くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

≫ EDIT

素敵なガラスびん

「大阪の夏は暑いです。日本の夏はどこでも暑い、と言われるかもしれませんけど、きっぱり言わせてもらいますわ。ほんま冗談ぬきに、体がとろけてしまいそうなほど、暑い!熱い!アツイ!!」

文春文庫「小林カツ代の『おいしい大阪』」より。
カツ代さんの、おいしいものに関するエッセイ本です。

いや~、カツ代さんのこの言葉はホントウでした。
いえ、知ってました。2008年にも、7月に、大阪に行ったことありましたから…その時にも、私が滞在した二週間ほどで、真夏日でない日がなければ(うち数日は猛暑日)、熱帯夜でない夜もなかったという…。
今回もそうでした。18日間、大阪にいましたが、すべて真夏日、うち数日は猛暑日。毎晩熱帯夜。嬉しくない(笑)。

で、唐突に小林カツ代さんの文章をお借りしたのは…。
この一文の書いてある部分が「氷西瓜、冷やし西瓜とちがいます」という題名でした。
氷西瓜って?まあ想像はつくけど。で、その想像どおり、かき氷に角切りの西瓜をいれたものです。それに、シロップをかけていただくそうな。
大阪では食べる機会がなくて、札幌に帰ってから、家でやってみました。
potion1-3.jpg
こんな感じでしょうかね。なにしろ、正解を知らないので。
キンキンに冷えて、シロップもかけるので、西瓜がそれほど甘くなくても、美味しいです。

小林カツ代さんの書かれていたのは、千日前の純喫茶「アメリカン」の氷西瓜というメニューでした。
「アメリカン」よく行ったな~。ホットケーキを食べに。世の「パンケーキ」がどれほど進化しようとも、私には、ここの「ホットケーキ」が、日本一なのです。
ただ、このお店、喫煙OKなんですよね…それがちょっと。煙草の煙が苦手なので、できれば、分煙にしていただきたいんですけど…。それ言ったら、同じく「丸福珈琲店」も、本店は喫煙可で、お店にはいると、空気が白くなってるように見える。まあ、今でこそ、スタバみたいに最初から「全面禁煙」のお店があって、分煙のお店も増えているけど、昔は、珈琲に煙草はつきもの、という感じで、どこの喫茶店でも、煙草の煙が漂ってましたっけ。珈琲は飲みたいけど煙草の煙は吸いたくない、という私みたいな人間には、ありがたい世の中になってきているけど、それでも、大阪は、喫煙可のお店が多いような気がします。

だからというわけではないんだけど、今回は「アメリカン」行きませんでした。氷西瓜だけでも、食べにいけばよかったかな~。

ついでに。今回大阪滞在時に、私がずいぶん食べたのが、「センダン」というメーカーの、白みつのかき氷(容器入りの)。
ただのかき氷が好きで、今は、みぞれっていうのかな?透明なシロップだけの、シンプルなものが一番好き。昔はかき氷というとイチゴでした(夫はメロンだっていうけど)。それが最近では、透明になって。
大阪では宿にかき氷機がなかったもんだから、買ってましたが、食べながら「これって家でもできるなあ…」と。
で、みぞれのシロップをお店でさがしたら、高い。シロップだけなら砂糖と水でできると思って、自作した。
そのシロップを、最初、あいたペットボトルにいれていたが、なんだか、可愛くないなあ、と思った。
そこで、戸棚を探したら。こんなイイものが!
potion1-1.jpg
なんだか「薬の瓶」にも見えそうですが(笑)。
これは、だいぶん昔に買った「ポーション」の瓶。
ポーションとは、ご存知と思いますが、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズで、回復できる謎の液体(笑)。ゲームでは、素敵な瓶に入っている。その瓶入りポーションを作ったのが、サントリーだったかな?
当事このポーションの瓶は、箱入りで、中身が見えないようになっていて、今で言う食玩みたいな感じで売られていた。私が買ったのは、中でもわりと素敵な蓋がついていた。
ちなみにこの蓋、かぶさっているだけで、はずせる。はずすと中身は、
potion1-2.jpg
スクリューキャップの瓶として使えるようになっている。中身の「ポーション」を飲んだあとに、再利用しようと、とっておいたけど、中になにを入れるでもなく。
これにシロップいれちゃおう。
これ、注ぎにくいんだけど、それでも、私には、綺麗な瓶から注ぐほうが嬉しいので。

これで家でかき氷を食べている。ガリガリくん買わなくなったなあ(すいません…)。
あ、そういえば、赤城乳業の「赤城しぐれ」の、白、あれ、出してくれないかなあ。北海道で。
以前、東京に旅行したときに、その時も夏で、暑くて暑くて。その時に、夫がコンビニで買ってくれた、「赤城しぐれ」。最初見た時は「なんだ、白か」と思った。色のついてないやつだったから。でもそれが、食べたら、砂糖だけでない、なにか、乳酸飲料っぽいような味も少し入っているような、不思議な味に、いっぺんで「これ好き!」と思った。そのあと、同じ赤城しぐれの赤とかも食べてみたが、白が一番おいしかった。私が今、白いみつのかき氷にはまったのが、これだった。
以来、どこのスーパーでも、コンビニでも、アイスを見かけるたびに「赤城しぐれ」探しているんだけど、札幌と、大阪では、残念ながら、見たことない…。「ガリガリくん」はどこにでもあるのに。札幌でも「赤城しぐれ」売ってくれないかな~。

思わぬ話になってしまった。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン










スポンサーサイト

| これはイイものだ | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月