くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くらげの旅 その2~お茶とお酒と夜景編

今度から、サブタイトルを入れることにした…。
えーと、日にちが逆行しますが、これは、11月24日のことです。というわけで~、巻き戻し~(笑)。

11月24日。
この日は3連休の中日だけど、一応、暦の上では普通の土曜日。
夫と、綿密な計画をたてていた。夫は平日は仕事なので、この3連休と、次の土日しか、一緒に観光できない。ので、3連休に、いろいろ詰め込んでいた。
3連休とはいえフツウの土曜日ということで、今日しか行けない場所へ。

大阪の、堂島にある「ムジカ」。
今回、大阪行きが決まった時、「行きたい所は…」と思い浮かべると、まずここが浮かんだ。
10年以上前に、紅茶にはまっていた時期があって、その時に、大阪にある老舗の紅茶店ということで、ここのお店の名前をしょっちゅう聞いた。ホームページもないらしいし、通販もしてないみたいなので(地方発送はしてるのかな…?)行くしかないのかなと思っていた。でも、大阪なんて、知り合いいないし。おそらく行くことはないだろうと思ってた。
それが今回行くことに。まったく、先のことなんて、わからない。

で、ムジカを調べてみると。日祝はお休みとあった。昨日の23日は休み。そして、25日も、日曜だから休み。となると。土曜しか、行く日はない。次の土日はどうなるかわからないから、行きたい所はこの3連休で行っておく必要があった。
札幌で、行く準備をしていて、ムジカの住所を調べて、夫に「ドージマってどのへん?」と聞くと「梅田から歩いていけるよ」と。よしっ!!

というわけで。梅田まで行ったあと、歩き。夫も私も行ったことなくて、住所だけを頼りに。
地下からも行けたんだろうけど、梅田の地下なんて、初めての人間にはわかりにくいし。夫も「おまえさんは地上から行った方がいいだろう」と。
お天気もよくあたたかく、歩くのにいい日だったし。
それにしても。高い建物が多いなあ。見上げながら歩いていて20分近く、やっと、「ムジカ」の入ってるビルを発見。
エレベーターでお店へ。あああっ、来たかったよ、10年以上も前から!
…と、感極まる前に。まず目を奪われたのは…紅茶の缶。
茶葉売り場に着く前に、倉庫みたいなところがあって、そこに、紅茶の缶、缶、缶!!もちろん缶好きの私、その場にかたまりそうだったので「早く行かないと午後から京都だよ」と夫にせかされる。無粋な真似を(笑)とはいえ、夫の言う通り。予定がぎゅうづめ。
紅茶が飲める方のスペースへ。
メニューを見て、悩む。スコーンや、ケーキが一緒になったセットもあったけど、それは、紅茶の種類が限られていた。飲みたい紅茶との組み合わせはできないようなので、泣く泣く、紅茶のみで頼む。私は「ピーククオリティヌワラエリア」を。夫は「カーカスウォード(ディンブラ)」を。

紅茶が来るまで。ここでも私は忙しかった。ティールームの、壁面にびっしりの、紅茶の缶、木箱、紙パッケージ!!輸入ものから国内のものまで、ありとあらゆる紅茶の箱を集めたような感じ。壮観だった。いっぱいあって、見ていて飽きなかった。夫は「家でも見かけたようなのがいっぱいあるのはナゼ?」……ぎくぎくっ(笑)。缶目当てにいろいろ紅茶買ったこともあったしなあ(笑)。
やっと紅茶が来た。
tabi3-18.jpg

私の頼んだ「ヌワラエリア」は、セイロンの中でも特に渋みの強い茶葉。水色もオレンジ色。
私は、渋い、口の中がきゅーっとなるような紅茶が大好きなのだ。セイロンでないけど、ダージリンも大好き~。
反対に、夫は、あまり渋みの強いお茶は苦手。私の好きなダージリンも渋いっていうので、ダージリンは私が一人占め(笑)。夫の頼んだ「ディンブラ」は、渋みが少なくまろやかで飲みやすい。私のヌワラエリアも味見して「青くさっ」と。いいではないか(笑)。
それにしても。
tabi3-20.jpg

ティーコジーが可愛かったなあ。ぞうさん模様。一目ぼれしてしまった。
お茶を楽しんだあと、茶葉販売の方で悩みに悩んだ。高かったんだもの…このコジー。でも、買わずにいられなくて…時間をかけて、たくさんあったのを全部見て、一番、好きな色のを選んだ。茶葉も、1袋だけ(「だけ」ってあたりが笑)。大好きなインドの紅茶ダージリンの、秋茶を。秋茶はまろやかで飲みやすくて大好きなので、これにした。
名残惜しかったけど、ムジカをあとにする。また来たいな~、今度は、アフタヌーンティーセットにしたいなあ。

…で、昼からは、京都に移動。
tabi3-21.jpg

堂島から梅田に戻る時、地下を歩いて、格安チケットを買っておいた。
京都まで、30分ぐらいだったかな?あれ、もっとだったかな…。まあそのへんはいいとして。
tabi3-22.jpg

京都駅。
tabi3-23.jpg

京都タワー(笑)。

駅の近くにあるバスターミナルを見て、ぎょえ~と思った。バス乗り場の大行列!!そりゃ確かに、京都って、市バスが、500円で乗り放題の券があるんだけどさ~(3年前にそれ使ったので)。秋の紅葉の時期の京都は、バスなんか乗れないっていうけど…本当だわ。
3年前、母と姉と3人で旅行したことがある。その時は4月で桜も終わってたから、比較的ゆったり観光できたけど…今回は。

とりあえず、地下鉄で、祇園へ。
観光がてら、姉に頼まれたことを実行しに。
3年前に、姉がどうしても「一澤帆布の鞄買いたい」って主張して、行ったことがある。その時はまだ「お家騒動」の前で、お店も一軒しかなかったけど…その旅行のあとで、兄弟で分裂したとかどうとかで。ミーハーな姉が「本当に向かいにお店があるのか、どっちにどのくらいお客が入っているのか、いくことがあったらついでに見てきて」と。
どうせ八坂神社に行くつもりだったから、覗いてみた。
tabi3-25.jpg

こちらは弟さんの方のお店?…なるほど、行列してるわ。それも、
tabi3-27.jpg

ちょっと離れた道路まで(笑)。こりゃ入れんわ。
道路のこっち側にある、もとからあった一澤帆布を見ると、
tabi3-26.jpg

お店の前はそれほどでもなかったけど、警備員のおっちゃんに「中はいっぱいだから、入場制限してるから、並んで待ってて」と言われて、馬鹿らしくなったので入らずその場をあとにする。この勝負…たぶん、弟さんの方に軍配が…まあ、長めのコメントは避けよう(笑)。
姉には写真を送ってやった。笑ってた(笑)。

で、そのあと、その近くの「知恩院」へ。ここは入るのにお金がかかるから、
tabi3-24.jpg

門の前で写真だけ(笑)。3年前も入らなかったし(笑)。3年前は、金閣寺に竜安寺行ったっけ。

そして、八坂神社へ。
tabi3-28.jpg

ここも人でいっぱい。3連休の真ん中だからか、紅葉の時期だからか、それとも京都っていつもこんな感じなのか。
tabi3-29.jpg

堤燈がたくさん。
tabi3-30.jpg

中で結婚式もやってた。
おみくじもひいてみた。
tabi3-31.jpg

二人とも「吉」だった。最近、二人とも、あんまりいいことなかったんで「凶」でも出るかと思ったけど…私のおみくじには「精進すればかなう」とか「努力すれば実を結ぶ」みたいなことばかり。有難いじゃないか。努力すればかなうのなら(笑)。どっちかっていうと、努力してもかなわないことが多いんだから…いいことだ。夫の方にも、同じことが。それぞれに、頑張らないとダメなんだな~…頑張ろう。

tabi3-32.jpg

絵馬もいっぱい。願い事が多くて神様も大変だ(笑)。中には「タイガースを優勝させて下さい」というのも…さすがにここは大阪だな(笑)。あ、違う、京都だった(笑)。

そのあと、祇園を、地下鉄駅めざして歩く。祇園の両側、人だらけ~。歩くのも大変。人気のお店なんて、鞄やさんと同じで、はいれやしない(笑)。
tabi3-33.jpg

あるお店の前にいた「看板猫」。おとなしくて、人に触られても動じない。猫好きの夫は喜んでいた。他にもいっぱい、猫を触りたい人が(笑)まさに招き猫。

そのあと、伏見へ移動。
今回、父と母に、すごいお餞別を戴いちゃったので…せめてお礼ということで、京都の伏見か神戸の灘で、お酒を買おうということになっていた。
夫がインターネットで、試飲できるお店を探しておいてくれた。地下鉄で移動してから、そのお店のあるアーケード街を目指して歩くと、
tabi3-34.jpg

でっかいタンクが!!「この中は日本酒でいっぱいなのか~」と私が言うと「違うんじゃない?」と夫。あ、そうか。地図を見たらここは「Takara」の工場だ。ということは、あの中は、焼酎でいっぱいなのかな(笑)。


途中、公園みたいなところで一休み。地下鉄駅で売っていた「みたらしだんご」を食べる。
tabi3-35.jpg

で、そこの公園で。なにやら黄色い実が。
tabi3-36.jpg

「なんだろ」と夫。これも北海道では見ない実だ。私は「カリンじゃないのかな?」と。
カリンでしょうか、皆様(笑)。
tabi3-37.jpg


で、歩いて、到着。
tabi3-40.jpg

このアーケード街に、日本酒のお店がある。
試飲も、お金かかるけど、やっぱり飲んでみないとね、ということで…。
tabi3-38.jpg

一人3種類ということで、合計6種類を試飲。水みたいなのあり、木っぽい香のするのあり。
tabi3-39.jpg

でも二人とも、試飲の結果「これ!!」と言ったお酒にした。ちなみに、そのお店で、一番かどうか知らないけど、高いお酒だった(笑)。
その場で発送をお願いする。あとで、父からお礼が来た。「桐の箱に入ってて、うやうやしいぞ」と。それは、年末年始にみんなであける予定(笑)。

それから、また地下鉄で移動。
「清水寺」の、夜の特別拝観に行く。
特別拝観は6時半から。時間もあることだし、歩いた。途中バス停も何個もあったけど、バスは、人でぎゅうづめで、バス停も行列。こりゃ、歩いた方が早いわ(笑)。
で、清水寺への坂道を登る。これは…修学旅行で来たところかな?覚えてない。何しろもう○年も昔(笑)。夫は「ここは登ってない気がする」って言ってた。
清水寺へ着いたけど、もう、ここも、人人人だらけ!!ああ、もう、人なんか見たくもない、とは思うけど、ここまで来たのに挫折してたまるか。清水の舞台へ上がるのだ(笑)。
私のカメラでは、夜景はうまく写せないので、比較的ましな写真をいくつか。
tabi3-41.jpg

tabi3-42.jpg

この日は満月だったのかな?後ろの青い光は、サーチライトではないかと。
tabi3-43.jpg

ライトアップされてて、綺麗でした。
tabi3-44.jpg

紅葉は、まだ、完全な見ごろではなかったけど。

舞台にもあがったけど、人が多すぎて危険だったので、ロープはられてて警備員がいて、柵には近づけなかった。残念。でもあの人出じゃ、飛び降りる気がなくても、落ちる人も出そうだったし。
あと、3本の滝?あれも飲むのに行列してたから、どれも飲まずに退散。まったく、京都って、なんでこんなに人いるのかな~。

下りる時は、二年坂と三年坂の方を下りた。
tabi3-46.jpg

ボケボケだけど、なんだか、動きがあるような感じで、気に入った1枚。
夫が「こっちだったかなあ?ひょうたん専門店があったのは」と。ひょうたんや???
…そういえば夫は、ひょうたん好き(笑)。お酒を入れたいというわけではないらしいけど…。
彼なりに、こだわりがあるようで、どれでもいいというわけではないらしい。
そのお店って、彼が高校の修学旅行で行ったとすると、はたしていまもあるのかどうか…ひょうたん専門だけで、やっていけるのかな。とかなんとか考えていたら。
夫がその、ひょうたんのお店を見つけて「あった!!」と。嬉しそうな声だった(笑)。
tabi3-47.jpg

自然のものなので、ひとつひとつ形が違う。ウインドーにあるのは、非売品なのかな。大きなものがいっぱい。
夫は、外に吊られてる、比較的小さめの、1個600円程度のを、吟味する。「カタチが重要なんだ」…そうですか。そりゃまあ、可愛いけどさ…なぜそんなにも、ひょうたんが(笑)。
お店の方は「ひょうたんはいいですよ。悪い『気』を吸ってくれるといいますしね」…ふうん、縁起物なのか。
確かに、夫が選んだひょうたんは、その場で一番形がいいものだった。
それがこれ。
tabi3-16.jpg

振ると、音もする。
tabi3-17.jpg

てのりくろくらげと。ついでに、
kurokurage3-9.jpg

でかくろくらげとも(笑)。悪い運気を吸ってくれるといいなあ。

で、帰りは、JR京都駅まで歩いた。1時間ぐらい歩いたかな(笑)。
tabi3-48.jpg

歩きすぎて、翌日足が痛かった(笑)。
さて、京都駅でも、ちょっと寄り道…。
どうしても、来たかった場所があるので。

京都駅にくっついている、伊勢丹の、大階段。ここに、夫と、来たかった。
三年前、母と姉とここに来た。夜、8階から外に出て、外の階段を歩いたら。階段が全部同じ方向なので、「これ、落ちたら、1階まで、転がり落ちるんじゃないかしら」と私は思った(笑)怖かった~。夜暗くてよく見えないし。姉も同じこと考えたらしくて「ここ怖いね~」と。
デートスポットであるらしく、カップルがうようよ。3年前、女3人で、すごく楽しかったんだけど…大階段を下りながら「夫とここ歩きたいなあ」と思った。
それが…思いもかけず、かなうことになった。願ってみるものだ(笑)。

夫は来たことないらしく「それどこ?」と聞く。駅に「大階段」って表示があった。エスカレーターで上へ。
tabi3-49.jpg

クリスマスのイルミネーションだ。これはさすがに、4月にはなかったなあ(笑)。
tabi3-50.jpg

いい雰囲気。時間は夜10時近くて、伊勢丹は閉店寸前だったけど。
tabi3-51.jpg

一番上からの写真。怖かったなあ(笑)。夫がいてもやっぱり高いところは苦手。でも来たかったんだもん…。
tabi3-52.jpg

JRの方も見下ろせた。とりあえず、満足(笑)。
そのあとは、大阪まで帰りました…夜、遅くなってたので、駅で、551蓬莱の豚まんを買って、家で食べた(笑)。

ではでは、大長編になってしまいましたが…まだまだ続きます。
それでは~。1ぽちもよろしくねっ♪

人気blogランキング

b_04.gif
スポンサーサイト

| くらげちゃんが行く♪ | 23:36 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

すご~い!一杯歩きましたね~!観光客も一杯だわ。
ワタシも10月上旬に京都に行ったのですが、紅葉前だったので結構空いてましたもの。
あの果実は「かりん」です♪正解♪
香川では普通に庭になってますが、北海道では珍しいのですね~。
まだまだ続きそうですね。楽しみです♪

| piyo-bear | 2007/12/15 06:16 | URL | ≫ EDIT

あの日は疲れました(笑)

piyo-bearさん、こんにちは。いつも楽しみにして下さってありがとうございます!
あの日は、むやみやたらと歩きましたよ~(笑)。翌日筋肉痛でした。
今年は紅葉が遅かったようなので、ちょうど、私が行く予定の時にぶつかってしまったようです。いつもなら、この時期は、ややピークを過ぎたあとらしいんだけど。
あ、あれ「かりん」でしたか!ありがとうございます。
札幌の八百屋では、たまに「マルメロ」の実を見かけます。これを最初カリンだと思ってました。果実酒に漬けたこともありますが、結局渋かったような…(笑)漬け方が悪かったんですね。
旅行記を書いてると、楽しかった思い出がよみがえって、また行きたくなります。ただ、写真が大量なので、加工するのが大変なんですが。
ではでは、まだ続きます。どうぞお楽しみに…♪

| 菜々 | 2007/12/15 16:22 | URL | ≫ EDIT

お疲れさまです!

奈々さんへ

blog訪問有難うございました^^

思い出の写真にくらげちゃんが写ってるのが
可愛いですねw
「持って歩いてるんだな~」とちょっと面白かったりw
大阪に住んでたので、懐かしい写真もありました~^^

今日こそは早く寝ましょうねw
では

| Nokoko | 2007/12/16 21:55 | URL | ≫ EDIT

持って歩いてます(笑)。

Nonokoさん、こんばんは。
昨日はやや早く寝ましたよ~(笑)。

大阪にお住まいだったこともあるのですね。
今回、すっかり、大阪が気に入ってしまいました。
旅行記も、なるべく、早く書かないと忘れるので、頑張ります、明日から(笑)。
くらげは常に持ち歩いています。でも、くらげたちが小さいので、風景写真にいれると、くらげにピントをあわせると風景がぼけるし、風景撮ったらくらげがボケる…と、なかなか難しいです。
ではでは♪

| 菜々 | 2007/12/17 19:02 | URL | ≫ EDIT

はじめまして^^
『ムジカ』が懐かしくて思わずコメント(笑)
10年近く前だけど会社が近くだったんで同僚としょっちゅう通ってました。
当時はドーチカの端っこにあったんですよ^^
隠れ家みたいで好きだったなぁ(遠い目)
移転してからは1度だけ行ったけど、地下のお店の時と雰囲気がガラリと変わって少し寂しい気分になったのを思い出しました。
でも『ムジカ』がそんなに有名なお店とは知りませんでした~。
旅行記の続き、また読ませていただきますね^^

| こみち | 2007/12/19 16:44 | URL | ≫ EDIT

はじめまして♪

こみちさん、コメントありがとうございます!
え、「しょっちゅう通っていた」なんて、羨ましいです~。
隠れ家みたい…いいですね~。その時に私もお邪魔したかったです。今のムジカはその時と雰囲気が違うのですね。
私が、紅茶好きの方から、『ムジカ』の名前を聞いたのも、ちょうど10年ほど前のことでした。ということは、その当時、地下の方だったんですね。その時行けばよかった~。
読んでくださってありがとうございます♪
まだまだ長いけど、大阪のいろいろなところがでてくるので、ぜひ、続きも読んで下さいね~。
ではでは♪

| 菜々 | 2007/12/20 00:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1068-e05f2178

TRACKBACK

(お徳用ボックス) 六条麦茶2L×6本

麦茶なのでノンカフェインです。原料の大麦は国産品使用の上、香料も乳化剤も入っていないので、安心して飲めます。妊娠中から愛飲しています。味は薄めです。パッケージの親子の絵が優しくて、子育て意欲を盛り上げてくれます。・コーヒーの葉の“お茶”(紅茶の試作)?・

| お茶のレス | 2008/01/09 09:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT