くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

新聞チョキチョキ

この前、古紙回収があったので。古新聞やチラシなどをまとめていた。
回収に出してしまう前に、なにか、いい記事とかないかな。
で、それまで、あんまり、気にしてなかったものが、急に、「いいなぁ」と思えるようになってきて…。
新聞をあちこち切り抜いてみた。

もともとは、フィギュアスケート関連の記事を集めていたんだけど。今回、NHK杯を、見に行ったことで、今年のNHK杯は特別なものになった。それで、新聞記事を、切り取って、とっておこうと思ったのだ。
しかし、そう思って、新聞を見直しているうちに、NHK杯だけでなく、GPシリーズの最初の方からの記事も、とっておきたい気分になって。幸い、10月の中頃からの新聞は残っていたから、フィギュアスケート関連の記事は残っていた。大好きな、浅田真央ちゃんに関する記事だけでなくて、他の日本人選手の皆さんの記事も。

でも、そうやって見直していると、フィギュアスケートの記事以外にも、残しておきたいものが増えてしまった(笑)。たとえば。

newspaper15-1.jpg
夕刊に週一で連載されている、イラストレーターの尾代ゆうこさんの「わが家にはミニブタがいます」可愛いミニブタの風太郎(ぶうたろう)ちゃんを飼うことになった顛末と、その後のブタのいる生活について、ユーモアのあるエッセイで、とても楽しみにしている。

newspaper15-2.jpg
札幌在住のイラストレーターの佐々木小世里さんの優しい絵も好きで、とっておくことにした。でも、これより以前のものがない(涙)。

他にも。
newspaper15-3.jpg
作ってみたいレシピとか。あと、綺麗な写真とか。お店やイベントの情報なども。
スクラップ魔になりそう(笑)。

そいうえば…。
父がよく、テーブルで、新聞にハサミをいれてたなあ。父の場合は、温泉情報とか、そば打ち情報とか。父はマメなので、そういうのをスクラップしておいて、たまに見せてくれたり、道内の温泉の情報が欲しい時に聞いてみると「それはこの温泉だな」と、ひっぱりだしてきてくれる。
私も、ハサミをいれているが、あとで綺麗に切ろうと思って、おおざっぱに切ってしまう(笑)。このへんが、A型とO型の違いなんだろうか…父A型、私O型。

そうそう。
これも最初はあんまり気にもとめてなかったんだけど。あらためて見直すと、気に入ったものが。
newspaper15-4.jpg
とても綺麗な魚の写真。
水中記録家の田口哲さんという方の写真と文章。いつからやってるのかな?わからない。とりあえず、家にある新聞の分はみんな切ったけど。全部欲しかったなあ。ああ、後悔。
newspaper15-5.jpg
エチゼンクラゲの写真もあったよ。

最初は、写真だけ切ろうと思ったんだけど。
newspaper15-6.jpg
こんな感じで、名前や生態について書かれているんだから、それも一緒に、と思った。
いっぱい集まったけど、でも、これきっと、全部じゃない。今度、大きな図書館で、道新(北海道新聞)の縮刷版を見て、全部見ようかなあ←これは当たり前だが切れないので。でも縮刷版って、カラーだったかな?白黒だったような…まあそのうち、まる一日ぐらい、図書館で、見てみようっと。

で、当初の目的。
newspaper15-7.jpg
フィギュアスケートの記事~♪
そうそう、そういえば、
newspaper15-8.jpg
この記事が、NHK杯の、初日のもの。真央ちゃん、『シェヘラザード』の衣裳着てる。これをとっておこう、と思ったところから、記事さがしが始まったんだった。
あ、でも、切りたい記事が、重なった場合どうしよう、と思った。一枚の、表と裏に、載っちゃったら。
それまでは、うまいこと、重ならなかったんだけど、スポーツ欄とせいかつ欄は近い場所。そのうち…
newspaper15-9.jpg
これはロシア杯のショートプログラムの記事。これを切ったあと、ひっくり返したら…
newspaper15-10.jpg

やだ~、魚の写真が!
でもこの場合は、真央ちゃん優先だな(笑)魚のナガヅカさん、ごめんよ(笑)。

今度図書館で、ゆっくり、昔の新聞の読書したいな…。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| 趣味 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きなんだから…

しょーがない。
peko15-1.jpg
この年になっても…
peko15-4.jpg
ペコちゃん。
peko15-2.jpg
姫ダルマではありません(笑)。

不二家さんで、クリスマス限定のペコちゃんマトリョーシカ缶が出ていると知り、買いに走ったのは、もう二週間も前であったか…。
peko15-5.jpg
暗くて写真がいまひとつですいません。
すっごーく可愛いのです。
ペコちゃん好き、缶好き、マトリョーシカ好きと三拍子そろった私が、見て見ぬふりはできなかった(笑)。
このマトリョーシカ缶の中身は、ポップキャンディ12本。…ミルキーの方がいいんだけどなぁ。
さあて、中に何をいれようか…。

※数量限定らしいので、ご注意を。もうないかもしれません。お近くのお店にお問い合わせを。

缶好きの私に1ぽちを(笑)。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| 雑貨 | 19:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嬉しいなあ

もう報道もされてるし、いいよねネタバレしちゃっても。

浅田真央ちゃん、羽生結弦くん、グランプリファイナル進出おめでとう~!!

いや~、昨日もおとといも、ハラハラ見てたけど。真央ちゃんは、ショートは安心してみていられたんだけど、フリーは…途中から不安になってきてしまった。でも、勝った。よかった~。
満点の出来ではなかったんだろうけど、とにもかくにも、ファイナルで頑張ってくださいね~。
3年ぶりのファイナルか~。わくわくするなあ。真央ちゃんのいないファイナルは淋しかった。
年末には全日本もあるんだよね。ファイナル組は、強行軍だね。真央ちゃんも、大ちゃんも、明子ちゃんも、それから初出場となる羽生くんも、頑張ってね♪

心から喜べないのは。
小塚くん残念だったなあ…。
piyo-bearさんが仰ってた通り、NHK杯だったのがよくなかったかなあ。もしも、フランス大会だったら、勝ってたかな…いやフランスだったらパトリック・チャンがいたか。
中国大会だったら…まあ、そんなこと、今言っても無意味か。
全日本で頑張って、世界選手権への切符を手に入れてね。

ああ、でも、来年の世界選手権の切符、誰が手にするんだろう。
去年までならば、GPシリーズの成績、ファイナルなどでの順位と、あと、全日本での成績。それで上位者が行くんだっけ。
ここ数年、日本は、男女ともに3人ずつの枠なんだけど、それでも足りないよね~。5枠ぐらいないものかしら(笑)。みんな行ってほしいよ。

風邪気味は、なんとかよくなったけど…最近、確かに、外出するだけで風邪気味になってしまう。
外に出て、外の気温と、建物に入った時の気温差で、やられてしまうらしい。外は寒いので中にはいると熱くて汗をかいてしまう。それが冷えて風邪気味に…。
夫に相談したら「替えの服を持ち歩き、トイレなどで着替える」などというので「真面目に聞いてるんですけど」と言うと「真面目な話だよ。それが一番理想なんだけど」………うーむ。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 趣味 | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとお疲れ

今日はおでかけしてあっちこっち行って、夜までに帰り、フィギュアスケートのロシア大会をみた。
日記としては、これでおしまい(笑)いや、ちょっと、帰ってから急に寒気がして、スケートも、毛布かぶって半分寝ながら観戦したのでした。
今風邪をひきたくないのではやめにねます。

おまけ。

このまえ、雪が積もるまえに。
autmn15-1.jpg
落ち葉でいっぱいの道をあるいていて、足元にこんなものが。
なんか、豆のさやみたいなのに、オンコ(イチイ)の実が(^^)。
私がやったんじゃないんです。こうなっていたんです。
可愛い自然のいたずらだな~。ちょっとほんわかしました。

では。1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 21:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートを見に行く ~高橋大輔くん編

さてさて、とうとう、一番書きたかった、フリーの高橋大輔くん編です。気合いれなきゃ。

一応日付をまきもどして。

11月13日。NHK杯2011、男子フリー、最終滑走。
高橋大輔くんの名前がコールされると、大歓声。でも、演技の前なので、わりと控えめだったような。
最初のポジションにつくころには、静まりかえっていた。
冒頭の四回転フリップ、どうだろう?
私は、緊張しながら見ていた。なんとなく、回避するんじゃないかと思った。だって、跳ぶ理由がないと思えた。点数はじゅうぶんショートで高得点だったし。やるとしてもトウループかなと。でも!
フリップだった。着氷も、無事に着くかと思ったけど、そのあと、転倒してしまった。会場じゅう「ああ~」というため息。でも、そこは、みんなすぐ「大丈夫だよ!!頑張って」の拍手が。転倒も、惜しい転倒のしかただったように思える(私には)。なんていうのかな…同じ転ぶのでも、立ち上がれそうもないような、痛そうな転倒もあれば、膝をついたそのまま立ち上がっていけそうな、痛くなさそうな転倒も。あんなに高く跳んだあと落ちたり転んだりするんだから、痛くないわけはないのだが…この時の高橋くんの転び方は、そういう意味では、なんか、余裕のありそうな転倒だったな。←うまくいえないけどそんな感じ。
ビデオで見たら、アップでは、少し「あ~あ」みたいな顔だったが、おそるべき切り替えの早さで、もうすぐ次のジャンプの準備。そうだよ、忘れてしまおう(笑)最初のは。

次のトリプルアクセルの美しかったこと!!着氷もなめらかで、完璧だった。たまに、おりるんでも、きしんだような降り方の人もいるわけだし。それ考えたら、この時の着氷はお手本ビデオにしたいぐらいだったと思う。
曲は「ブルース」…これ、最初に聴いた時「なんでこんな曲なの!?」と思った。「ぜんぜん合ってない!!」とも思った。スイマセン、でも正直な感想です。しかし、この時は、曲のことは、あまり考えていなかった。
最初聴いた時は「こんな、メリハリがないというか、盛り上がりにかける曲で(作曲者の方ごめんなさい)表現できるのか」と思ったものだ。サーキュラーステップの時も、どちらかというと一本調子な曲調なので、これは、滑りにくいんじゃないかという気もした。でも、途中途中の楽器の音で動きを出して、単調にならないようにしている。ダレた感じもない。
で、本番中だというのに、高橋くんが、客席に近いところでなにかすると「キャー」という声が起こる。難度の高いジャンプを成功させたような「おーー」みたいなどよめきではなくて、「キャー」なのだ(笑)。これは俗に言う「黄色い声」というやつか(笑)。私は、つい、笑いそうになった。演技本番中に、黄色い声で迎えられるのなんて、大ちゃんぐらいのものだろう。

後半に入ったようだが、全然、時間なんて忘れてた。後半の三回転ー三回転のコンビネーションジャンプは、回転不足とされたようだけど、まあそれでもかける1.1だし。
このあとの三回転ループも、問題ないように見えたけど、回転不足だったらしい。でもとりあえず、見ていてわかるほどの回転の抜け方ではなかった←完全なる、えこひいきな書き方ですな(笑)。
そのあとも3回転ー2回転のコンビネーション。おお、ここまできてまだ決めるか。
三回転フリップも、問題なし。

で、コリオステップ。完全に、大ちゃんの、本領発揮。
テレビカメラの前で、セクシーな振りつけをしたら、またもや「キャーーー」が起こる(笑)。これは、アイスショーだったか?と一瞬思った。そのぐらい、盛り上がっていた。とうてい、盛り上がらないだろうと思われた、この曲で。たいしたもんだと思った。
最後のスピン。これもあとで知ったことだが、レベル4。四回転フリップ以外は、完璧だったと私は思った。

フィニッシュで、笑顔のあと、両手で顔をぺちっとして、頭をかしげた。?なんか失敗したっけ?気付かなかっ
た。でも、これはたぶん「俺、やっちゃったよ~、どうしよう」みたいな顔だったんだと思う。この「やっちゃった」は、失敗したの意味じゃなく…「うまくいきすぎちゃった、どうしよう」みたいな方ではなかったか?と思った。
終わるなり、私はたちあがった。隣のshinkoさんも。
私たちは、見る前に、言っていた。「うしろの人との段差って、どのぐらいあるんだろう?」と。つまり、演技後、スタンディングオベイションしても、後ろの人に迷惑をかけないかどうか、それを気にしたのだ。
しかし、そんなこと、気にする必要はなかった。まわりみんな立っていたし(笑)。
それを言うなら、私の場合、前に座った方が、座高が高くて、前の人の頭で選手が見えにくい、ということになっていたので、それに比べたら、「私たちって、座高の面では、少なくとも後ろに迷惑かけてないよね」「ねーっ」とこっそり言い合ってた(笑)。いつも、苦労するのだ。映画館などでも、なるべく「背の低い人が前に座りますように」とお祈りしているぐらいなのだ。今回のスケートの場合は、席が決まっているので、どうにもならない。まあでも、観戦を妨げるほどのことではなかった。見えにくい時は、少々のびあがって見るようにしたし。
まあとにかく、大ちゃんのあとは、絶対立ちたくなるって思ったから。

大歓声と、花とプレゼントの洪水。大変なものだった。
会場の歓声にかぶさって、大画面に、小塚くんの映像がちらっと写った。笑ってた。この笑顔は、高橋くんの演技の方が自分より上だと知っている。
「これはもう間違いないでしょう」と私が言うと「そう?」とshinkoさんが。それで「だって、小塚くんと違って、大ちゃんは、三回転でなければならないジャンプが二回転になったものは一度もないのよ(私が見たところでは)」と。それに加えて昨日のショートの点差。もう、見る前から、確信してた。
花とプレゼントを受け取る大ちゃん。多すぎて、花で、大ちゃんが見えない(笑)。それでもどんどん投げ込まれる。どうやって持って帰るのだろう(笑)などと考える、庶民の私であった。

キスアンドクライの映像は、画面で見る。私たちの角度からは絶対見えないので。そしたら、彼は、別次元の点数をたたきだし、総合で、ぶっちぎりの優勝だった。
画面に小塚くんが写った。音声はないけど、口の動きで「おめでとう」と言ったのがわかる。
ああ、なんか、さわやかな気分(笑)。
やっぱり、こうなったか。予想どおりだった。でも…予想してなかったのは。

まさか、四回転フリップ、挑んでくるとは。
私は、やらないだろうと勝手に思ってた。だって、やる必要がなかった。点差もあったし。でも…そうだった、やりたがるのが、大ちゃんだった(笑)。あとでインタビューで聞いたところによると「練習で降りられたもんで、これはもう行くしかない!と」と(笑)。会場大きな拍手と笑いが。大ちゃんらしいわ。
あー、でも、よかった…今日、ここにいられて。
私は、隣のshinkoさんに正直に語った。

私「正直言って、今回、男子のフリープログラム、???って思ってたのよ。風の谷のナウシカってどうよ?ブルースってどうよ?って」
shinkoさん「うん」
私「よかった!!」
shinkoさん「うん」

今までで、一番よかった。二人とも。
小塚くんの、「ナウシカ」は、叙情的で、繊細で、これまで見たことない感じだった。
高橋くんの「ブルース」はじめからおわりまで、一本調子な感じで、もっと、わかりやすい、盛り上がりのある曲のほうが、滑りやすいし、まわりにも受けるんじゃないかと思ったのだが、ひきこまれた。

とにかく、13日でよかったなあ。本当に。
私は正直な話、第一希望は、女子フリーと男子ショートのある12日で、次が、エキシビションのある13日。私の目的は、真央ちゃんと明子ちゃんと、大ちゃんを見ることだったから、それはエキシビションだったら叶うだろうと。でも、これは、終わってみないとわからないことだったが、11日の女子ショートで、鈴木さんのあの素晴らしいショートプログラムをみられるとわかっていたら、初日にしたかった。真央ちゃんの「シェヘラザード」も見たかったし。
だけど、これが見られたんだから…やっぱり、この日がよかったんだ。
その思いは、エキシビションを見て、もっと深くなったんだけど…それはまた、あとで書きます。

とりあえず、大興奮の、男子フリーが終わりました。
いや~もう、すごかった。黄色い声っていうのも初めて生で聴いた(笑)。いや、私、アイドルのコンサートに行った経験もないので…よく言われる「黄色い声」とはどんなものなのか?と。よーく、わかりましたわ(笑)。
とにかくまあ、終わった。あとは、大会後のお楽しみ、エキシビションを見る。
なんとか書けた~。でも、まだまだ、書き尽くしていない(笑)。
今日はたぶん、ロシア大会を見ているはず…真央ちゃん、頑張ってね~。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ




| くらげちゃんが行く♪ | 21:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートを見に行く ~フリー小塚くん編

今日からロシア大会がある。私はもちろん、放送時間に見ることになるので、その前に、テレビや、パソコンで、知りたくないので(笑)この記事は早めに書いておいて、予約投稿にしておこう。
どうせ書くのは13日の話だし。

で、NHK杯、最終日。男子フリーの、第8滑走。
私は、前の選手のムロズさんがキスアンドクライで点数が出るのを待つ間、眼鏡をはずして、双眼鏡をかけて、ジャッジ席の少し左のあたりを見ていた。そこは、選手の方がリンクに出入りする場所。そして、コーチが、選手になにか声をかけたりする場所。
フィギュアスケートを見る者なら、男子シングルの、小塚くんが演技にのぞむまえに、必ず、することが、というか、コーチにしてもらう「儀式」があるのをご存知でしょう。
あれを絶対見なくては。私たちの席は、ジャッジ側の右後ろ。なんとかそれは見える。遠いけど。これ、向かい側のみなさんは、コーチの佐藤信夫先生の手が見えないんだろうなあ。こっちでよかったなあ。まあ、画面に映るけどね。
小塚くんの名前がコールされて、小塚くんが、いつも通り、先生に背中をむけて、先生が、まるくなでるように背中を数回なでたあと、ぽん、と、押し出すのだ。これを見たかった!いつも、テレビで写るから。
父から借りた双眼鏡で、しっかり見た。
あ、それと。
私は、うっかり忘れていた(笑)。カバンの中のものを。
夫から借りてきた、黒くらげを、今の今まで、しまっておいてしまった。ごめんよ~。
黒くらげを持って、観戦。小塚くんと大ちゃんは見せてあげなきゃあ。

小塚くんの演技。フリーの曲は「風の谷のナウシカ」。
私は、ジャパンオープンで、初めて見た時「ナウシカ………?」と思った。曲が、ゆったりしすぎてないかな。アップテンポの曲を使うのかなと思ったけど、最初から最後まで、わりとゆったりしていた。これ…すべりにくいんじゃない?と思った。ジャパンオープンでは、まだ、滑り込んでいなかったか、あまり、いいと思わなかった。
↑ごめんなさい。でも、今回は、正直に書きます~。きつい書き方になってしまいますが、まあ、一ファンの感想ってことで…。

プログラムでは、冒頭に四回転があるはずだ。
私は、なんとなく、跳ばないような気がしていた。前日、四回転回避してたし、それに、点数がよかったから。成功率の低い四回転よりも、手堅くいくのかなと。でも…よく考えれば、アメリカ大会3位だったかな?ショートで二位で、NHK杯を二位で終わったとしたら、ファイナル行きは最後までわからない。ここで一位になればファイナル決定かも。だから、高橋大輔を倒しに行くつもりであれば、挑むはずであった。
そして、ほんとに、跳んだ!四回転。でも、回転不足…だけど、小塚くんの、生四回転を見られただけで、嬉しかった。そして、即座に「ごめんよ」と思った。私は、ショートプログラムの時の日記に「これじゃ誰も四回転跳ばなくなるよ」って書いた。フリーでも、回避なんじゃないかと思った。でも、やった。大ちゃんを倒すつもりだったんだと思うが、なんだか、感動した。
次のトリプルアクセルも、素晴らしかった!!高さも着氷も文句なし。GOE(←このシステム大嫌いだが)もついたし。
コンビネーションジャンプも、二つ目がダブルだけど、まあそんなことはいい。
足換えコンビネーションスピンが、見ていてもなめらかで、いいなと思ったら、あとで見たら、レベル4とってた。おー!!日本人でレベル4だ。すごい~。
サーキュラーステップでは、『ナウシカ』を見たものは誰もが知っている、あの音楽(オームの触手みたいなものが出てきて云々のシーンの)が使われていたが、動きが美しく、曲と合っていた。ジャパンオープンの時はそんなに合っているように見えなかったんだけど。慣れてきて、感情がのせやすくなったのかな。
で、後半にきての、3-2-2コンビネーション。トリプルアクセルが着氷ひやっとしたので、あとのふたつはややゴーインにつけたって感じだったが、それでもなんでも成功は成功。
フライングシットスピンもレベル4とってた(あとで見てわかったが)。
3回転フリップは完璧だった。ところが。そのあとのループが、ぬけちゃって、二回転に。ああもったいない!!と思ったが、まあ、このぐらいは、投げやりになるほどの失敗ではない。
そのあとは、トリプルがダブルになることはなかった。
コリオステップシークエンスでは、ナウシカの、エンディングで流れた、メインのテーマなんだろうな。ゆったりめで壮大な音楽に乗って滑る小塚くんは、とてもよかった~。これまでで一番よかったかもしれない。
最後のコンビネーションスピンも、レベル4。最後の回転の速さは、これは大ちゃんもかなわないだろうなあ。
大歓声とともに、私は、後ろを気にしながら、たちあがった。気にする必要はなかった。うしろの方も立ってたから(笑)。ほんとに、今日は、すばらしかった!ジャパンオープンよりも、アメリカ大会よりも、どれよりもよかった。四回転は失敗だったかもしれないけど、なんかもう、胸がいっぱいになった。
四方向を向いての挨拶。客席から、花束や、ぬいぐるみなどが、雨あられとふりそそぐ(笑)フラワーガールたち大忙し。あとの方でよかったね~。そういえば、真央ちゃんの滑ったあとって、大変みたいだ。真央ちゃんもできるだけ自分で拾っているみたいだけど、お掃除が(笑)。
これはいい点数が出るんじゃないかしら。四回転が回転不足として、ループが二回転なっちゃったけど、他は目立つ失敗らしい失敗ないし。
客席からのプレゼントを受け取るのに大忙しの小塚くん。お客さんが、なかなか、離してくれない(笑)。なんか、上から投げこまれた、ムラサキの、ぬいぐるみみたいなものを、見事キャッチしてた。
ああいうのって、どうなるのだろう?今まで気にしたことないけど。あの、投げ込まれた、ぬいぐるみたち。全部家に持ち帰っているとしたら…家、ぬいぐるみで、埋まっちゃうよ(笑)。どうなってるんだろ?なんて、素朴な疑問が浮かんでいたら…あ、大ちゃん出てきた!!
でも今は、小塚くんタイムなので(笑)クールに練習。

点数がでた、技術点も演技構成点も文句なしの暫定一位。
さてこのあと滑るのは、ただ一人。
うわー…小塚くんのいい演技の後だ。さて、どうなるのかな…。

さてさて、小塚くん編をお送りしました。
お次は、高橋くん編です。書けるかな?
あ、でも、フリーもだけど、一番書きたいのは、エキシビション編だったりするの(笑)そこにたどりつけるのはいつかなあ(笑)。コツコツ頑張ります。
1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ




| くらげちゃんが行く♪ | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートを見に行く ~男子フリー後半編

さて、二度目の日記です。
下の記事も読んで下さいね、というか、下から先に読んでくださいね(笑)。

NHK杯2011の最終日。
男子フリーの後半が始まる。

5 町田樹さん(日本)
6 コンスタンティン・メンショフさん(ロシア)
7 ブランドン・ムロズさん(米国)
8 小塚崇彦さん(日本)
9 高橋大輔さん(日本)

の皆さんが、リンクへ。すごい歓声~。やっぱり、日本人選手が、三名もいるから…とは思ったんだけど。この、歓声の主たちのお目当ては、ほぼ、高橋大輔選手であるらしいことが、そのあとすぐにわかる。
6分間練習中も、ずっと「大ちゃ~ん」「大ちゃん頑張って!!」と、見事なぐらい、大ちゃんの名前しか聞こえない。いや、他の選手への声援も聞こえてはいたんだけど…ああもう言っちゃおう、ほとんどが、「大ちゃん」だった。なんだか、気の毒になるぐらいだった。誰か、他の名前も叫んであげてよ…と思ったんだが。私がそれをやってもよかったんだが、この状況で、「大ちゃん」以外の名前を叫ぶと目立つだろうなあ。目立つの嫌い(笑)。それに、私自身が「大ちゃん」の大ファンであるので…他の選手さんの名前を叫ぶ気にはなれなかった。しかしまあ…大きい声出る人、いるんだなあ。いや、私も、その気になれば出るんだろうけど…はずかしくて、できない。
それに、気のせいかどうかわかんないけど、声援を送っている人は、そんなに若い女性って感じじゃなくて、どちらか言うと、私と同年代のような感じの声が多かったような。大ちゃん、年上キラーなのかな(笑)。

練習といえども動きが速いので、双眼鏡だとすぐ選手が見えなくなってしまうから、練習中はずっと、双眼鏡なしで見る。いかに私でも(私は近眼で、眼鏡使用)だれが高橋くんぐらいはわかる。
と…その時。高橋くんが、なんだかやけに高い、まわるジャンプを。これ…まさか、と思ってたら、会場のみんなも気付いたらしく「おおおお~」と大歓声。高橋くんは、ガッツポーズを。なんと、練習中に、4回転フリップを、成功させたのだ!!うわー、しっかり見ていたかった。いや、見てはいたんだけど、でも、「あっ」という間だったし。
shinkoさんが「練習でガッツポーズ…」とにこにこして言うので「だってフリップだもん」と私が。
私が「ムロズさんが四回転ルッツを成功させたらね、フリップよりも上だけど。ああ、誰かそのうち、4回転アクセルやらないかね」と言ったら、shinkoさんが「アクセルが一番難しいの?」と言うので「そう。アクセルが一番難しい。前から踏み切りだからね。あとは全部後ろ向きで、次に難しいのがルッツ、その次がフリップ」最近覚えた知識を披露(笑)。いや、解説なしで、ジャンプの区別がつくようになったのは、この2ヶ月ほどだけどね(笑)。
あとで聞いた話だけど、高橋くんは、四回転フリップは、今シーズン、チャレンジしてるけど、両足着氷とか、回転不足とかで、成功に認定されたことはないのだった。これは練習だから、もちろん、認定はされないんだろうけど、それでも、後のインタビューで「人生で初めて、4回転フリップを、おりました」と。その初めてが見られてよかった♪

で、あっという間に6分…。ああ、はじまっちゃうんだ。
で、5番目の滑走は、町田樹さん。
フリーは「ドン・キホーテ」明るい曲で、すべりやすそう。すぐ手拍子がおこる。と、いきなり四回転!!着氷後、しゃがむような感じになっちゃったけど、手もついてないし、もちろん転倒もなし。おお!
羽生くんも跳ぶけど、高橋くんや小塚くんの他にもこんなに四回転を跳ぶ選手がいるとは、私は嬉しい(笑)。
アクセル-トウループの三回転コンビネーションも決まるし、いい出だし~。
でもそのあとがダブルになっちゃったり、アクセルが抜けちゃってシングルになったりとか、ちょっとジャンプのミスが目立っちゃった。あと、スピンがレベルとれてなかった。外国人に比べて、日本人はスピン苦手なのかな。
まあ、まだまだこれからでしょう。←なんか、偉そうな書きかたになってごめんなさい。

6番目。ロシアの、コンスタンティン・ミンショフさん。
「ザ・レース」って曲名は出てたけど、これ、「キル・ビル」じゃないのかな?おお、今日、何回目だろう。
と思ってたら、いきなり、四回転-二回転のコンビネーション!!ちょっとバランスくずしたけど。
でも次がダブルになったり、そうかと思ったら、転倒しちゃったけど四回転。二回も!!すごい。
後半に3連続ジャンプも見せてくれた。おお、後半に入ってからのジャンプは、基礎点×1.1。
コリオステップの時もすごく会場が沸いたのに、点数みてみたら、レベル1になってたな。なんでだろう。
で、フィニッシュのあとに。なんか不思議なしぐさをしたと思ったら、shinkoさんが「バイクから降りた」と。ああ、そういうことか。よく見てるなあ(笑)。そうか、あのコスチュームは、バイク乗るときのツナギかな。

7番目。アメリカの、ブランドン・ムロズさん。
この方、今日も、4回転ルッツ、跳んでくるかな?と、期待して、見ていたら。
「カルメン」だ。これもまた、フィギュアではおなじみの曲。これというと、私は、エフゲニー・プルシェンコさんを思い出す。いつだったかな…フリーのプログラムで「カルメン」を滑ったことがある。これは、当時のライバルのヤグディンさんに勝つために、わざわざ新しいプログラムを作ったのだそうだが、結局その時はヤグディンさんに軍配があがったんじゃなかったかな。おお、また脱線した。
アクセルの次に難しいというルッツジャンプ。それの四回転。残念ながら転倒してしまった。でもすぐに、彼の挑戦をたたえる拍手が。現時点で一番難しい四回転なんだもの。
でもそのあと、アクセルが一回転になってしまったり。そこまでの内容が決してそんなに悪いわけではないのに、そのアクセルが気になっちゃったのか、またもやシングルアクセルになったり、ルッツまでシングルになっちゃったり。
みんなが手拍子で「まだ終わってない!!頑張って」と応援しているけど、それも届いていないようで、なんだか、見ていてつらくなった。
おわったあとも、なんだか放心状態みたいな感じで。キスアンドクライでの表情を画面で見ていて「そんな顔しないで…」とつい言ってしまった。頑張っても、うまくいかなかったときは、そりゃ、がっくりくるよね。誰にも、なぐさめてもらいたくもないほどの時だって、あるよね。でも、これは、見ているほうもつらいなあ。
たまに、やけに明るい選手がいるけど、あれはあれで、すごいことなんだな。そういう顔を見ていると「次頑張ってね~」と、思えるもの。私も、今度から、なるべく、人前で落ち込まないようにしよう(笑)。
ムロズさん、次頑張ってください。

と…リンクにはもう、小塚くんが出ている。
私は、眼鏡をいつはずすか、悩んでいた(笑)。
眼鏡かけたまま、双眼鏡は見づらい。8倍の双眼鏡だし、裸眼でも見えるだろう。
どうしても見たいものがあった。アップで見ないとならなかった。
さて、それは…もう、フィギュアスケートを好きな方にはおわかりですよね。

で。
あまりに長くなりそうなので、また、切ります。
このあと「男子フリー 小塚崇彦くん編」と「男子フリー 高橋大輔くん編」にわけて、書こうかな(笑)だってそうでもしないと、長すぎちゃうもの。一回では。

今日書けるかなあ…頑張ろう。なるべく、今日明日のうちに書いてしまおう。
でもこれ、書くの、大変なんです…録画を見ながら、記憶を補って、書いているので、どうしても時間かかるんです。
のんびりまっててくださいね。
では、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| くらげちゃんが行く♪ | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートを見に行く ~男子フリー前半編

気温は高いんだけど、風が強いからかあんまりあたたかく感じない。
さて、なるべく、記憶の薄れないうちに…。

11月13日。
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(長い名だ)で、NHK杯を見る。
男子のフリーの第2滑走のアーミン・マーバヌーザデーさん(アメリカ)。
黒髪のせいか、なんだか、日本の男の子が滑っているように見えた。
「キル・ビル」の音楽だなあ。映画見たことないけど、あちこちで使われているので、曲は知っている。
トリプルルッツのジャンプでかなり遠くまで跳んだように見えて驚いたなあ。昔は気にしなかったけど、ジャンプって、高さや距離ってどうなのかなあ。たまに、その場でまわっているような人もいるし。
ジャンプといえば伊藤みどりさん。トリプルアクセルの画像を見たんだけど、なんだか、真央ちゃんや、中野友加里さんがやっていたのと違って見えるなあ。同じのはずだが。そしたら、同じように見ていた夫が「跳んでいる時間長いもん」と言った。そうだなぁ。なんであんなに長いこと空中にいられるんだろう(笑)。すごいなあ。
マーバヌーザデさんの演技にもどろう。
いろんな曲を使ってて、聴きなれた曲も多かった。知ってる曲で滑ってくれると嬉しい。
最後のコンビネーションスピンはお見事でした。ほとんどその場から動かずまわってた。転倒とかあってちょっと残念だったけど。

第3滑走のサミュエル・コンテスティさん(イタリア)。
アーミンさんのあとだと、すごくおっきく見えるなぁ(笑)。この方は、よくグランプリシリーズで拝見している。楽しく明るい演技が多い。
冒頭のトリプルアクセルは高くてすばらしかった。大きな人が跳ぶと迫力だなあ。
この方、奥様がコーチだとかテレビで聞いたような。それは…場合によっては大変かも(笑)。外国にはよくあることなのかな。日本じゃ、親が直接のコーチっていうのでもあまり聞かないけど。小塚くんはかつてのお父さんのライバルであった佐藤信夫コーチだし。
あとで点数を見てみると、スピンが高いなあ。スピンのレベルは全部4。

前半の最後は、アメリカのロス・マイナーさん。
この方も、スピンのレベルは全部4だ。みんなスピンすごいんだなあ。
ジャンプも、ミスらしいミスがなく、転倒もなし。前半では一番安定していたのではないだろうか。と思っていたら、得点が高くて、暫定一位。

で、前半が終了。
やや、手をたたきすぎて、手が痛い感じがあるけど(笑)。
このあと、どうだったかな?整氷が入ったっけかな?忘れちゃった。すぐ、後半の6分間練習になったんだったか、ちょっと記憶が曖昧。
で、少しあいた時間で、shinkoさんに話しかけた。

私「言っちゃ悪いんだけどさ、獲得点数の低い順にすべるわけでしょ。私、前半、面白くないんじゃないかなって思ってた」
shinkoさん「うん」
私「そんなことなかった~!全部、面白かった。というか、見ていて楽しかった」
shinkoさん「そうだよね」

いや、正直、テレビとかで観戦してると、最初のほうってちょっとだら~として見ていたりするんだけど(スイマセン…)会場では決してそんなことなかった。どの選手が出てきても、曲調によってはすぐ手拍子が起こるし、転倒とかのミスがあると、すぐ、会場から「頑張って!」の拍手が起こる。成功したときはもちろん大喝采。コレハ楽シイ~。
選手の皆さんも、楽しんで滑ってくれているといいんだけど。緊張でそれどころではないのかな?でも、楽しんでいる様子の人がいると、それもまたすごく伝わって、こっちも嬉しくなる。
会場で見るって、こういうことなんだな~。などとしみじみ考えていたら、shinkoさんが、
「前半でこうでしょ。ということは、このあと、どうなるんだろうねえ」と。
おお!そうだ。後半には、大ちゃんと小塚くんがいるんだ!!うわー、どうしよう。
でも、前半、あっという間だった。確か男子のフリーは、4分半のはずだけど、ほんとに、一人一人、あっという間に終わってしまう。選手の皆様は、あっという間じゃないんだろうけど。

とにかく、後半戦に期待が高まるのでした。

いったん切ります。
ここで、整氷入ったんだったかどうか、shinkoさん、覚えてます~?
ああ、メモしておけばよかったなあ。とにかく、休憩があったのか、すぐ後半の5人の6分間練習に入ったのか、ちょっと覚えてないんです。トイレには行かなかったから、たぶん、休憩があったとしても短かったと思うけど。

ではでは、男子フリー後半編に続きます。
後半編…どうしましょ。後半だけでも三回ぐらいにしないと、長すぎて(笑)。
とりあえず、1ぽちしてくださいね~。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| くらげちゃんが行く♪ | 15:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬本番

ちょっと気がかりなことがあって、あまり、深く考えこみたくなかったから。
外出のついでに、見た風景を、撮ってみた。
winter15-9.jpg
そう、雪が降っていた。でも、あまり寒いと感じなかった。それで調子に乗って、冬の風景さがしに、ちょっとてくてくと遠出。
そしたら、
winter15-10.jpg
あっ、いい感じ~♪
我が家のクリスマスツリーにぜひほしい(笑)。
イチイの樹(北海道では『オンコ』と呼ぶ)は、天然のクリスマスツリーだから。赤い実もなるし。
あんた、うちに、来ないかね?
などと声をかけてみたけど、うちはせまいし。庭もないし。ここでこのまま生きるのが、この樹のしあわせ。
とかなんとか一人で頷いてその場を去る。

…なんてことやってたら。
夜から、ぞくぞく寒い。脚のつけねのところが痛い。
↑まずい!風邪のひきはじめのサインだ。
というわけで、ちょっと、寝ます…ああ、私のバカバカ。

フィギュアスケートの話は、体調がよくなってから書きます~。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| やってしまった… | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートを見に行く ~男子フリー第一グループ編

今日はあれこれやって疲れた。
あ、午後に、虹を見た。二日連続虹♪なんかいいことありそう。

11月13日の、NHK杯を見に行った話を。

タイトル「フィギュアを見に行く」これを直した。
私のまわりではフィギュアというと=スケートなんだけど、そうでもない場合もあるので。

で、フィギュアスケートの会場につき、準備をすませて。
12時55分開演。うーん、緊張するなあ。
なにも私が滑るんじゃないんだけど(笑)会場にいるだけで、この緊張感…。
あ、席を探していたときに。リンクを見て「おー、テレビで見たことある」と思った。実際こうなんだ。テレビで見たまんま(笑)。あたりまえだけど。
で、私たちの席は、どっち側だったかな(笑)。
リンク中央の印を正面から見るほうの側の、右後ろ側。私たちから見れば、私たちの側の左の前に、ジャッジ席がある。その、もっと左側に、キスアンドクライがある。ここでは、キスアンドクライがちょうど見えない。
でも、リンクを、横の長い方を正面とすると、タテの短い方の二面に、大きな液晶画面があって(競馬場とかで見るようなの)これで選手を追っているカメラの映像が見られる。キスアンドクライの映像も画面で見られる。こうなってるんだ~。知らなかった。
いや、来る前に、気がかりだったこと。それを、本日の観戦仲間であるshinkoさんに言った。

「フィギュアってさ、何台ものカメラが、何方向からも撮っていて、選手の動きにあわせて、パッと瞬時に切り替わって、常に、選手が正面にくるようになってるというか、見やすく中継されるでしょう」
「あーあれほんとすごいよね」とshinkoさん。
「だからさ、初めて見にくるんだけど、それが気になってね。私たちは、選手の動きにあわせて動くってわけにはいかないから、常に一方向からしか見られないわけでしょ。テレビで観戦するより、見づらいかもね」「そうだよね」
でもまあ、それも、生で見られる楽しみか。

と、そうこうしてるうちに。
「それでは、第一グループの、6分間練習をはじめます」
うわあー、ほんとに始まるんだ!!←あたりまえ(笑)始まらなかったら困る。
第一グループのみなさんが次々リンクへ。
席はS席なので、一番近いアリーナ席より遠い。選手もそのせいか、小さく見える。でも、思ったよりもよく見えた。誰が誰だかわかるし(笑)いや常に双眼鏡で追ってないとわかんないかと思ってた。
細かい表情まではわかりかねるんだけど、普通に滑っているのは、双眼鏡だとかえって追いづらい。双眼鏡は、おわったあとのお辞儀とかを見る時に使おう。

第一グループは、

1 トマシュ・ベルネルさん(チェコ)
2 アーミン・マーバヌーザデーさん(アメリカ)
3 サミュエル・コンテスティさん(イタリア)
4 ロス・マイナーさん(アメリカ)

で、第二グループが、

5 町田樹さん(日本)
6 コンスタンティン・メンショフさん(ロシア)
7 ブランドン・ムロズさん(米国)
8 小塚崇彦さん(日本)
9 高橋大輔さん(日本)

なので、4人いることに。
私のお目当ては、チェコのトマシュ・ベルネル選手。
何年も前からのファンである。この方、4回転ジャンパーであるんだけど、ジャンプのいいときと悪い時がすごい極端な人で(ごめんなさい)いいときはすごくいい点数だけど、悪いときは信じられないような順位の時もある。
でも、なんか、画面からも、いい人そうなのが伝わってくるし、それに。
チェコって、一番、行ってみたい国だったりするのだ。

ちょっと脱線。
「空から日本をみてみよう」って番組で。都内のチェコ大使館をたずねた回があって。その時の、チェコの紹介ビデオが素晴らしかった。絵本のような可愛い家が並ぶ、とっても綺麗な街。前からも、いいイメージしかなかった。音楽の都プラハに、アルフォンス・ミュシャ、ビーズ、ガラスの都。大使館の方が「日本のみなさん、ぜひチェコにいらしてくださいね」と。行きたいです!!お金ためていつか行くぞ。
そんな国の選手の方だし、それに。
前にもどこかで書いたが、ベルネル選手は、何年か前に、GPシリーズのどっかの大会で、小塚選手と対決したことがある。その時は4回転を成功させたベルネル選手よりも、当時4回転をもっていなかった小塚選手の方が、総合力で上だとみなされ、優勝が小塚選手、ベルネル選手は二位となったことがあった。その瞬間がカメラにおさまっていたんだけど、一瞬は呆然とした顔だったが、すぐ次の瞬間、小塚選手の所まですっとんでいって、握手をもとめ、笑顔で「GOOD JOB!!」と言ったのだった。それを見た私は「なんて立派な人なんだ」と、以来すっかり彼のファンになってしまった。
昨日のショートでも、ミスが重なり、結局最下位になり、フリーで第一滑走になったわけだけど、なんだか、キスアンドクライでも、お茶目だった(笑)。あのぐらい失敗しちゃうと、落ち込んだり呆然としたり、声もかけられないような雰囲気になりそうなものだけど、彼は明るかった。それを見てなんかこっちも救われた。また、頑張ってね。待ってるよ。って気分になるもの。
そういう人は私だけではないらしく、会場でも、ベルネル選手がジャンプを跳ぶと、拍手が起こる。ファンが多いんだな。
shinkoさんが「なんか(性格が)よさそうな人だね」と言うので「そうだよとっても性格いいみたいだよ」と、直接知りもしないのに私は言った(笑)。
で、四選手が、かわるがわる、いろんな練習をしている。やっぱり、自分の手前でジャンプを成功されると嬉しかったり(笑)面白い。お気に入りの選手だけ目で追っちゃうかなあと思ったけど、そんなことはなく、全体を見て、難しいジャンプが決まったりすると、どの選手でも拍手したくなるし、実際、そうやって見ている人が多いのだろう、ジャンプがきまったあとは誰でも必ず拍手が起こる。みんなちゃんと見てるんだなあ。
選手の映像を流している画面には、時間とかも表示されている。へえー、それで、「残り30秒」とかわかるんだ。私はみんな、ストップウォッチでも持っているのかと思った(笑)いや放送席ではそうなのかもしれない。
そう、放送席!どこにあったんだろ。これはわかんなかった。
あと、これも初体験だったけど、解説が、まったく聞こえない。アタリマエか(笑)。今日は、本田武史さんが来ているはずだが。何を解説してるのかな~。
私がshinkoさんに「解説まったく聞こえないんだね」と言うと「これを、家でもう一回、解説ありで見るのが楽しみで」とshinkoさん。おお、立派な、フリークだ(笑)。私も見るんだけどさ。しっかり予約録画もしたし。

そんなこんなで、あっという間の6分間。
テレビで何度も聞いた「選手の皆さんはリンクから出てください」のアナウンス。おー、テレビのまんま(笑)と、スケートそのものとはずれたところで感激しっぱなしだった(笑)はじめてづくしだったから…。

で、第一滑走の、トマシュ・ベルネルさんから。
私は、ここで、気をひきしめた。きちんと観戦するために、というか…まあ、自分を戒めたというか。
生でなんか見たことなく、常にテレビで、他になんの気兼ねもなく、見ながら好き放題言ってきたのが、私の観戦スタイルだ(笑)。いや、それだけじゃない。ジャンプが決まったら「よっしゃあ」とか、ミスがあったら「えっ!?」みたいな声が、つい出てしまう。私は、会場が、どれだけ声が響くのかはわからないが、私の声は、100メートルも届くと言われている(笑)。喋る気がなくても、つい「あ~!」とか「お~!」みたいな声が出てしまって、それがまわりに聞こえてしまったり、へたすると、生中継のテレビカメラの音声に拾われちゃったりしたら…イカン。はずかしいし、いや、それよりも、選手の集中力に影響するのでは(笑)。
というわけで、私は、NHK杯の一日目、二日目は、家でテレビで観戦しながら「喋らない、喋らない」を自分に言い聞かせていたんだけど…5分ぐらいしか、持たないんだよねえ(笑)。
でもまあ、とにかく、無駄でも何でも「水底のごとく、静かであれ」と、言い聞かせた(笑)。
で、トマシュさんは、すべりだして、すぐに、見事なジャンプを。
私は、静かにしようと思ったのに、つい、隣のshinkoさんに「(一応小声で)い、今の…四回転だよね?」と。見せてくれた!!四回転、見たかった。
しかもそれが、私たちの前のあたりで。ああもう、嬉しい~。
そのあとも、とにかく、彼の滑りに集中。手拍子すぐ起こる。私は、もちろん、一緒にやる。観客の自分ができることはそれだけだもんね。曲は「シング・シング・シング」だったかな?これなら、手拍子がジャマにならない曲。というか、手拍子するためにあるような曲(笑)。早くも会場大きな手拍子。四回転おそるべし。
でも、曲調がかわったときに、トリプルアクセルで転倒。これがまた、生で初めて見た。しかも、痛そうな転倒だった。会場のみんなも息を呑んだ。
でもすぐに起き上がって、演技。頑張って~。
でも、転倒って、あんなに大変なんだ。テレビで、見ていると、みなさん、すぐ起き上がって、何事もなかったように滑っているので、そうは見えなかったけど、実際見ていると、走り寄って「大丈夫ですかっ?」と声をかけたくなる。選手のみなさん、なんという精神力だろう。
でも、途中からまたアップテンポになった時、サスペンダーをはずして、ノリノリになったかと思ったら…また転倒した。大丈夫?でもまたすぐ立ち上がって演技。みんなもガンバレの手拍子。なんか私は「会場って、あったかいな」っていう気がした。
最後のステップでは、やっぱり、少し疲れたように見えたけど、見ているだけで気分が浮き立つような演技だった。結果だけいうと、順位をあげて、最終的には、5位だった。9位からだもん、すごい!!
お疲れ様~。終わったあとの笑顔も素敵でした。
それが、日本にファンが多いことを証明してくれた。おわったあとに投げ込まれる、花などのプレゼント。トマシュさんのときは、ハート型クッションが、まあいっぱい(笑)日本人選手のような感じでした。
素敵な演技を見せてくださって、ありがとうございます♪

と、早くも、一番目の演技から、大満足してしまった私。
…ああ、長くなりすぎた(笑)いったん、きろうかな。こんな書き方してると、9人分、九回で書かねばならない(笑)でも、この感激を、書いておきたかった。お時間のある時に、読んでくださいませ(笑)。

ではでは、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| くらげちゃんが行く♪ | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

虹だよ

最近すっかり早寝早起き。
今日は、朝早くにする仕事があって、それをすませてから、近所に買い物にでた。行くときは雨だったので、カメラも持たずに出る。で、9時すぎ、帰る頃に、細かい雨だけれども、日がさしてきて…ん?待てよ。雨が継続中で、太陽が出るって…虹の条件じゃん!!と、あわてて西をむく。この時間なら西側だ、と思ったら、案の定、目当てのものが!!
あわてて家にすっとんでいき、カメラをもって、また外へ。消えないで~。
rainbow15-4.jpg
待っててくれた!!ありがとう、虹(笑)。
rainbow15-5.jpg
左の側も。
ああ、しかし…虹や空みたいなものを撮ると、どうしても…目立つんだなあ。内部のゴミが。
これ、クリーニングに出しても、レンズの中身のゴミはどうにもなんないかなあ…しくしく。レンズは買い換えたほうが経済的、みたいなことを夫が言ってたなあ。このまま一生、ゴミを気にしながら、空や虹を撮るのかなあ…やだなあ。気にしないでばんばん撮りたいなあ。
まあそれは今言ってもしかたない。撮る。
rainbow15-6.jpg
青空と虹が一緒っていうのも嬉しい。虹の背景って、暗い雲のことが多いから。
rainbow15-8.jpg
なんでこんなに虹が好きなのかなあ。でもそれ、理由いるかな?こんなに綺麗なんだもの。嫌いな人なんているのかな。

だいぶん雨がおさまって、虹も消えかかりそうかなと思った時、薄いけど、アーチ状に。これは、引きで、全部いれないと。でも、
rainbow15-9.jpg
なんてこったい。せいいっぱい引いても全部おさまらん。
rainbow15-10.jpg
今はこれが精一杯。
でも、撮れてよかった。いつも、なんでだか知らないけど、虹の時ってカメラなくて(笑)どうしてこう、間が悪いんだろう。だから撮れただけでも嬉しい。

外出が長かったので、疲労気味なので、ちょっと休みます。フランス大会の放送見たあとに、体力あったら、NHK杯観戦記、書けたらいいな。
では、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 15:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すっかり冬

エネルギーがあんまりないので、今日もフィギュアスケートを見に行った話はおやすみ。
左肩の具合が、わりとよくなってきた。ひどいときは、重いものを持たなくても、何も持たずに腕をさげているだけでも腕の重みで痛かったものだが、今日は、歩く時、振り回さなければいたくないことがわかった。
小さい土鍋が両手でもてた(おひとり様用のだけど…)。
ワインを買ってきた。昨日解禁のボジョレーを横目で見つつ、大量に入った安いのを買った。なにに使うのかは、明日にでも…。
背中にデイパックを背負う時に、腕を動かすと、やや痛い。
しかし、だいぶよくなったみたい。とはいえ、どのぐらいよくなっているのか、こわくて試せない(笑)。

冬の靴を出して、外出。もう、昼間でも、雪が融けない。北海道では「冬靴」「夏靴」という言葉がある(笑)。
きゅうに雪が降ったせいか。
winter15-4.jpg
マリーゴールドの根元に雪が。
winter15-5.jpg
雪の中のアリッサム。寒そう…。

winter15-8.jpg
どうだんつつじにも雪。

winter15-6.jpg
冬なんだね。

winter15-7.jpg
なんだか、春先の、福寿草みたい…


今日も湿布を貼ってねなければ。
明日元気を回復し、スケートを見に行った話の続きを書きたいな。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬になっちゃった

フィギュアスケートのお話は少しお休み。
今朝、早く目がさめて、外を探検。そしたら…
winter15-1.jpg
クリスマスツリーがあったよ(^^)。

道理で昨日の晩は寒かった。いや、昨日が初雪って聞いたけど、札幌はいい天気だった。
winter15-3.jpg
これ、昨日撮った写真。いい感じでしょ?気に入っている。
ああ、それなのに、一日で。
winter15-2.jpg
こんな世界に。
街路樹がクリスマスツリーみたいになって、この時期の札幌はほんとうに綺麗。なんだけど…寒い!

冬がくるのがこわかった。去年から、いやなこと、悲しいことが、みんな冬にくるような気がした。冬が嫌いになりそうだった。
でもやっぱり、冬は綺麗。雪国に住んでいて、冬が嫌いでは、あまりにつまらない。いいところを見つけて、楽しもう。

肩の具合だけど、昨日から、湿布をべたんとはりつけて、おとなしくしている。なんだか、腕の関節まで痛くなってきたので、今朝から、腕にも貼っている。湿布くさくてまいった(笑)。
洗濯の水をくむときとか、荷物をもつときは、左手にさせないように気をつけている。重いものを持たなくても、手を下げているだけで、手の重みで痛いときもあるので、本気でいたわらないと。
夫に相談したら「肉離れじゃないの?」とのこと。肉離れ?それって、私のイメージでは、激しいスポーツをしている時になるもんだと思っていた。たいして運動もしていないのに…なぜだ?まあ、しかたない。
しばらくは、時間をかけて、いろいろやろう。

フィギュアの話を書こうと思ったけど、やや、元気が出ないので、このへんで。
1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| 菜々フォト | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアを見に行く ~当日編

二度目の日記です。
下のしょうもない記事も読んでくださいね。

で、11月13日当日。
朝ごはんを軽くすませる。軽くというのは、前日に、原因不明の腹痛でひどい目にあったから。前の日でよかった。でも外出中なので、大変だった。トイレから出られないし。
それで、13日は、絶対、おなかをこわさないようにしよう、と決めた(笑)。それで軽く。食べ過ぎると絶対おかしくなるし。たとえ腹ペコでも腹痛よりはましだ。腹痛を起こすと観戦どころじゃなくなる。
一緒に行くshinkoさんに「体調ととのえておきましょう」なんて書いたけど、自分があやしいな(笑)。昔から、ここぞという時に熱出したりおなかこわしたり。熱は…まあ、40度の熱でも出ないかぎりは行く。でも、できれば、そんなことにはなりたくないので、前の前の日ぐらいから、気をつけてはいた。
なので、当日は、体調はばっちり。前日までハードスケジュールで、ヨレヨレではあったけど、気分はさわやかに、外出。
夫が「帰りは迎えに行ってやろう」と。そう、うちの場合、会場からはるかに遠いので、行きも帰りも、だったら申し訳ないので、帰りに来てもらうことに。

行く道すがら、いろいろ考える。「観戦ガイド」では、飲食に関しては、それぞれの会場によるみたいなことが。「禁じられている会場もあるので、事前に問い合わせを」だったかな。まあ、そこまでしなくてもいいか。
さすがに、水くらいはいいだろうと、途中のコンビニかなんかで、水だけ買おう。
で、地下鉄の真駒内まで乗る。南北線は、南平岸からだったかな?陸に出る。
真駒内駅の少し手前では、私は右側に座っていたので、左側の窓の外が見えたけど、そこが、まあ、見事な山の中って感じ。なんか「熊でそう…」と思った。今時シャレにならない。
真駒内でおりる。駅の外にでると、
ice15-2.jpg
夫が言ってたなあ。真駒内駅から出て、まっすぐ行って、つきあたりを右に折れて、そのままいけばあるって。
それで、まっすぐ行くと、
ice15-3.jpg
バス停留所のところの紅葉がきれいだった。

で、もう少し行くと、いい感じの風景が。
ice15-4.jpg
もうちょっと川をメインにしてみるか。
ice15-5.jpg
なんだかタテ写真が多いなあ。

で、まっすぐ行ったら、横の道にぶつかったので、右におれてそのまままっすぐ。そしたら、
ice15-6.jpg
あったわ。なんだ簡単じゃん。
だいぶん早かったので、寄り道。
夫が言ってた。「アイスアリーナの向かいに、例のモモンガのくる木のある学校あるよ」
さがす必要はなかった。すぐわかった。
ice15-7.jpg
おお確かに…校庭のど真ん中に。
ice15-8.jpg
いい感じの木だなあ。確かにこの木は切られへんわ。
というわけで、夫にメールする。
「モモンガ小学校あったよ」
↑NHKだかなんだかの番組で、この、校庭のど真ん中にある木にくるモモンガの話をやっていたのを見て、以来私は勝手に「モモンガ小学校」と呼んでいる(笑)。そしたらすかさず夫から返信。「中学校じゃ」
あ、そうだった。曙中学校って書いてある(笑)ははは。

で。アイスアリーナに着いたものの、ここまで、コンビニの一軒もなかった。私が来た手前の道路にセイコーマートがあったらしい。ちょっと離れていたけど、時間あったから、そこまで行って、水買ってきた。
で、アイスアリーナの手前の交差点で。交通整理の女の人がいた。向こう側には、たぶん、フィギュア観戦とおぼしき行列が。それで、その人に「あのひとたちについていけば、フィギュアの会場につきますよね」とたずねると「はい大丈夫です」と(笑)。それで、信号わたってから、その行列についていった。と…。

ice15-9.jpg
アイスアリーナの敷地に入って、少し歩いたら、なんと、出入り口の階段前の、ものすごい人ごみ!!これ…大丈夫かしら?shinkoさんに会えるかな。「階段の下あたり」としか打ち合わせなかったし。
開演が12時55分だったので、12時20分頃に、階段の下でと。
でも、私が、行列にくっついていったら、見慣れた後姿があった。心配することなかった。さすがshinkoさん、先に来ていた。「お待たせ~」と。それでも時間の5分ほど前だったが。
さあこれで大丈夫。でも…別な心配が。会場前のすごい行列。並ぶしかないけど…これ、開演前に、入れるんだろうか?
shinkoさんと一緒に、並ぶ。チケットをもぎるのに時間がかかっているらしい。まあ、この大勢だものね。
でも、すいすい進んで、中に入れた。席を探そうとしたが…その前に。「トイレ先に行っておく?」と。
予想していたことだけど、トイレはすごい行列だった。shinkoさんが「席に先に行く?トイレ先に行く?」と聞くので「あとになればなるほどもっと並ぶだろうから、先行こう」と私が。これは私の読みがあたった。私たちが並んだあと、時間がたつにつれ、どんどん行列が長くなったし。みんな考えること同じだなあ。
それで、席についたのは、開演の10分ほどまえだったかな?とりあえず、準備OK。
席はせまかった。ストールを敷こうと思ったけど、とりあえずそんなに寒くないので、寒かったら出そうと思った。カメラバッグは椅子の下に封印。双眼鏡を首にかけた。これで、もう、ばっちり。
さて、やっと、観戦準備がととのった。あとははじまるのを待つばかり。

というわけで、開演までのお話でした。
今日はここまで~。
1ぽちして下さったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| くらげちゃんが行く♪ | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんだこれは

えーと本編の前に…
日常をちょこっとだけ。
洗濯用の水を汲んでいて、左手でバケツをさげてもとうとしたら、肩がはずれたような感じになって、そのあと痛いのなんの。まさか脱臼したわけではなさそうだけど←そんなんだったら今これ書けない(笑)。バケツが片手で持てないなんて。で、右手にバケツをもたせた。
そのあとも、本を数冊持つだけでも痛い。ドアを閉めるだけでも痛い。どうしたんだろ?
まあ、関節を傷めたんでしょうね。この2週間ほど、力仕事をしていて、重い荷物を移動させたり運んだり、というようなことばかりしていたので。
普通にしてたらそんなに痛くはないんだけど、だからすぐ忘れてしまうので、注意しないと。
私の場合、あみぐるみ作りや編み物など、繊細な作業は利き手の右手で、左は主に力仕事を担当しているので、ものをもつとか動かすとかは無意識で左を使ってしまう。動かさないほうがいいので、用心しないと。

文字をうつには全然痛くないので、これを書いてるわけだけど。
あまり長時間やらないようにしよう。

というわけで。
スケート編は、あとでゆっくり書きます。
1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| やってしまった… | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアを見に行く ~準備編

「菜々さん、NHK杯、見に行かない?」

あみ友達でフィギュア友達のshinkoさんからそんなメールをもらったのは、9月も前半のことだった。
え?今年、札幌開催?←知らなかった(笑)。
で、彼女が知らせてくれた詳細を見てみることに。
確かに札幌開催で、しかも、出場予定選手が、

浅田真央さん
鈴木明子さん
高橋大輔さん
小塚崇彦さん

うわー、好きな人ばっかり!!
外国の選手も、好きな選手が何人か。行きたい、と思った。しかし、いくらすんだ?と、お値段を見て、がくっときた。

「アリーナ席 12000円」!!!

うわ、そんなにするのか。6千円ぐらいだと思っていた。そして、「SS席10000円 S席8000円」うーん…それでもけっこう高いな。無理…と、そのときは思った。けど。
好きな選手が現役で活躍しているのを見る機会なんて、滅多にない。次回札幌開催の時、みんな引退しちゃってるかもしれない(おいおい)。これって、一生の思い出かも…ならば、多少高くても、見に行ったほうがいいのでは。
2004年に、母と、姉と、宝塚公演を見に行った。このときは、自腹じゃなかったんだけど、でも、ほんとに宝塚大劇場に行って、見てきた。あの感動は忘れられない。あれも一生の思い出になった。だからこれも…。
5分ぐらいは迷ったが、shinkoさんに「行きたい」とお返事をした。
shinkoさんにチケットの手配などをお願いすることに。3日間のうち、どれがいい?ということなので、「もちろん、女子フリーと、男子ショートのある、二日目」と。それなら男子も女子も見られる。そう思ったから。shinkoさんとも希望が一致したので、その日になった。
抽選ということで、その時不安がよぎった。私は、抽選にあたったためしがない。はずれたら私のせいかも(笑)。なんていってたら…はずれた。やっぱり、すごい人気なんだろうな。みんな行きたいんだろうな。しかたない。と、その時はあきらめた。
夫が「近くになればキャンセルとかでたり、追加発売あるんじゃない?」と、言ったけど、それも希望者多数でダメだろう。なんて思ってた。

ところが。
先々週だったかな。日付確かめればいいんだけど、まあ省略(ごめんなさい)。
shinkoさんからメールをもらった。携帯に。
「追加発売があって、とれたよ。3日目の男子フリーとエキシビションだけど、行ける?」もちろん!!
いや、正直、女子が見たかったので、最終日は女子はエキシビションに出る人以外見られないなあとちょっと残念だったんだけど、でも、真央ちゃんも、鈴木明子さんも、エキシビション、出てくれる…よねえ。順位が上だったら。下位のほうだとしても、自国の選手が出るだろう。と、思った。
それに、男子フリーか。大好きな高橋大輔くんに、小塚くんが見られる。それと、私の好きな、チェコのトマシュ・ベルネル選手もいる←何年も前からのファンなので。
なにより。生でフィギュアスケートを見られる。やったー!!

抽選ではずれてあきらめてから、母と銭湯でこの話をした。「行きたかったな。残念だわ、もうこんな機会ないかもしれないのに。でもしかたないよね」と。
そんなふうに、こぼしてたら、かなっちゃった(笑)これも、追加発売があるとわかって、申し込んでくれたshinkoさんのおかげだわ。感謝、感謝(^人^)。

で、それが決まったのは、NHK杯の2週間前だったか3週間前だったか…あわてて準備。
まず、大会ホームページの「観戦ガイド」を読む。服装は?飲食は?などなど。
S席だというので、見えづらいかもしれないからと、オペラグラスか双眼鏡を用意しなくては。
あと、当然のことながら、撮影は禁止。カメラは、行きと帰りの、会場以外でなにか撮りたいものがあるかもしれないので、持参はするけど、会場の中では絶対ださない。と、決めた。
服装は…どうなのかな?実際に会場で見たことないし…。

とりあえず、オペラグラスを百円ショップで探したけど、なんか、学童用なのか、かえって見えづらい。と、夫に「探すの手伝って」と言ったら「お父さんが、小さい双眼鏡、もってただろ」と。え、そうだったか。←知らなかった(笑)。それで父にメールで聞くと「大きいのと小さいのと両方ある どっちがいい?」と。小さいほう!!持ち歩くし、荷物になるから。
それで父に借りた。貸してくれるとき「よく覚えてるよなあ(夫が)」と感心していた(笑)。

ほかの準備は…と、会場の住所と、交通機関をさがす。地下鉄南北線で真駒内でおりて、バスが出ている。じょうてつバスで5分程度。4つしか乗らないみたい。それを夫に言うと「歩いた方がいいんじゃない?バス本数少ないだろ」それはそうだけど。夫が調べたら「徒歩25分だってよ」と。寒空のした、25分も歩けというのか(笑)。いや、私は、歩くのは苦にならないけど、冬だし、それに、ちゃんとたどりつけるか心配。方向音痴なのだ。夫が「真駒内アイスアリーナがわからんわけないだろう」と。「それ昔の名称で、今は、セキスイハイムアイスアリーナだよ」と訂正すると「そのへんの人つかまえて聞け。真駒内アイスアリーナで全然通じる」と。
まあ、その日は、観戦の人が大勢いるだろう。ついていけばわかるだろう。

shinkoさんとは、入り口の階段の下で待ち合わせることになった。

で、NHK杯当日。
一日目は、生放送をテレビ観戦しながら、今回は、客席も真剣に見る。どんなカッコの人が多いのか。
見たら、真冬のコートとか、マフラーとか、手袋している人もいる。まあ、普通に考えれば、氷がとけない環境だものね。選手のみなさんは薄着で、女子の衣裳によっては、下着に近いような状態で滑っている人もいるので、それを見ると「そんなに寒くないのかな」という気がしてしまうわけだけど、みなさんは、全力疾走に近い形で運動しているんだものね。冬だと思って行ったほうがいいらしい。
で、shinkoさんに、服装についてメールすると「今日と明日行ってるお友達に聞いてみるね」ほんとに彼女は頼りになる。いや、今回、おんぶにだっこで、全部お世話になってしまった。ありがとう~!
で、まあ、「座席が寒いかもしれないから、椅子に敷く物をもっていったほうがいいかもしれない」と。あとは、冬用コートで大丈夫そうかな。
それでまあ、私は、今年まだ着ていない、冬のコートを出した。念のため、大判ストールと、使い捨てカイロもふたついれた。ふたつは、shinkoさんのぶんも。
で、準備OK。チケットはshinkoさんがもってきてくれるし。

と、準備だけしているように書いているけど、この時、私は、違う準備もしなくてはならなかったので、大変でした。私事でちょっと、いろいろ支度があって…まあそれも、無事、日曜に終わったんだけど。
なので、NHK杯最終日は、多少、ヨレヨレになりながら、会場へ行ったんだけど…でも。
会場で、期待を裏切らない、素晴らしい滑りを見られたので、もう、疲れもふっとんだ。でもそれは、またあとで書くお話。

とりあえず、スケート観戦の準備のお話でした。

本番編はまたあとでゆっくり書きます。
1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| くらげちゃんが行く♪ | 16:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきました!!

ここに。
ice15-1.jpg
真駒内セキスイハイムアリーナ…だね?今の名称は。ああもう、「真駒内アイスアリーナ」でいいじゃん。
そう、今日の、「NHK杯 男子フリー&エキシビション」見てきました!!この目で。
もう、感動でした…しばらく、私、おかしいかも(笑)。
今書くと、舞い上がった文章になりそうだし、疲れてもいるので、ひとばん冷ましてからゆっくりと…。

ではでは、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 趣味 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子シングル終わった~

今日もNHK杯。テレビにかじりついて見た。
録画予約の意味なし(笑)。

女子シングルについてはもう報道されまくってるからなあ。ネタバレしちゃってもいいよね~。一応、折りたたもう。読みたい方だけ読んでね。

≫ Read More

| 趣味 | 23:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からNHK杯

今日は早めに書いちゃおう。
今日からフィギュアスケートのグランプリシリーズのNHK杯がある。しかも場所は札幌!!
さてさて、今季初登場の浅田真央ちゃん、どうかな~?
10月だったかな?ジャパンオープンには出場していなかったし。
だから今シーズン初めて。
大好きな真央ちゃん、頑張ってね~。

今回は女子シングルの方が、男子よりも先なんだ。めずらしい。
いつも、女子シングルの方があとなのに。
今回のNHK杯、好きな選手いっぱい出てる。
女子は鈴木明子さん。男子は高橋大輔くん。小塚くんも来ている。対決が楽しみ。
この三人は、ジャパンオープンで見ている。なんだか、男子二人はジャパンオープンでは不完全燃焼な感じだったけど、鈴木明子さんはよかったなあ。今季のフリープログラム「こうもり」だっけ?タイトルだけではわからなかったけど、曲聴いたら「ああ、知ってる」と思った。とても明るく華やかで、滑っていても楽しそうだし、それに。鈴木さんの良さがとっても出ているプログラムだと思う。鈴木さんは、客席と一体になって滑ることができる人だと思う。人の心をつかむ能力があるというか…言うのが難しいけど。去年だったかな?滑っている時あまり調子がよくなくて、ハラハラしたんだけど、ステップの時に、客席から、「ガンバレ」みたいな手拍子が起こって、それを聴きながら、どんどん滑りがよくなって、表情も明るくなって…お客様のエールが届いたみたいだった。その時私は、応援の力ってあるんだなあと思った。スポーツって、たたかうのは選手だけで、見ている側はなにもできないって気がしてしまうけど、それでも、応援するって、大事だなと。
明日の女子フリー、楽しみだな。鈴木さんはカナダ大会で二位。明日の結果でファイナルが決まる…わけではないかな?決まっているのはイタリアのコストナー選手だけかな。一位なら決まりなんだろうけど、真央ちゃんもいるわけだし。
そう、真央ちゃん、頑張ってほしいな~。去年から不調で、見る機会が減ってしまって残念だけど、いつだって、応援してるよ~。

と、いうわけで、今日はもうパソコンには座らないようにしようっと(笑)。
↑なんのことかというと…フィギュアスケートの時期私はとっても苦労するのです。
フィギュアの結果が、スケートの放映よりも先に、テレビのスポーツニュースとかで速報で流れたりすると…怒りがわきあがる。「ちゃんとフィギュアスケートの録画してるんだから結果だけ見せないで~」と。まあでも、報道ってそういうことだから…いつも見るチャンネルのニュース番組の、スポーツの時間になったりすると、チャンネルかえるとか、録画した番組を見るとか…テレビもそうしてるんだけど、それよりも難敵が。パソコン。
うっかりトピックスの見出しに「○○選手、二位発進」とか「ショート6位」とか…見たくもないのに目に入ってしまう。あれ、なんとかならないものだろうか。私は、フィギュア番組はほぼ確実に録画するし、しながら見る(笑)。注目選手が、たとえば「4位」とか、結果だけ先に知らされてしまうと「え?なんでそうなった?」となる。見ていれば、どうして順位がそうなったとかわかるし納得するけれど…そういうのとばして、結果だけ先に知らされるのって、イヤ。せめて見出しは「フィギュアスケートの結果」だけにとどめて、見たい人がクリックすれば見られるシステムにしてくれないかなあ。
ま、私みたいな人は少数派で、見る時間のない人で結果だけ知りたい人もいっぱいいるから、そういう書き方になってしまうんだろうと思う。
なので最近は、トップページを開かずネットにつなげるとか(メール画面で、ショッピングのメルマガの商品ページに飛ぶとか)トップを開く時にトピックスの欄だけ紙でかくすとか(笑)苦労するのである。
家族は、私のそういう性格を知っているので、報道で先に知っていても、決して口にしないんだけど(笑)。ひどい時なんて夫からのメールで「フィギュアの結果ネットで見た」まで読んで、そこでメール画面消しちゃった(笑)。夫は「見たから知っている」と書いただけで誰が何位とかは書いていなかったけど、それを確かめたのは私がフィギュアスケートを見終わってからだった。夫はイタズラ好きなので、フィギュアに限らずたまにこういうネタバレをしたがるんだけど、私が本気で怒るので、最近はしなくなった。
この前もお友だちのshinkoさんから「フィギュア」のタイトルのメールが携帯に来たので、タイトルだけ見て、本文はフィギュアの観戦のあとに読んだ←ごめんね。あ、その時の用件は、フィギュアの結果のことではなかったので見ても大丈夫だったんだけど。shinkoさんもこのことは知っているので、フィギュアの観戦前のネタバレはしないようにしてくれている。どうもすいません(笑)。

なので今日は早々とパソコン消しちゃおう。
ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| 趣味 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の風景

全然写真を撮りにいけなくて、欲求不満気味。
蔵出し写真でも…
hokudai15-89.jpg
これは二年前に北大の構内で写した写真。
例によって、イチョウ並木を撮りに行ったんだった。
これは…魚眼つけてるなあ。向こうがゆがんでるもの。
この頃、フィッシュアイレンズなんて、どう使うかもわからないで、とりあえずつけていったんだっけ。今もあんまり変わらないけど…魚眼レンズ、使いこなせない。でも、この写真は大好き。いい感じだもの。
落ち葉と縁石と木と自転車の関係がいいなあ。でも、これ、当時の私はお気に召さなかったんだろうか…忘れ去られていた写真の一枚。今見直したら「いいじゃん~」なのに。
当時、一眼レフを持ってから、壁にぶち当たっていたっけなあ。同じような撮り方しかできない。同じような写真ばかり。それがいやで、どうしたら、違うふうに撮れるのか。そんなのを模索しながら撮っていた。魚眼でこういうふうに撮っているのも、その、模索のひとつ。涙ぐましいなあ、われながら。
hokudai15-90.jpg
落ち葉をテーマにも撮り続けているけれど、難しいんだな。未だに「これ!!」というのが撮れない。
悪くはないんだけど…大好きにもなれない。
いつ撮れるのかなあ、そういう一枚。

そして。
hokudai15-91.jpg
これは、おわかりでしょうか?たぶん、最初の一枚の、反対側から撮ったもの…だと思う(笑)。二年前だと記憶が曖昧。
いつも、撮りたい対象に、ぐーーーっと近づいて、接写ばかりしていたので、それをなんとかしたくて、広い範囲を撮ろうと、自分なりに手探りで撮っていたもの…なんだろうな。
今は、この頃よりも、いくらか、観賞にたえる写真を撮るようになったとは思うんだけど…気持ちはこの時のまんまかなあ。
一生、このままかなあ(笑)。

ではでは。
1ぽちしてくださったら嬉しいです。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

| 菜々フォト | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくりしたい…

ちょっと私事でばたばたしていて。多忙でややばてております。
前に撮った写真だけど。
sky15-61.jpg
かわいい雲がいっぱいだった。
この時は、カメラを持っていなかったけど、家に取りに帰って撮った。これ、ひつじ雲?

そしてもう一枚。
sky15-59.jpg
これは先週金曜の、ひこうき雲を見たあとに、山のむこうがオレンジ色になっていたので。

…なんだか、これでは、山火事写真のようになってしまったかな。

sky15-60.jpg
この方が優しくていいかな。

北大の構内で日がな一日イチョウを撮ったり、動物園でレッサーパンダばかり撮っていたころが懐かしいなあ。
ではでは、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 22:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこへ行くのかな

今日も朝からずっと色々やっていて、少々疲れ気味。
しかし、どうしても、夕方までにしなければならない用事があって、外出。
もちろん、カメラも持参。

帰りは、いつもと違う道を行った。
面白い雲ないかな。そんなふうに、空を眺めていたら。
sky15-50.jpg
あ、ひこうき雲!
あわててシャッターを切る。望遠も、持ってるんだけど、今はつけかえてる余裕ない!!
sky15-51.jpg
雲をつきぬけてるように見える。
sky15-52.jpg
みるみるうちに上がる。すごいな~。
sky15-53.jpg
ズームじゃあんまり近寄れない。なんの飛行機だかわからないなあ。
sky15-54.jpg
四本出てる?

このあとも、しばらくそのへんの雲を撮ってたら。またあがった!今度は望遠につけかえる。
丘珠からきてるんだな。
sky15-55.jpg
こんなくっきりしたひこうき雲、撮るの初めて。
sky15-56.jpg
かっこい~!
sky15-57.jpg
南西の方角へ…
sky15-58.jpg
どこへ行くのかな~。

今日も空が撮れたなあ(^^)。
さて、息抜きおわり。まだまだ、頑張らないと…。
1ぽちではげましてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北大と大丸と…

今日は早起きして、ここに行って来た。
hokudai15-85.jpg
今年、いったい何回目の北大でしょう(笑)。
だってイチョウが見頃だって新聞に載ってたし…それに、今日は、札幌駅前に用事があった。
hokudai15-86.jpg
横断歩道もいれてみた。
今日は歩行者天国ではなかったので、ゲートにいるおじさんがしょっちゅう叫んでいた「車が来ますので道に出ないでください」と。人が大勢なので大変だ。

他にもいっぱい撮った。しかし、例によって、疲れているので、また今度。

で、大丸に移動。母と約束していた。
daimaru15-1.jpg
「与勇輝展」へ。
母が与勇輝さんの人形が好きで、展示会にいつも行く。私も、人形美術に興味があるので、一緒に行くことにした。何回か見ているけど、いつ見ても、その造形の完璧さ、緻密な作業、やわらかい表情に、ただただ脱帽。
いつも感動するのは足の指(笑)こんな所にまで神経が行き届いている。これ、靴を履いている人形も、靴を脱いだらちゃんと指あるんだろうなあ。人形はすべてガラスケースの向こうで、向きをかえることはできないけど、人形によっては壁側に鏡があって、反対側も見ることができる。360度どこから見ても、まったくの手抜きなし。神業だ。と、いつも思う。
こんな素晴らしい手仕事を見てしまうと、自分のやってることがものすごくおおざっぱに思えてきてしまう(笑)。

人形たちに感動したあとは…
daimaru15-2.jpg
8階に移動して、ランチ。なぜかブレてしまった。暗かったからなあ。
私のは、オムライス ハヤシソース。
daimaru15-3.jpg
母はカルボナーラ。
すごいボリュームで、母のほうはわからないけど、私は、夜の8時までおなかがすかなかった(笑)。母は体が小さいので、母も晩まで何もいらなかっただろうなあ(笑)。
ゴチソウサマでした~。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| きょうのできごと | 21:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“すてきな空をもっている…”

毎日やることが多くて、手作りができない。
だけど、写真を撮る時間だけは確保。だって、
sky15-43.jpg
出かけている時の雲がとっても素敵だったので。
立ち止まっては何回も撮った。
sky15-44.jpg
秋はほんとに被写体に困らない(笑)。
もう11月は、北海道では、冬といってもいいぐらいだけど、今日はあたたかいし。
雲がどんどん変わる。見ていて飽きない。
sky15-45.jpg
空だけだとなんだか変化がないので、電柱とか街灯をいれてみた。
sky15-46.jpg
雲っていいな…

そうそう、タイトルは。「ピーナッツ」からの引用です。
図書館で借りた本に、それが載っていた。

「誰だって ちょっと落ちこぼれ スヌーピーたちに学ぶ知恵」   

という本。臨床心理学者の河合隼雄さんと、「ピーナッツ」の訳者谷川俊太郎さんの共著。対談がほとんどなんだけど、その対談のテーマになっている漫画も掲載されている。
その最後の方の漫画だった。訳はもちろん谷川俊太郎さん。

239pの漫画で、スヌーピーの赤い(ここでは白黒だけど)屋根の上でスヌーピーとウッドストックが話している。ウッドストックの台詞はてんてんだけなのでわからない。スヌーピーがウッドストックに「ほんとかい?そりゃありがとう…ほんとにきれいだね?」と言って。そしてウッドストックが飛び立ったあとに、スヌーピーが最初のコマの台詞を通訳してくれた。

「ぼくは すてきな空をもってるって」

…ほおっ、と思った。ほんとに詩みたい。
だから谷川さんの訳って大好き。

すてきな空をもっている、か…

今日のはまさしく「すてきな空」ばっかりだった。
sky15-47.jpg
「素敵な雲」って言うべきなのかもしれないけど、雲も空の一部だから。
sky15-48.jpg
こんなに素敵な空をいっぱい見せてくれてありがとう。

明日はどんな空かな…

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| 菜々フォト | 18:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

願えば叶う…のかな?

カテゴリをどうしようか悩んだけど…。

先週に、ささやかに、お誕生会をした。
cake15-2.jpg
母の誕生日。ほんとは11月生まれなので、すごい前倒しでやったんだけど、まわりの都合を聞いてたら、その日程になったので。
このケーキは、父が用意したものなので、プレートの名前が呼び捨て(笑)。
私たちは、父が買っているとは知らずに、
cake15-3.jpg
「ろまん亭」のケーキを購入していた。その日、滝野に、赤いホウキグサを撮りに行った帰りに「そういえば南区にろまん亭があった」と。有名なお店なんだけど、一度も食べたことがなかったので、お祝いにかこつけて、自分が食べたいものを買ったのさ(笑)。
cake15-4.jpg
シュークリームがおいしかった。
生モンブランも、ザッハトルテも美味しかった。二日続けて、ケーキ…(笑)。

…その土日は、いろいろ忙しかった。
撮りたい写真を撮りに行き、誕生日祝いをして、楽しかったんだけど、ちょっと気持ちは…落ち込んでいたので。
「なんで!?」と言いたくなるようなことがあった。書かなくてごめんなさい。
とにかく、しばらくは、気落ちして過ごすことになると思った。
でも。
そのほかに。手に入りそうもないと、諦めかけていたものが、手に入りそうだということで。
あれ~?運がいいのか、そうでもないのか、わからなくなった。
でも、とにかく、諦めていた方は、叶いそう。
うーん、やっぱり、願えば叶うんだろうか。
嘆いてばかりいないで、どんどん願ってみようかな。…と、思えたのだった。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


| なんでやねん | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月