くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うっとりな一日

昨日のことだけど、とっても素敵な一日で、丁寧に書きたかったから…。

昨日、連休に済ませられなかった用事をすませにでかけた。そのあと、やや遠出。
連休中には、結局来られなかった。アノ花がどうなっているのかを確かめに…。

4月の26日に、行った時は、クロッカスぐらいしか咲いてなかったな~。

で、6日は…お!
flower12-14.jpg
青い花。私の大好きな、エゾエンゴサク。
flower12-15.jpg
咲いてるじゃん!これが咲いているということは…期待がふくらむ。
flower12-16.jpg
エンゴサクも大好きなんだけど、今日の本命は…
flower12-13.jpg
4月26日はこんな姿だったもんね~。
カタクリにだとりつくまでに、
flower12-17.jpg
エンゴサクの群生や、
flower12-18.jpg
ニリンソウも。
今日は野鳥には目もくれず、足元ばかりを見る(笑)。

そう、あの、ゴジュウカラとアカゲラの写真を撮ったとき。野鳥目当てではなかったのですよ(笑)。去年のその時期にカタクリが咲いたから。でも今年は…寒くて開花が遅れた。
katakuri12-1.jpg
みっけた!!あれ、こんなところにこんなに咲いてたっけか…まあいいや。
少し離れた場所にスポットがあるのは知ってるけど、とりあえず、ここでも撮る。
katakuri12-2.jpg
笹のしげみにかくれるように咲いているので、日がさしていても暗い。去年と違ってマニュアル撮影だからな~。絞りとシャッタースピードを自分で決めるようになって、半年。少し、撮り方変わったかな?
katakuri12-3.jpg
この花は日陰でも美しい。というか、ひっそりという言葉が似合いそう。
katakuri12-4.jpg
綺麗やな~。

などと夢中で撮っていると、同じようにカメラを持った男性の方が「こんにちは」と声をかけてくださったので「こんにちは。やっと咲きましたね」とお返事した。もちろん、この時期ここにカメラを持ってこられる方の9割はカタクリ目当てだろうということで(笑)しかしその方は「ここには○○○エンレイソウという珍しいエンレイソウが咲くんですよ」と。え、エンレイソウ!それはノーマークだったわ(笑)。まあ確かにさっきからちらほらと、紅色の三角の花が咲いているのは知ってたけど。「○○○」部分が聞きとれなかった(笑)。珍しいんですか。あとで撮ろ。
その方は「あちら(カタクリ)満開ですよ」と。おー、そうだろう。ここでこんなに咲いてるんだから。途中で見かけてつい寄り道したけど。「これから行きます」と、そこを切り上げた。その方は「野の花の写真とかをされているんですか?」と。職業で、という意味だった。私は「いえいえとんでもない!!シュミで、好きで撮ってるだけです」と。

さて、カタクリのスポットへ。と…
katakuri12-5.jpg
わ!!
細かくて見えない?このピンクの、全部、カタクリ。
katakuri12-6.jpg
これが見たかった!!
感激して、シャッターきりまくり。望遠つけてったので、できるだけレンズで接近して撮る。
katakuri12-7.jpg
ここは環境保全のために、中には入れないので。柵でかこってある。
いつもなら、一輪だけ、みたいな撮り方しかしないんだけど…
katakuri12-8.jpg
こんなに咲いているのだもの。全部撮らないなんてもったいないわ!!
↑いやいや、これでも全部は入ってない(笑)。
katakuri12-9.jpg
綺麗…
katakuri12-10.jpg
うっとり…
katakuri12-11.jpg
みんな満開~。
katakuri12-12.jpg
美しい…(笑)。

撮り方、変わったかな?以前の私なら、花一輪だけであとはボケ~、というのを撮って嬉々としていた。
でも、いつからか、考えが変わった。それでは、花が一輪だけあればいいではないかと。たくさん咲いている中の一輪だけを撮って、楽しいか?←というのが、お師匠の声だったんだけど(笑)私もいつのまにか、そういう考え方に、すりよって行ったような(笑)。やっぱ夫婦ですもんね、考え方似てしまうのかな(笑)。
でも、この日は、自然にそう思えた。たくさん咲いているならたくさん撮れ!!と。

とはいうものの、
katakuri12-13.jpg
こういう撮り方もしちゃうんだけどね~(笑)。
というようなことをしていたら。柵の中に、人が入っている。腕に「調査員」の腕章が。ああ、保全のための調査をされてるのね。
私が熱心に撮っているのを見たのか「よかったら、こちらにきて、カタクリの新芽を見ませんか?」と声をかけてくださった。見たい!でも…「いいんですか?」と尋ねたら「踏まないようにそーーーっと」はい(笑)しかし、枯れ草の中からいろいろな花だの草だのの新芽がいっぱいで、どこ踏んでいいのかわからない(笑)私なんかに踏まれたら…ゼッタイ生えてこられないだろう(笑)おそるおそる、調査員の方のところまで、忍びのように歩く(笑)。
「これがカタクリの一年目の芽ですよ」そう言って指されたところを見ると、
katakuri12-14.jpg
え、これが!!「なんだかネギみたいですね」と言ってしまった(笑)。万能ネギの小さいやつというか…ハーブの、チャイブみたい。「これ、言われなければゼッタイ、カタクリだとわかりませんね」言った。
2年目の芽も見せてくれた。
katakuri12-15.jpg
へーあのひょろ長いのが、こうなるのか。面白い。
あ、タネから、何年目で咲くのか、質問するの忘れた!!バカバカ~。

調査員の方にお話を伺うと、こうやって、カタクリのタネをまいて、保全に努めていらっしゃるのだそうな。もちろん一般の人間は柵の中には立ち入り禁止。柵でかこっていても、中には、心ない人が、苗をもってっちゃうんだろうな~。そりゃあ、綺麗な花だもの、庭があったら植えたいかもしれないけど…自分の庭にそうやって植えて満足かなあ?私としては、こんなふうに、いっぱい咲いているのに会いにくるほうがいい。
katakuri12-16.jpg
他にも散歩の途中の方や、同じようにカタクリを見に来られた方がいらしたので、一緒にお話をうかがった。何年か前から、こうして、タネをまいて、保護して、増やしているのだそう。私が「私はここに来るようになってから、3年目になりますが、年々増えているように思います」と言うと、嬉しそうに「増えているんですよ。私たちがタネをまくほかにも、アリが、タネを運んで、それが広がるんですね」と。いいことだ(^^)。

いつまでも、このままでありますように…。
いや、来年、もっともっと増えてるといいな~。
katakuri12-17.jpg

と、いうわけで。ピンクにうっとりな一日となった。
今年は満開のカタクリを見られました。感謝、感謝です~。
写真館にも載せました。見てください♪

ひとこま写真館

ではでは、こちらも、1ぽちずつして下さいね~。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| 菜々フォト | 19:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きれいですね~

とても綺麗ですね!
私の知っているところにも カタクリの花が群生しています。
始めてみた頃は シクラメン???と思ったり^^;

ここは ブルーの花とのコラボがとても素敵です。
秘密の場所にしておきたいほどですね

また 遊びに来ますね よろしく。。。*

・・・事後報告になりますが リンク貼らせて頂きました。

| alice* | 2010/05/08 09:33 | URL | ≫ EDIT

いいですね!
カタクリがこんなに群生してるんだあ~。
いろんな花が咲いていて、うらやましいなあ。
確かに、カタクリの芽、こんなのじゃわからないから、私もきっと踏んでしまいます・・・・(汗)
調査員の方々の地道な努力があってこそなんですね。

| ぺんた | 2010/05/08 12:49 | URL | ≫ EDIT

綺麗でした~

***alice*さん***

はじめまして♪コメントありがとうございます。
あっ、確かに似てますね、シクラメンに(笑)科が一緒なのかな?
北海道では、有名なカタクリの群生地というと、旭川にある男山自然公園が素晴らしいんだそうです。私も写真を見ましたが、そこは、私の行った所よりも、カタクリとエゾエンゴサクがまじりあって、青と紫ピンクの素晴らしい抽象画みたいでした。一度見てみたいんですが、ここは旭川の地酒「男山」の酒造がすぐそばなので、車じゃ行けないんですねえ(ゼッタイお酒飲みたくなるから…)。
この場所は、確かに、私の秘密の場所にしておきたいですね~。知ってる人は知ってる場所なので、この時期、カメラマンさんいっぱいとお会いします。1時間以上も撮ってるのは私ぐらいのものですが(笑)。
あ、リンクありがとうございます。あとでお邪魔しますね~。

***ぺんたさん***

やっと北海道でもいろいろ咲きましたよ。本州の1~1か月半遅れってとこですね。そちらが桜だ~ってもりあがっている時こちらは雪の中ですよ(笑)。
写真を撮るようになってからますます花が好きになりました。
この日、桜の場所に行くかで悩んだけど、カタクリの方に傾きました。桜は、近場でいっぱいあるので。カタクリはここしかないから。調査員の皆様と、アリのおかげですね(笑)。ここも保護のために柵を設けてますが、それはひざまでもないような低いものなので、入ろうと思えば入れる場所です。だけど、みんなで保護につとめているとあちこちに書いてあるし、小さな柵でも、私のような小心者には効果抜群です(笑)。年々増えているということは、マナーを守ってカタクリを眺めたり撮る人が多いということなのですね、喜ばしいです。

ぺんたさんも、そろそろ、重たいカメラが欲しくなってきたのではないですか?(笑)。

| 菜々 | 2010/05/09 10:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1814-029dd9e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT