くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カメラにゴミ!?

本日二度目の日記です。下の記事も読んで下さいね。

去年の秋頃から、気になっていた。
写真の、右側に、いつも影が写る。ゴミみたいなものが。
dust11-1.jpg

これはその部分だけ切り取っているんだけど。
同じ場所に写るから、本体の内部にゴミが入っているんだろうか。
dust11-2.jpg
形も同じ。やっぱりゴミかな。

考えられるのは、

ファインダーについたゴミ
レンズについたゴミ
カメラ本体の内部のゴミ

ファインダーではないらしい。だって画像に写ってるんだもん。
ファインダーで見えて、画像にも写っているということは、レンズかカメラの内部。
レンズ交換は、なるべく短時間でやっているつもりだけど、私とろいので(笑)。
それで、ゴミが目立っているようなら、カメラのマウントのところと、レンズをはずした本体の中身を、ブロアーで、吹き飛ばしているんだけど、それでも消えない。
いつもズームレンズを使っているので、まさか、ズームレンズの中にゴミが入ってしまったのでは…これだけ本体の中を吹き飛ばしてもなくならないってことは。
モチロン、本体の中を、専用の道具を使って、クリーニングするなんて高等技術は私にはない(笑)夫には「さわるな」って言われてるし。それで私にできるのは、空気で吹き飛ばすぐらい。
NIKONのカスタマーセンターにもってって、有料で掃除してもらうか。本体ならいいんだけど…レンズの内部だとすると。夫に「ヘタすりゃ分解掃除でけっこういいお金とられるぞ」なんですと!!
…どうしよう。非常に困る。とはいえ、いつまでも、このゴミを気にしながら撮影するなんて…。
風景によっては、ゴミが目立たないような撮り方もあるけど、青空とか、ゴミが目立つような風景の場合、これは困る…。
夫が「年末まで待てるなら掃除してやろう」と。それでダメだったら分解掃除か…。

で、夫に見てもらう。まずは、ゴミが写った写真と、実際に夫にファインダーをのぞいて、白い壁を見てもらう。
そのあと、彼は、レンズを外して本体の内部を見ているか…と思ったら。いきなり電源をいれた。えっ!!レンズつけてないのに電源いれていいの?と、言いそうになったとき、なんと、シャッターを切って、切ったまま、中を見て「あ、これ、シャッターの内側に入ったゴミだわ」と。そのままブロアーでシャッターを切ったまま風を起こしてふきとばして「はい取れた」と。えー!?今のワザなに???
そのあと電源きってレンズをつけて「見てみな」と。…ない。確かに。
お正月。ホテルの部屋から、外を写してみる。
dust11-3.jpg
ない~!!ばんざーい。
もしも、ゴミがあるはずなら、右側の空の部分に出るはずだから。
やっぱ夫は偉大だわ。

でも、気になったので。
「あれ、どうやったの?レンズつけないでシャッター切ったままにしてたよね」と。
そもそも、いつも、レンズ交換の際は、もちろんシャッターなんか切らないし。なんでシャッターの向こう側に入ったのかな。
それを口にすると、夫が「多分、野外でレンズ交換した時に、本体に入り込んだゴミが、写真撮る時にシャッターきったはずみで、シャッターの内側にまぎれこんだんだろう」と説明してくれた。なるほど。
それで彼は、シャッターボタンを押したままでシャッターを開いた状態で中身をブロアーで吹き飛ばし、中のゴミを除去してくれたというわけ。
私が「今度またまぎれこんだら困るから、私でもできるように教えて」と頼んだところ「危険なワザだからアンタには教えない」と。…そうですか。「でもー」と食い下がってみたけど「中身にキズついたら一巻の終わりだからね」と言われて、しゅるるると引き下がった。
D80、ゴミ取り対策なんにもないからなあ。上位機種になると、微細な振動でゴミを除くとかいう機能があるモデルもあるはずなんだけど。入門機でもそういうの採用してくれないかな。そのあとで出たD60にはゴミ取りあったらしいけど、それもすでに、作ってないし。D80もD60も過去のモデルかあ…ほんの二年前なのにさ~。カメラ界はほんと、すぐ新しいのが出て、すぐ姿を消してしまう。

…というわけで、このワザは危険だそうですので、一眼レフをお持ちの方、自信のない方はやめたほうがいいと思います…プロの方にお任せした方がいいと思います…。

ではでは、そういうわけで。
1ぽちで応援してくださいね~。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング




スポンサーサイト

| 気になること | 18:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/05 21:52 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1721-d37f4155

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT