたので(笑)すぐなくなっちゃうかも~。

冷凍というと。
これも、冷凍しようと思った。
orange14-5.jpg
いよかん。
いやいや、丸のまま冷凍するんじゃなくて。
orange14-6.jpg
一週間前に、いよかんピールを作った。ピールの状態で、冷凍保存。これは、砂糖をまぶしてあるけど、冷凍する分は、干した状態で、砂糖をまぶさないで冷凍した。うちの、保存状態が悪かったのか、前に作ったピールが、ダメになってしまったので…あまり長期保存しないようにして、ピールも、食べる分だけ解凍して、砂糖まぶして作るのことにした。
で、ピールを作った時、本当はこれが目的だった。
orange14-7.jpg
オランジェット。オレンジピールにチョコをコーティングしたもの。これがおいしいんだ(^^)。
そう、少し前に書いた記事で「チョコレートをこがした」というのがあったけど、あれは、このためだった。レンジで溶かそうとして、高いワット数で早く溶かそうとした私は、見事失敗した。1000wで溶かしちゃダメだったのねえ。煙こそ出なかったけど焦げた。そのあとは、焼きチョコを食べた(涙)。
仕方がないので、今度は湯煎にかけてとかした。このとき、わずかでもお湯が入ったり、水蒸気がはいってもダメだそうだから、緊張した。チョコって気難しいのね…おまけに、溶かしただけではそのあとうまく固まらず、なんかデロデロした状態になってしまった。ソレを無理やり、冷蔵庫で冷やして、なんとか固まらせたけど。テンパリングというらしい。チョコの温度管理って難しいなあ。
で、コーティングして、しばらく部屋で固まるのを待っていたとき。夫が帰ってきて「食べていい?」と聞くから、いいよと答えた。1本食べて「うまい」と言っていた。週末は、これで、洋酒でも飲みたいな。体調くずしてから、お酒飲んでない…。
おまけに、昨日頑張りすぎた反動で、今日は寝込んでしまった。風邪がぶりかえしたら大変だ。なんだか今の私は、五日間薬を飲んで治ったインフルエンザよりも、長引いてしまった風邪のほうがおそろしい。はやく、風邪とは縁切りたい。あ、でも、気がつかなかったけど、声が出るようになったし、夜も咳にジャマされず寝られるようになった。ありがたい。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| きょうのお菓子 | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こがしちゃった

風邪が長引いている。実はまだ治っていない(しくしく…)。
でも、日に日に、前日よりはつらくなくなっているのがわかる。もうすこししたら…。

日曜は、あちこち用事があったので出かけたけど、まだ無理だったかな~。
出先でひどい咳が出て、人前から逃げ出したくなった。うつせば治るってのは完全に迷信だと思っているので、なるべく人にはうつしたくない。マスクもかけてるんだけど、それでも、あんなに咳してたら、ほかの人からしたら、いやだよねえ。
薬も市販のものを飲んでるんだけどあんまり効かない。いや、効いているのかもしれないけど、実感できない。薬を飲んでても咳はでる。出ない時はぴったり出ないので、効いているのかな?出る時は何をしてもとまらないので「効いてないんじゃあ」と思うけど。たまにとまらない咳が出るのは、薬が効いていてあの程度なのか、それとも飲まなくてもあのぐらい出るものか。いっそ飲まないでどのぐらいなのか…それを試す勇気がない…咳してる間はとっても苦しいので。

まーどっちにしても、しばらく、無理しないようにしよう。

今日は。
まず、昼間、チョコレートを溶かそうとして。レンジでチンすれば溶けるってあるから、あまり深く考えずに、耐熱容器にいれて、とけるまでやってみたら…なんか、あまり溶けず、チョコが、ぶつぶつしているような…何回もかけても同じ。もしかして…焦げた?そういえば、レンジ加熱って、微細な振動であたためるんだって聞いたけど、かけすぎると焦げるんだよね…チョコなので、最初から茶色いので、こげてるかどうかよくわかんないし。
そのあと湯せんにかけてみたけど、どうやっても溶けない。味を見てみると…ぶつぶつした、くちどけの悪いチョコになっている。あーあ…今度から、面倒がらずに、湯せんしよう…。

晩御飯は。
いなり寿司を作ろうとして、お揚げを煮ていた。おとしぶたをして、火を弱めてから、ほんの少しだけ、と思って、ネットで調べものをしていたら…なんか、こげくさい匂いが。ああっ、こげてる!!
汁気はないし、もくもく煙でているし。あああ、大失敗。…酢飯を作るつもりで、いつもよりやや多目にご飯を炊いたんだけど…お揚げがこれでは…。
しょうがないので、比較的早く作れる、キーマカレーに変更。…悲しい。
今度から、料理の最中ネットを見るのはやめよう…。

と、いうわけで。
一日なんだか失敗ばかりでした。悲しいなあ。
今気がついたけど、夜の薬を飲んでいない。咳はたまに出るんだけど、昨日までみたいに、常時、気管支が不安な感じはしない。このまま、寝るまで様子を見よう。寝始めて、咳で眠れないようなら、飲むことにしよう。
昨日、薬を買いに行った時、声が出なくて大変だった。声…そういえば出なくなって4日目かなあ。喋ろうとすると咳き込むので、喋れない。夫に「喋らなくていい」と言われるけど…それでは私の意思が伝わらない。昨日フィギュアを見ていて、喋りたくてウズウズしていたんだけど、喋ると咳が出て観戦どころじゃなくなる。夫などは、このほうが静かでいいと思っているのかもしれない(笑)。

はげましに1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



| とほほ… | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四大陸~

昨日からフィギュアスケートの四大陸大会がはじまった。
当然テレビにかじりついて見てるんだけど、どうも、咳がひどくて、集中できない~。
女子ショートは、私の好きな真央ちゃんは、2位。明日頑張ってね♪順位がどうとかよりも、自分で満足できる滑りができるといいなと思う。でも、私は、彼女には、表彰台の真ん中が似合うと思うので(笑)そのへんの煩悩を捨てきれないんだけど~。去年やオリンピックシーズンの前半の不調を見ているので、過度な期待をしてはいけないとは思うんだけど。でも、何位だろうと、応援しますとも。

男子は。もう周知のことだから書いちゃおう。
高橋大輔くんが圧巻の滑りを見せて優勝~!!ぱちぱちぱち。
四回転はいらなかったのは残念だったけど、ほかは完璧だった。まあそれは、世界選手権でね。
羽生結弦くんもすごかった~。四回転きめたのは最終的には彼だけだった。今季からシニアにあがったばかりだもんで、シニアのお兄さんたち真っ青になったろうなあ(笑)。世界選手権でも見たかったなあ。でもまあ、彼はまだ若い。来年から…ってことは、来年は、高橋くん、織田くん、小塚くんの中から、誰か脱落するのかな…どうかなあ。羽生くん、成長著しいからなあ。ソチのメンバーは、どうなるかな…楽しみなような。
個人的には、高橋くん、27歳になってるのかな?ソチでは。28歳かな…いや、27歳のはずだと思う。私は高橋くんもソチにいってほしい。戦えない年ではないと思うんだけどねえ、うちの夫は容赦なく「無理じゃね?(←原文まま)三年後なら、若いのがどんどん出てくると思うし」………そうかなぁ。

昨日の放送で、欧州大会のことも出ていた。男子シングルは、私の好きな、フローラン・アモディオさんが、ブライアン・ユベール選手をおさえて優勝したそうな。これは3月の世界選手権楽しみだなあ。日本勢と激突するんだな。
フローラン・アモディオ選手というと…思い出すのは、グランプリ・シリーズのフランス大会(2010年の)で、ショート・プログラムが終わった時。リンクに、花束とか、ぬいぐるみが投げられるんだけど。自国開催だけあって、アモディオ選手のあとは花だのぬいぐるみだの山となげこまれていて。彼の近くに、大きなクマかなんかのぬいぐるみがおちたので、彼が拾おうとしたときに、フラワーガールというのかな?花束やプレゼントを拾う役割の女の子が、お役目をはたそうと、そのぬいぐるみのほうに滑ってきているのを見た彼は、拾おうとして身をかがめた姿勢のままかたまって、手を後ろにかくして、女の子が拾ってくれるのを待ってから、手渡されていた。画面のすみにちらっと映っていたのを見ただけなんだけど、それを見て、私は「なんか、性格よさそう」と、彼に好感を持った。こういう、解説者が解説しないような、ちいさなことを、画面のすみっこで探すのが好き(笑)。こういう時にその人の素が出るような気がする。自分が拾えば早いのに、女の子が拾ってくれようとしているのを見て「拾ってくれるの?」という感じで、わざわざ待って、拾ってもらって、祝福にほっぺたにキスされてたなあ。やなやつのわけがない(笑)と思った。
そういう意味では、チェコのトマシュ・ベルネル選手も好き。一昨年だったかなあ。これもグランプリ・シリーズで、どの大会か忘れたけど、ベルネル選手が四回転を決めたのに、四回転を当時跳んでいなかった小塚選手が、一位になった。総合的に小塚くんが上とみなされたのだろう。ベルネル選手は、その一瞬は少し顔が曇ったけど、小塚くんの一位が決定するなり、小塚くんの所に行き、笑顔で、握手をもとめて「good job!!」と言った。内心ではどう思ったかはわからないけれども、即座に、自分が負けた相手に笑顔で祝福するなんて、素晴らしいじゃないか。以来、彼のファンである。バンクーバーでは残念な結果だったし、昨シーズンは四回転は封印していたけど、また彼の四回転が見たいなあ。

脱線してしまった。
とにかく、高橋くんは、昨日のショートは完璧だった。個人的には、彼の今季のショートプログラムは、今までで一番いいプログラムではないだろうかと思う。フリーは…バンクーバーの「道」が好きなんだけど、いつまでも同じものをやるわけにはいかないもんね。
明日は女子フリーか。落ち着かないな(笑)。というのは、私は、フィギュアの試合がある日は、へたな時間にテレビやパソコンをつけられない。順位だけ速報で知らされるのがイヤ(笑)。ちゃんと放送を見るんだから、結果だけ先に言わないで~、と思う。なので、自衛策として、テレビで、ニュースなどの時間帯はテレビを見ない(録画番組を見るようにする)。パソコンはつけない。
四大陸の舞台は台北なので、時差はどうなのかな…フジテレビの放送よりも先にニュースで知らされてはかなわないので、明日は、気をつけなければ(笑)苦労しますわ。

とはいえ…咳がとまらん。
薬飲んで寝て明日にそなえよう。いや私が咳してようがしまいが、結果は一緒だけど。なんか気持ちのうえでは、元気な時の方が、応援パワーも出る気がする(笑)。
みんな明日がんばれ~♪

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ





| すきなもの | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーマレード

今日はいよかんマーマレードを作る。
中の薄い皮をいちいちむくなんて面倒なことはせず(笑)大雑把に切って鍋にどさどさと入れて煮るので、皮をやわらかくするために、水を足しては煮、足しては煮する。1時間半は煮込んだかなあ。
思ったよりも大量にできた。これ…前に瓶に入らなくて、少し余ったときに、お皿にいれてそれを夫に味見させたら「このまま食べられる」と。紅茶なんかに添えてもいいかも。
今回のも味はいいと思う。ちょこっとしか味見してないけど。瓶をさかさにして保存中。中身が冷えたらきちんと上下を戻すけど。

咳がとまらない。朝起きるときに喉も痛いし。寝室が乾燥してるのかなあ。
病院でもらった薬がきれた。咳以外はなんともないんだけど、咳がとまらなければ、今度は、耳鼻咽喉科にかからないとだめかなあ…。早く治さないと、と思ってはいるけれど、やらなきゃならないことがちょこちょこあって、落ち着いて寝てもいられない。
ま、時間がかかるものと、諦めよう。なにしろ、夫が、一ヶ月ちかくもこの症状だし…。
夫も昔から、風邪をひくと喉にくる人で、咳がひどい時はまいった。普段口数は少なくて、おとなしい人なんだけど、咳となると、話し声の数倍大きい(笑)。
テレビを見ていると、ニュースなんかは、

「昨夜、北海道の札幌市の国道でげほっ、げほ、がほっ、ごほということです。次のニュースは…」

と、なる(笑)。ニュースはまだいいんだけど、楽しみで見ている番組の途中でこれやられると…前後のつながりがとんでしまう。幸い、ほとんど、録画番組を見ているから、聞き取れないところを巻き戻してもっかい見るんだけど、夫が「さっき見てたよね」と。あのー…あなたの咳で聞き取れなかったんですけど。やりたくてやっているわけじゃないので文句言うこともできないし(たまに言うけど)。
しかし、ここ数日、私も咳ばっかりしてるので、やや肩身がせまくなってきた。
客観的に見たら、二人そろって、咳ばっかり…やだなあ、そんな家(笑)。早く治さなくちゃ。

ではでは、今日も、1ぽちしてくれたら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| とほほ… | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デコポンヨーグルト

今日も病院に行ってきた。血を試験管2本分とられる。
どうも景気がよくないなあ。ま、この数ヶ月、あんまりいいことなかったし。
ほんと、お祓いでもしてもらおうかと半ば真剣に考えた。

さて。
今日はどーしてもやらなきゃならないことがあったから、やった。
いよかんピールを煮ること。
疲れていて画像がないのでごめんなさい。
まだ完治してないときに、ピール作りはちょっとしんどいのだけど。
いよかんは、2週間前に、買ったもの。そろそろいくら何でも傷みそうだったから…。2週間前に、買出しした時は、まさか、インフルエンザと風邪で1週間以上も寝込むことになるなんて思わなかったし。
去年は、紅甘夏柑でピールを煮た。今年は、いよかんが安かったのでいよかんでやってみたら、甘夏よりも苦くなくて、美味しい。いよかんの方に軍配(笑)。
いつもは、下処理した皮を薄めに切るんだけど、今回は、目的があるので、やや大きめに切った。さっき煮おわって、乾燥中。乾燥も3日ほどかかる。気の長い話だ。

で、晩御飯は、疲れたので、簡単に。
デザートなんだけど、ほとんど食事みたいにして食べたのが、フルーツ入りヨーグルト。
これも画像がなくてごめんなさい。
インフルエンザで寝込んでいて、食事も作れなくて。なんでもいいからなにかおなかにいれて薬を飲まなきゃ、と思ってたら、夫が作ってくれた。家にあった、値段の安かったデコポンを、外側の皮をむいて、大きめにごろごろと切ったものをヨーグルトにいれたもの。これが美味しかった!食欲なくてもこれは美味しく食べられた。
その翌日にも、デコポン入りヨーグルトを作ってくれたけど、翌日には、りんごが入ってた。これも美味しい。
そして、今度は、バナナも入れた。これだけ具沢山なら、食事がわりにもなりそう。
昨日も、夜中に言われたんだよね…夫に「小腹がすいた、なんかない?」なんかといわれても…。あまり、お菓子のたぐいは買い置きしてないし、インスタント系のものもあまりない。あったとしても、二人とも風邪でダウンしたときに、全部食べてしまっただろう。それで、翌朝の夫の朝食用のフルーツヨーグルトをだしたら、喜んで食べていた。寝る前だから、ほどほどにしたけど。

安売りのデコポンは、見た目あまりおいしそうに見えなかったんだけど、皮をむくときに味見したら、さすがにデコポンを名乗るだけあって、おいしかった。ヨーグルトにいれるのが今気に入っているんだけど、これも、いつまでかな。3月ぐらいには、姿を消すのかな。
いよかんピールは、前回たくさん作ったものは、食べる分だけ砂糖をまぶして、残りは冷凍した。いっぺんにあまりたくさん食べないから。冷凍しても大丈夫だろう。
あ、そういえば。栗の渋皮煮、冷凍してるやつ、どうなったかな。今度おやつに解凍して食べてみよう。おいしいといいけど。

血が足りないので早めに寝ます(笑)。
1ぽちしてくれたら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| きょうのお菓子 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うつるんです…

こんなに長いことブログをお休みしたのは久しぶりではないかと。いや初めてかな?
インフルエンザでダウンしていたところに、なにやら、他にもあやしい症状が出て、またまた病院のお世話になり、検査、点滴、それからまた検査。あーあ、なんだか、重病人みたい。
インフルエンザはもう退治たようだけど、夫をこのまえから苦しめている風邪にやられてしまったようです。びっくりしたのは、インフルエンザと、風邪って、同時にかかるものなんですね…知らなかった。まあ、風邪は菌ですか?インフルエンザはウイルスだし、別物だから、同時にかかることもあるってことで。
いやー、それにしても、今回はまいった。
今朝から、なんとか家事に復帰したけど、昨日まで、夫と二人でダウンしていて、二人で寝込むともうタイヘン。どっちか元気な方が動いてくれないと、回復もできない。私がインフルエンザ初期の頃は私が元気だったので、私があれこれやって、インフルエンザを退治した頃に風邪の症状が強くなり、そのあとは夫が動いてくれた。でも、二人とも、動けるような状態じゃなかった。ああもう、あの、夜間救急当番病院の待合室。あれが恨めしい…。

詳しく書くと、病人につきそって、待合室で診察の順番を待っていた。その時の様子をみて、緊急性はないと判断されて、順番どおりの診察を待たなくてはならなかったから。そこの待合室は、インフルエンザ患者だらけの、インフルエンザの巣みたいなものだった。インフルエンザ患者を隔離もへったくれもなかった。いや、健康な人(患者のつきそい等)を隔離した方が、てっとり早いのではないだろうか。そんなことを考えた。インフルエンザでなくても、風邪だとしても、翌日の診察を待っていられないような、重症の患者がわらわらと…夜間の救急病院だからね~。仕方ないんだけど。
できるだけ、見た目重症そうな人から遠ざかって、座る。
私も、自分が具合の悪い時には、待合室では、なるべく、人のいない場所、人から通そうな場所を選んで座る。なるべく人から離れていないと。そう心がけているんだけど。
そこへ、私と反対側に座っていた夫の、すぐ隣に、マスクをかけてはいたものの、マスクなんて意味なさそうな、ものすごい咳をして具合悪そうな、若い男性の患者が、座って、動かない。もう、ひっきりなしに咳ばかり。なんか、やだなあ。うつりそう。私はそう思った。その時、私も夫も、マスクはかけていたんだけど…それでも、なんだか、あまり重症そうな人のそばにいたくなかった。席を移動したかったけど病人をあまり動かすのもどうかと思ったので、仕方なく、そのまま診察を待つ。夫の横の人は相変わらず、ゲホゲホガホガホと、かなりつらそうなご様子。気になって、あたりを見渡すと、席は、そこでなくても、ほかももういっぱい空いていた。なんでわざわざ夫の隣に座るんだか…今思えば、そんなこと気にしているのなら、私が、なんか口実作って夫を呼んで、どさくさで席を替わっていればよかった。あとで聞くと夫も「俺もあの様子みたら、すぐにも席をうつりたかったけど、なんだかさ、そうすると、露骨かなと思って」と。でも、あとになってみたら、露骨でもなんでも、逃げればよかった。
夫はその翌日から、ひどい咳と高熱の風邪でダウンしてしまった。あの、隣に座った患者さんと同じように見える。ああ…恨めしい。まあ、その人からうつされたことが確実ではないのでこんな非難がましく書いたら悪いかなと思うのだが、夫にそういうと「いや間違いなくあれでうつった」と。まあ、そうはいってももう遅い。
ところが。その風邪が、三日ほどおいて今度は私に。私も病院でうつったのか、それとも夫にうつされたのか。時間があいてるので、夫から説が最有力なんだけど…これを頑として認めないのが、夫。「いや、お前も病院でうつされたに違いない。ただ、インフルエンザの方が、症状が強いので、潜伏していて、インフルエンザが治りかけてきた頃に症状が出たんだ」と。まあ…私からすれば、病院でうつされた夫にうつされようが、病院でうつされようが、結果は同じなんだけどね。彼がそれで罪悪感を感じたくなくて否定するのであれば、そういうことにしときましょ。この場合、犯人さがししても意味はない。あのとき病院に行かないわけにはいかなかったし、病人だけ待合室において、私たちだけ避難するわけにもいかなかった。仕方なかった。

でもこの風邪はなかなかタチが悪く、私も喉がガラガラになった。今、母と電話で喋ったんだけど、母が「あんた声ひどいね」わかりますか。こんなんだから、完全に治ってもしばらくは遊びにもいけない。
遊び…ああ、小樽、行きたかった…雪あかりの路に。もう、金・土は、起きていられなかった。自分から、無理だと思った。インフルエンザ感染の時も「火曜から五日間なら、日曜ぎりぎりで行けるかな…」なんて淡い期待をしていたんだけど。
もう、今年はしょうがない。元気になって来年行こう…。

しかし。夜間救急当番病院の待合室で、インフルエンザ患者に四方を囲まれていたとしても、自分が元気であれば、発症しなかっただろうなあ…あ、インフルエンザの場合は元気でもなるのかな。
それが、あんなにもあっさりと、かかるとは。すごい感染力だな。それは、会社が「インフルエンザならでてくるな」になるのも納得かな。夫は、今回、かからなかったけど、1月にA型やってたから大丈夫だったんだ。1月にかかってなかったら、彼もうつったに違いない。
夫も私も、12月から、毎日帰りが遅くて、疲れきっていたのかな…それで、あっさりと、わるいものをもらってしまったのかな。
あとで聞いたら、あのとき救急病院に行ったほかの人も、今日感染がわかったそうな。やっぱり、うつるんだなあ。
今度から、夜間の救急病院に行く時は、つきそいの場合は、待合室に入るのやめよう(笑)。夫も「俺も今度から、鬼とののしられても、絶対待合室には入らん」と。ま、無理もない。今回一番ひどい症状になったのは、インフルエンザの私よりも夫の風邪だったんで。
私が、おとといいった病院では、インフルエンザ感染がはっきりしているので、それを受付で言うと、使用してない診察室に通されて「ここで順番をお待ち下さい」と。診察も採血も点滴も全部ここへ出張してきてくれた(笑)。厳重に隔離されてしまった。まあ私も、その方が気兼ねなくできたし。待合室にいたら「私のそばに来ないで~」と念じ続けなくてはならなかったので。

辛気くさい話でごめんなさい。
まだ治っていないけど、日常のあれこれをしなければならない。一週間も寝込むと、やることもたまってしまうし。主婦ってタイヘン。
でも、今回は。自分も具合が悪くて仕事を休んでいた夫と、なんとか、助け合ってがんばった。いや、インフルエンザと風邪ごときで大げさに聞こえるかもしれないけど…二人しかないところで二人とも寝込んだらタイヘンなのですよ。せめて交替で寝込みたかった。これは…インフルエンザを家にもちこまれたとき、家族が大勢いたとしても、全員がいっぺんにかかったらどうなるのかな~と、こわくなった。みなさん、日頃から、体力をつけましょう(笑)。

元気な日記が書けるまでには数日かかるかなあ…まだ治っていない夫も心配。
1ぽちでなぐさめてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| とほほ… | 19:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インフルエンザですね

と、医者に言われてしまいました…おとといのことです。
ちょっとまあ、日曜にいろいろあって、急病人が出て、救急病院につれていったんだけど、その時、待合室が…大勢、いたんですね。インフルエンザらしき方々が。毛布をかぶってぐったりしてるような人が、椅子のほとんどを占めておりまして…うわー、これは、インフルエンザの巣にとびこんだようなものだと。
途中から自販機のマスクをかってかけたんだけど、手遅れだったのか…。

火曜の午後から体がだるく、のどが痛く、全身あちこち痛くなり、夕方微熱が出て。夫に「はやく病院いって検査してきなさい」と。夫は、早ければ早いほどいいと思っているらしい。それで、夜間診療している病院に、行って、これこれだと説明し、まだ熱が高くないけど検査してほしいと言ったら「あまりに早いと、感染していても、反応がでない場合もあります」といわれた。まあ仕方ないので検査して。15分待って。診察室呼ばれて。
喉みせて、心音聞かれたあとに「インフルエンザです。A型ですね」結論から言わないんだなあ。
「やっぱり、そうですか」と返事した。それで「今はまだ高熱出てないし、薬を飲めばある程度症状は抑えられるから、早めに治ったと勘違いされそうなので言っておくけど、五日間は治ってないんだからね。薬のんであきらめて静養してくださいね」思わず口がぱくぱくぱく。…あのー。私、小樽の雪あかりの路に行きたいんですけど。それに主婦なんで、静養っていっても…食事の支度とか、洗濯とか…と、のどまででかかったけど、しかたない。
家に帰って、夫にインフルエンザだったと説明した。あ、夫自身も、救急センターの待合室で、ひどい風邪をもらってしまい、高熱をだしていて、会社を休んでいた。
それで、昨日。薬が効いているので、私はそれほどつらくないけど、夫がひどい咳と高熱で、まさか彼もインフルエンザ?と思って。午前中に病院に行かせた。仕事は無理だったから。それに私、火曜にお医者さんにきいたのだ。「夫がこのまえA型のインフルエンザにかかったんですが、それなら、私がいまかかっているのには、うつらないですね?大丈夫ですね?」と聞いたら「うーん。旦那さんがかかったA型が、従来のインフルエンザA型か、新型のA型かわからないし、今あなたのかかっているのも従来か新型かの判別ができないので、型が違えばかかるかも」なんていわれたのだ。うつったら、大変だ。
でも、インフルエンザ反応はでなかったらしい。出ないんだけど…熱が下がらないし、咳でひどいことになっているので…昨日はいろいろしてもらったけど、今朝からは、たまった洗濯物と洗い物をかたづけて、食事の仕度をするのは私になってしまった。夫が、仕方ないんだけど、風邪の時はひどく寝汗をかくので、着替えがたくさんいるし、布団をいちいち乾燥させないとならないし。夫は「ごめんね…」と言うんだけど。仕方、ないです。薬が効いてる私の方が動けるので。ああ、でも、まさか、インフルエンザの身で、看病しなければならないとは(笑)。

しかし…まあ。
主婦ってつらいなあ。仕事をしているご主人様たちから見たら、毎日が休みみたいなもので、昼寝つきって思っているようだけど…それはたしかにそうかもしれないけど。でも、主婦は、具合が悪くても、まる一日寝ていることすら、できない人種なんですよ…。うちは、夫が炊事できるからまだいいんだけど、これが、炊事できない人だったりすると、奥様が「具合が悪くて寝ているの」というと「ふーん、大変だね、で俺の晩メシは?」となったりするそうで…これではゆっくり寝て治せないよねえ。
うちの場合。夫が、この話をすると憤慨するんだな「俺は一度もそんなこと言ったことはない」はい確かにそれは。だけど、ここ数ヶ月は。帰りが夜中で、私がインフルエンザで寝込むと「おまえ、夜中まで待てる?待てるなら作れるけど」と。…うーん。薬を飲む時間帯が、夜の分だけ夜中の1時とかは…避けたいなあ。それに、朝、昼も飲まなきゃならない…結果、自分で起きて、作らなければならない。
と、こんな感じで、主婦は、病気になっても、ゆっくり静養できない。五日間あきらめて静養しなさいってお医者さんは言う。はい私も静養したいです。でも、無理です。
だから、365日、休みなし、って状況なんですよ。主婦に完全なるお休みがあるとしたら、上げ膳据え膳の旅行中か、入院した時か。そのぐらい。
おまけに。家に病人が出たりしたら…看病にあたらないとならないし。まさか、子供が夜中に吐いたり、高熱を出したりして「お母さんは朝まで寝るから、朝になったら看病するからね」って母親はいないだろう。となると、24時間勤務といっても、大げさじゃないと思うなあ。
いろいろ書いたけど、これを読んでくださる、お仕事をお持ちの旦那様に言いたいことは、どうか、奥さまに、感謝をしてください。あなたがご病気の時は、当然のように看病してくださる奥さまに、「ありがとう」と言ってあげてください。そんなのアタリマエって、思っているかもしれないけど…女性は、「ありがとう」の一言があるだけで、もっともっと頑張れる生き物なんです。一言言うだけで、待遇がすんごくよくなると思うので、お試しあれ(笑)。

でも、私たちも、旦那様に対して感謝が薄いのかもしれない。「男が働くのがアタリマエ」って、無意識で思っているかもしれない。それも、改めなくてはならない。世間の奥さま方、ご主人様が、月に一度もってきてくれるお給料を、どうかアタリマエだと思わないで下さいね。感謝しましょうね。
いつになく、説教くさい日記になってしまったけど。

さて、昼のしたくだ…きちんと、食べて、治さなくては。夫にも、早く治ってもらわなくては。
インフルエンザで頑張る私に1ぽちを。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| とほほ… | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

話すこと 書くこと

昨日友達の家に弔問にうかがった。友達にも、亡くなったお嬢ちゃんにも会ってきた。
いつもなら、ことこまかにいろいろ書くけれど、今日はその勇気がない。つらすぎて書けないことが世の中にはある。
だけどこれだけは書こうと思った。
ご家族の皆様は、もちろん、大きな大きな悲しみの中にいたけれど、それでも、みんなで、明るく、お嬢ちゃんのことを話そうと、頑張っていらした。みんなで泣きながら笑って話した。それで私は、なんだか、大丈夫だと思った。皆様、大きな悲しみごと抱えてこれから元気に生きていこうと思っておられるようだった。みんな、大丈夫。そう心から思うことはできた。それだけでも来てよかった。
ここに来る前は、案じているだけだったから。そのことが感じられたから、来てよかった。

それで、ここからは、私の私的な感情になるけど。

行きの車では。私は、考え始めるのがこわいように、バカな話ばかりしていた。みんなも私の話で笑ってくれた。今思うと、みんな、こわかったのだ。友達の大きな悲しみを見るのが。行きの車は空元気でも楽しいものとなったと思う。
でも、家に着いてからは…私は、友達の顔が見られなかった。友達に、直接、声がかけられなかった。ご家族の皆様のお話に相槌もうてず、自分のひざだけ見てじっと黙っていた。行ったメンバーの中に、とても、心配りのできる友達がいて、その友達が一言一言心からの相槌をうった。その友達は、12月に旦那様を亡くした方だったのだ。同じ大きな悲しみを抱える者として、今のご家族の気持ちにいちばん寄り添えたのだ。この人がいてよかったと思った。同時に、なんの言葉も出てこない自分が…腹立たしかった。こんな時、元気づける言葉、万能の言葉はないものか。でも私は、自分の言葉でものを言うことが、私の信念だから。元気づける言葉、勇気づける言葉が、なにも出てこない。おそらく、友人たちといる時に、これほど黙っている私を見たのは、みんな初めてではないだろうか。私も自分に驚いていた。無口だったんだ。
いつも、友人たちと会うと、くたらない話、どうでもいい話をだらだら話し続けて、場を明るくすることができると自分では思っていたけれど…これは、私が、言える言葉は見つからなかった。人生の半分以上も長い間の友達に対して、私は無力だった。

こんな時、夫がいてくれたら。夫は、こういう時、言うべき言葉、言ってはならない言葉を、よくわきまえている。それに、こんな時は、男同士の方が…それに夫の方が、彼には信頼されてるしなあ(笑)。でも夫は来たくても来られない。仕事でしかたないとはいえ、恨めしかった。いや、友達のためというよりは…本当に、私は、情けないが、自分のために、夫にいてもらいたかった。自分勝手だが…ひとりでは耐えられないと思った。夫に支えてもらいたかった。本当に、今日は、いてもらいたかった。
失礼する時に、はじめて私は、友達に自分から声をかけた。「夫がね…大丈夫か?大丈夫じゃないだろうけど、元気を出してくれって。ごめんね来られなくて」と言った。そしたら「その言葉だけで充分だ」と。……これ以上は自分の胸にしまっておく。

自己嫌悪のままで、帰りの車でも、しばらく私は黙っていた。車は静かだった。私が黙ると静かだなあ(笑)。
でも、途中から。私は喋ることにした。隣には、12月に旦那様を亡くした奥さま(私の友達、先生)。今日は、その亡くなった彼の話をするつもりではなかったんだけど、今日の様子を見て、大丈夫そうだと思ったので、「先生、私、旦那様のこと、言ってもいい?」「いいよ」「いつもね、私に、もっとやせろって説教するの。ひどい~。このまえ(お通夜の時)文句を言ったの。あなたがやせすぎなのって」と言ったら「本当にね、何十年も、体型変わらないの~」と、奥さまも嬉しそうに、自慢そうに、言った。よかった。亡くなったばかりの人のことだけど…これだけ読むと、無神経かな、不謹慎かなという気もするけれども…でも、私は、私から見た、その友達のことを、思い出を、奥様に話すのは、いいことだ、と思ったから。思い出を、ふやすことができる。そう思った。私がその立場なら、ちいさなことでも、何でも、聞きたいって、思うと思ったから。
とるにたらない話、ささいな話、どうでもいい話。とりたてて、人が、覚えていようともしないような、そういうの、私はなぜだかすごく覚えている。それが、不思議なことに、好きな人、特別な人とか、知人レベルだとか、そういう区別なしに、なんだか私は、自分が面白いとか、自分が気に入ったささいなことは、誰かれの区別なく、記憶することができるらしい。それを、話すことが、私の役割ではないか。昨日、その時に、そう思った。

この前も、お通夜でみんなで顔をあわせた時、私が「こんなことあったよ」「あんなことあったよ」と次から次へと、いろいろ話すので、みんな「よく覚えてるよなあ」とびっくりしていた。お通夜会場で、機関銃みたいに、くたらないエピソードを披露しつづけて、何をやってるんだろうという気はしたけれど、でも私は、少しは、場を救ったんじゃないかと思ってる。私がいたら、多少は場が明るくなるので。夫もその場にいて、私に、好きなように喋らせていた。そばにいたんだからその気になれば止めることはできたんだけど、しなかった。私は、夫が止めない時は、私の考えが正しいのだと判断したと思っている。でもこれ、あとで聞いたら「止めても聞かないくせに」と言われた………。

まあ、とにかく。
私は、自分が面白いと思ったことや、友達が言ったこと、見たことを、かなり覚えているので、それはまあ考えようによっては厄介かもしれないけど(笑)。でも、私が覚えているのは、改めて話すほどのことでもない、バカ話ばっかりだ。そんなのばっかり覚えてしまう(笑)。夫に、もっと他に覚えなければならないことがあるだろうに…と言われそうだが。
友達と話をしていて。私は、みんなが、私と同じぐらいにいろいろ覚えてるもんだと思ったんだけど。それが意外にも、みんな、忘れてる。びっくり。逆に「そういえばそんなことあったけど…よく覚えてるよなあ」と、呆れたように言われてしまう。そうか、私が、珍しいのか(笑)。
それなら…もしかしたら。私にできることって、これなのかな。覚えてること。それを、聞きたい人に、話してあげること。それができるのが私なのかな。
昨日から、無力感でいっぱいだった。自分はなにもできない。電話で連絡をとるぐらいしか。運転してかけつけることもできない(私が運転するのは危険だ)。他の人を運んであげることもできない。いつも人に乗っけてもらってる。荷物だなあ。しかも、喋る大荷物。
だけど…考えてみたら、誰も、そんなことで、私に役に立ってくれと、期待してなんかいないのだった(笑)。私ができることは、人が記憶するまでもないような、ささいな話、どうでもいい話を、ときたまひっぱりだして、話し続ける。それなのかな。
考えてみたら、この日記だってそうだ。9割近くはどうでもいい話ばかりだ(笑)。でも、それでいいのかな。それが私の役割かな。昨日、そう思うことができた。なんだ、知らないうちに、やってたんだ(笑)ずっと。
だから、私は、これからも、書き続ける。どうでもいい話を(笑)。

今気付いたけど、私は、書くことで元気にもなれる性格のようだ。
だから夫は、私には、好きなように喋らせて、書かせているのかな。夫に聞いたら「とめても聞かない性格だから」と、モンスターのように言われてしまった。まあ、いいか。

結局、また、どうでもいい話になってしまった…でも、少しでも、元気がでることをしたいと思った。
このあとは葬儀。きちんと、お別れしてこよう。

では。1ぽちしてくださったら、嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| きょうのできごと | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マドレーヌ

ある女の子に食べてほしくて、マドレーヌを焼いた。
sweets14-4.jpg
色味がヘン。でも、この写真のほうがおいしそう。
ホワイトバランスを調整してみて、
sweets14-5.jpg
なんだかなぁ。色合いはこの方が適正だけど、上の写真の方がうまそうだなぁ。

これでも焼きたてはふわっふわ。ほんとは、焼き立てを食べてもらいたい。
まあ、さめるまで待って、袋につめて。

さっき、届けてきた。柩の足元に。

彼女のまわりには、部屋を埋め尽くすほどの、お菓子、おもちゃ。手紙。ジュース。
これは…すごいね。
おなか、いっぱいだね。
食べきれないね。
でも、あとで、食べてね。

これ以上は書けない。
それでは…。

| きょうのできごと | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒレンジャク

いつもどおりに書こう。
今朝、友達からメールがきた。朝早かった。何事だと思ったら、友達の娘さんの訃報だった。
そのあとのことはもう何をしたかあまり覚えてない。とにかく私の知るかぎりの昔の友達の連絡先を探し、かたっぱしから電話をした。できることはそれだけだった。十年ぐらいも連絡のない友人も多く、連絡のつかない人がほとんどだった。それでも数人の友人には連絡できたし、友人からまた友人へと糸がつながり、思いついた人にはほとんどつながった。
つらすぎてここには書けない。詳しいことは。
とにかく自分にできることをしようと思った。

買い物に出ようと思った。とにかく、数日分の食材を買う。
札幌は大荒れで、吹雪。でも行かなくてはならない。
そのときに…いつも通る場所の、ナナカマドの樹に。抹茶色のボディをした、大きな、美しい鳥が、いた。3羽もいた。頭のかたちに特徴があった。ヒレンジャクだ!と思った。ナナカマドをついばんでいる。他のえさがないのだろう、でも初めて見た。ヒレンジャクが、3羽も。もうすっかり動転していてカメラなんて持っていなかった。もっとよく見たいと思ったけど、3羽ともすぐ飛び立ってしまった。あとで調べたら、キレンジャクだったかもしれない。しっぽが黄ならキレンジャク、赤(緋)ならヒレンジャク。しっぽはよく見えなかった。でも、姿が大きかったので、ヒレンジャクかなと思った。美しい鳥だ。
ナナカマドは冬に赤い実をつけるけど、人間はあまり食べない。とってる人をみたことない。冬場のカラスが飢えをしのいでいるのしか見たことない。あとはヒヨドリとか。
でも今日の私には、そのヒレンジャクが、友達の娘さんの魂のようにも見えた。すぐにとびたってしまった。撮りたかった。

買い物をしていても、なにを買うつもりだったか。そんなことを言ったら、今日一日、何をしていたかあまり思い出せない。ただとにかく、ほかの友達に連絡をつけることばかり考えていた。実際ほとんど電話握っていたし。
友達本人からも電話をもらった。それも、去年の12月に、共通の友人のお葬式で会ったばかりだった。あの時はまさかこんなことになるとは。
いろいろ話を聞きながら、ほんとに無力感を感じた。こういう時、言うべき言葉かみつからない。私が言ったことは「とにかく、眠れる時に寝て、食べてくれ」…そんなことしかいえない自分が、情けなかった。(葬儀までに)なにかできることはときいたけど「とりあえず、ないわ」と。
これ以上書けることはないです。いつもは書くことが大好きな私でも今日だけは。

元気な日記が書けるまで、少しお休みします。私自身は大丈夫なので、心配しないでください。
では。

| きょうのできごと | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月