くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

糸から布ができたよ

今日も織りの話です。
恒例の、巻き戻しをお願いします(笑)。

24日。
午前中に、さらりとした糸の2本どりで、ランチョンマットサイズのものを仕上げた。
で、午後からどうしよう…と思ってたら。先生のオパオパさんが「菜々さん、こっちの織り機(咲きおり)で織ってみる?あいてるから」と。えっ織りたい!!でも、いいのかな。私が織ってる間に体験希望の方がいらしたらどうしよう。
「まだあるから、大丈夫よ」とのことなので、それでは、と、咲きおりを使用させていただくことに。

15分程度で食事をおえて、もどる。
「菜々さんどの糸使う?」と、聞かれたので「これ」と、例の、段染めのモヘアを…そしたら。「うーん…時間かかるかもね」と。でも、それがやりたい。ふわふわのストールを織りたい。
それで、「じゃあ、まず、織りたい幅と長さを決めて」と。幅は…だいたい、16cmぐらい。長さは、150cmぐらいかな。くるりと一周ぐらい巻きたいから。そしたら「じゃあ、織りたい長さに、50cmを足して、200cmを測りましょう」と、メジャーで糸を測る。糸のはじめから2mのところを持って「ここを絶対に離さないで」と、言われる。はい、何があっても(笑)。
で、オパオパさんが「では、2mにあったところを、さがします」さがす?さがすって何を?
orionza11-12.jpg
この、手前の板のところに空いている穴と、その穴にさしこむらしい木の棒の謎がとけた。穴はいっぱいあいている。オパオパさんは、糸のはじまりをもって、私の持っている2mのところに注意しながら「この棒を使って、菜々さんのもってる2mの場所が手前の真ん中の棒のところにちょうどくるように、途中に棒を何本かさして調整します」…?なんだかよくわからないけど、要するに、たて糸の長さを2mで張れるように、棒をたして、その棒を行ったり来たりさせるようにする…らしい。いつも同じ長さとは限らないので、いろんなところにいっぱい穴があいていて、微調整ができるみたい。なるほど。
で、2m地点が手前真ん中になる場所をみつけて棒をいれたら、今度は、手前から、通した逆の道筋をたどって、織り機の向こう側へ。向こう側の、ステンレスの棒で折り返して、またこんどは、最初の順番に行ったり来たりして手前で折り返して…これを、織り幅の分、繰り返すのだった。
なにしろ糸が細いので…
orionza11-11.jpg
こりゃあ大変~。でも、おなじことの繰り返しなので、つかんでしまうと難しくはない。ただ手間はかかる(笑)。
なんだか、この細い糸…こうして見ると「綿アメみたい」といいながら張ってると、みんなが笑った。
ほんとこりゃ綿アメだわ。というよりも…あれだな。
いつだか、『世界ふしぎ発見!』というテレビで見た、韓国の伝統的な宮廷菓子だとかいうやつ。屋台で実演販売していたんだけど、屋台のお兄さん日本語上手で(笑)はちみつの、板みたいに固まっているやつを、折り曲げて、のばして、またのばして、のばして~と、何回も何回も繰り返し、やがて、はちみつは、白いキラキラとした糸のようになった(白髪みたいだと思った)。その、ふわふわの白い糸状になったはちみつに、くるみとかを入れて、食べるのだ。
あれ、なんていっただろう…たしか『龍のひげ』ではなかったかしら。
おいしそうだった。韓国行く機会があったらぜひ食べたい。はちみつにくるみ…まずいわけがない(笑)。とかなんとか考えながら、たて糸作業からなかなか抜けられない。なにしろ片道2m。そしたらそこへKさんがきて「あらー、綺麗ねえ」と言ってくれたので「なんかこれ、韓国の、ハチミツを糸状にするお菓子みたいで」と言うと「ああ、あれおいしいのよねえ」と。おーご存知なのか!と思って聞いてみると「前に、三越で、中国かなんかの物産展やっててね、実演販売してたのを食べたの」いいなあ~。食べたい…。

やっと、たて糸を張りおえたけど、こんどは、シャトルによこ糸を巻く作業。
よこ糸は、一度にあんまりたくさんまかないほうがいいのかな?と思って聞いてみると「あんまり巻きすぎると、通しにくくなりますよ」なるほど。
「糸は、すぐつなげますか?」と聞いたら「大丈夫」ということで。
で、自分としては、そんなに巻いてないつもりだったけど。そろそろかな、と思って、織る作業に。
orionza11-13.jpg
オレンジと黄色の「綜こう」のはじっこに、矢印がついているでしょ?これは「シャトルがある方の矢印に、通せばよい」という目印らしい。便利だ。
じつは、私の織り機では、ソウコウを回転させるのを間違えてしまうことがあった。どうしてわかるかというと、シャトルを通したら、糸がはずれちゃうからだった(笑)。つまり、上下を反転させないで、来た道を戻せば、そりゃ糸がぬけるわけだ(笑)。
でも『咲きおり』では「シャトルの向きはこちらですよ」と、矢印がついている。親切。
イカン。こっちを使うと、自分の織り機が使えなくなりそう(笑)。

ところが…まあ、この細い糸のせいか、ゆるゆるに織っていても、すごく時間がかかり、たて糸を巻いてあるローラーが、全然、減った様子がない。うわー…時間内に仕上げられるだろうか。
途中から、無口になった。これはお借りしている織り機だし、まさか持って帰って織るわけにもいかない。
なんとしても仕上げなければ。
寒かったので、指先が出る手袋をつけて、フリースのパーカー着込んで、黙々と織った。喋ると私は手が止まるので(笑)。
途中、何回思ったことか「なんで、こんな、大変なの、やろうと思ったんだろう…」と。
オパオパさんが見せてくれたモヘアのストールは、一時間もあれば織れたらしいけど、まさか、初心者の私が、一時間で織れるわけがないのに…しかも、お店のストールの糸よりも、細いんではないか?←今気付いた(笑)。
しかしまあ、やるしかない。
orionza11-14.jpg
手前のローラーに、だいぶん巻いた。ああ、やっとここまできた。
orionza11-15.jpg
とうとう、向こうの、ステンレスのバーが見えた~!!ああ泣きそう(笑)。
orionza11-16.jpg
ここで終わり…。
ほんとは、捨て糸を一往復させるんだけど、それを忘れて切ってしまった。
↑捨て糸を往復させるのは、そのままたて糸を着ると、房をしばる前に、ほつれてくるからなんだけど。さいわい、このモヘアは、からまるので、ほどけないですんだ。
orionza11-17.jpg
できた~~~!!4時間かけて。
ぶかっこうだけど、でも、はじめてだし。それに、手触りは抜群♪ふわっふわ~。
orionza11-18.jpg
この糸が…
orionza11-22.jpg
こうなった。
しみじみ感激をかみしめていると、オパオパさんもジャンヌさんもKさんも「うわー、素敵ねえ。よくやったねえ」と、みんなでほめてくれた。
時間がかかりすぎて、なんと、搬出までいることになってしまって、私もあわてて片付けたんだけど、オパオパさんにジャンヌさん夫妻、Kさん、みなさんてきぱきと実にてぎわがいい。なんだか「ムーランルージュ一座」って感じ(笑)。
で、帰り仕度をおえて。さて、お別れの挨拶を…と思ったら。オパオパさんが、

「糸から布ができましたよ」

と、私に仰った。あー…そうなんだ、と私は思った。そうだわ。布っていうのは、糸からできているんだ。ガーゼは目が荒いから、今日私が織ったものに近いけど…普段、目にしている、コットンの布も、リネンも、みんな、平織りでできているんだ。布は糸でできるのか…そんなアタリマエのことを、忘れていた。
そうか、私は、今日、布を作ったんだ。
そう考えるのはなんだか感動的だった。
同時に、わかったような気がした。織りをする人たちが、ナゼ夢中になるのか…。この「布を作る」ことに、魅せられてしまったんだ。
…まずいなあ。これは、私も、はまる予感が…(笑)もう、片足どっぷり浸かったかも。首まで浸かるのも時間の問題か…。

というわけで。
これも、お買い上げ。
yarn11-20.jpg
ぽんぽんモール。これ、織りで使うと、楽しそう♪←はっ、イカン、すっかりはまってる?(笑)。
それはいいんだけど…家には、織りきれないほどの糸があるんだし。むしろ織ることは私にとってイイことかも。
でも…困ったことに、『咲きおり』欲しくなっちゃったなあ…お値段聞いたら、ちょっとお高い…でも、これからやるのなら…頑張って、貯金しますか…カメラよりは、安いし(笑)でもそうしたら…カメラがその分だけ、遠のいてしまうなあ…。煩悩だらけだなあ(笑)。

まあ、頑張って貯金します…。

オパオパさん、ジャンヌさん、Kさん、ありがとうございました!
来月の『織音座』もどうぞよろしくお願いします♪
orionza11-23.jpg
しつこく(笑)。
この、ストール、150cmもあるのに、軽いのなんの。いったい、毛糸、何グラム使ったんだろう?
調べるのは簡単。このままハカリにのせる。と…なんと、12g!!この長さまで、編んだとしたら、12gなんてありえない!!これはほんとうに、まさしく、空気も一緒に織りこまれているような…春になったらつけて歩こう♪
…というわけで、非常に楽しい織り体験でした。

長い長い記事を読んでくださってありがとうございます。
ついでに1ぽちずつしてって下さいね~(笑)。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| いろいろハンドメイド | 22:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい、すごい☆

菜々さん、よくここまで記憶して…ため息がでますよ~。
うるうるしながら読みました。。

モヘアのストール、12gでできたんですね!
もっと色々な糸でやってみたいでしょ♪
まずは、お手持ちの糸をやっつけることからですね☆
編み物して残った糸くずも織りで活躍するので、ためておくといいですよ♪
ふりかけみたいにパラパラしたいですね~☆
ぽんぽんモールは私も挑戦したことないから、やってみたい!
色々挑戦してみましょうね!

マシーンは、モーターの寿命でした。
土曜日には直る予定でーす☆

| ムーランルージュ*ジャンヌ | 2010/01/27 23:44 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした~

天女の羽衣みたいですね♪

私の指導はかなりの邪道ですよ・・・笑
もし、貯金してこの織機を購入したら、ちゃんと説明書とDVD見てね
あれ? 習った時と違う。。。こんな部品、使わなかった。。。って思うから 笑


すごく真面目で頑張屋さんの菜々さんを見ました♪
参加くださったこと、とても嬉しく思っております
また、世界に一つの「布」を作りましょうね

| o8o8qp | 2010/01/28 00:36 | URL | ≫ EDIT

菜々さん、先日はお疲れ様でした。
夕方失礼しなくてはならず、菜々さんの作品の
仕上がりを拝見する事ができなくて残念に思って
いましたが、こうして拝見させていただけて感激
しています。とても可愛いストールですね。
縦糸をはっている時は、本当に綿アメみたいでしたよね。
菜々さんとムーランルージュさんの皆さんのおかげで、
私もモヘアを縦糸にできるんだ!と学ばせていただけました。
ありがとうございました!家に織りたいモヘアがあるので、
早速試してみるつもりです。
私も、「糸から布ができた」という感動にとりつかれている一人です。
作品を仕上げた時の喜びが、次の作品の原動力になるんですよね。

| ローラの母 | 2010/01/28 08:21 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/28 18:56 | | ≫ EDIT

これからもよろしくお願いします!

***ジャンヌさん***

あの日はほんと、終われるか心配でした。できてよかったです。首までどっぷりつかりそうです。
まだまだ、わからないことだらけですので、今後もよろしくお願いしますね~。
あ、マシン、明日には直るのですね。よかったよかった。だいじな商売道具ですものね。早くなおりますように…。

***オパオパさん***

あの一言を聞いて、本当に、鳥肌がたちましたよ。「糸から布ができる」…これは、本当にその通りだったのに、気付かないことでした。一生忘れられない言葉です。
私は、あみぐるみを作る時、できれば糸からつむぎたいなと思うのだけど、それはまだ難しそうなので、糸をブレンドするところからはじめようと思うのだけど…布は、私でも、作れるのですね。不恰好でも不揃いでも「私の布」ができるのですね。
今後も、私の布を作り続けていきたいと思います。まだまだ知らないことばかりなので、どうぞよろしくお願いします。

***ローラの母さん***

あの時は、あの綿あめをはるのに忙しく(笑)ローラの母さんの織り作品を見せていただく余裕もなくて、残念です~。
次回、この「ゆるゆるストール」お持ちします。ほんとに不揃いで恥ずかしいんですけど、手触りは天下一品です(^^)さわってみて下さいね~。
この前は、初めてで、織ることで手一杯でしたが、今度は皆さんがそれぞれ「自分の布」を織っているところを、ぜひ拝見したいと思います。
来月もお会いしましょう♪

| 菜々 | 2010/01/28 20:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1741-6d69dd9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT