くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上達できたのかなあ…

本日二度目の日記です(←おー久しぶり!!)
下の桜の記事も読んで下さいね。

一眼レフカメラを買って、まる2年。
いくらか、上達できたかなあ。自分じゃなかなか実感できない。
技巧的なことはカメラマン経験のある夫に習いはしたけれど、目のつけ所とか、センスとか、そういったものは習うことができない。その人の感性。←これって、ないと絶望的…。
この前、夫と話してて、「まだ私、初心者だからさあ」と言うと、夫に「もうカメラ持って二年だろ。それ初心者と言わない」と言われた。そうか、車の免許も一年たったら初心者マークはずさなきゃならないんだっけ。年数より、技術レベルでは初心者というつもりだったんだけど。
二年でとりあえずハッチー(D80の愛称…)の操作方法はなんとかわかった。まだ、わからない、押してないボタンはいっぱいあるけどね(笑)。これ、違う機種買ったら慣れるの大変だ…とはいえ、もうD80は過去のモデルだし。一生使い続けるつもりだけど、他に買わないとは言ってない(笑)。

前よりは、どんなふうに撮ると色が綺麗になるとか、効果的とか、色がとばないというようなことが経験でわかってきたけど…はたしてそれで『上達』したといえるのかな?
最近は、パソコンで写真を確認してて「おっ!!」というような写真が増えた。しっぱい写真が減ってきた(笑)。
でも、日記や写真館に、お気に入りを載せても、お師匠である夫は自分から何も言ってはくれない。私が、聞きたい時に「この写真どう?」と聞いたら、聞いた写真にだけ「ここの部分が○○でこうすれば」みたいな意見は言ってくれるけど、自分からは何も。だからといって「どうしようもない写真なのかな」と思うとそういうわけでもないらしい。うーん、わからん。
で、上達したのかどうか、夫に聞いてみた。前は、「箸にも棒にもかからない」みたいに言われたからなあ(笑)。
そしたら、「撮る時、自分が撮りたい写真に近づいてきている?」と、聞かれた。それは前よりは。そしたら「つまり、自分が撮りたいイメージに撮れるようになることさ」と。…なんとなく、わかったぞ。おそらく彼が言いたいのは、人から見てどうこうじゃなくて、自分が、撮りたい写真に撮れるようになることが上達することなんだ、と言いたいのね。
でもこれ、難しい。私は、人の意見が気になる性格(笑)。夫は、人が何言おうと自分がよければいい性格(笑)。だからまあ、この違いで、最初はよくすれ違ったなあ。万事そうなので。彼からすると「なんで人の意見聞きたがるの?」というのがギモンだったみたい。彼は人の意見あまり聞かないもんね(耳を貸さないという意味じゃなく、人に意見をもとめないという意味)。
だから写真に関しても、私が撮ったものを見てもらっても「おまえさんが好きな撮り方でいいんじゃない?」という感じで、あまり、言ってくれなかった。彼は別にサジを投げたとか面倒なわけではなく(笑)「自分が好きなように撮りたいように撮ればいい」という意味で言っていたんだろうけど、「写真としてどうなのか」「人からみていい写真かどうか」を聞きたい私としては、投げやりに聞こえたもんだった(笑)。いや、今単純に考えたら、面倒だっただけかも(笑)。
まあしかし、自分の聞き方も悪かった。シュミの世界にいいも悪いもない。楽しんでやっているうちは好きなようにやればいいことで。
そこで私は、技術的なことに質問を絞った。オートだと赤が白っぽくなるのはなぜか、緑もうまく写せないのはなぜか。その他いろいろ。そういう技術的なことは、フィルム時代とさほど変わらないし(あ、夫は、フィルムカメラの人でした…)。そういう面では直接わからないことに答えてくれるまたとない参考書なので(笑)。
おかげで、夫のいない場所でも、一人でどうにか撮り方がわかってきたんだけど。
それでもやっぱり、自分が、気に入ったのが撮れれば、見てもらって「いいねえ」と言われたいのが人情で…自分がよければそれでいい、という信念が薄い私には(笑)。

撮り方が変わったことも、気付いてくれたかなあ。
昔の写真は、
ichimai4-120.jpg
撮りたい対象物だけで、あとはボケ。前後になにがあるのかさっぱりわからない。最初の頃はこういう写真が好きでそういうのばかりだったけど、ある時から「図鑑の写真みたい…」と思って、それが、つまらなくなった。かといって、どうやったら、『いい写真』になるのか、『つまらない写真』でなくなるのか…それがわからなかった。

でもそれが、偶然なんだけど、去年の小樽雪あかりの路で、こんなのを撮った。
Dsc_0627.jpg
ガラスの浮き球がずらーっと並べられている場所があって。気に入った一個に注目して、ややセンターからはずして撮った。これは、18-70mmズームで撮った。そしたら、後ろに続く、浮き玉の列が、ぼやけて写っている。これ…いいんじゃないの?と思った。撮る時意識してなくて(笑)結果オーライだったんだけど。
ズームで撮ったのがよかった。というのは、私の、上の、ボケボケ写真は、ほとんどが、望遠レンズのマクロ機能で撮ったもの。これを撮るのに、望遠のマクロ機能使ったら…背景の、浮き玉の列も、ぼやけて何がなんだかわからなかっただろう。
ズームでの、ほどよいボケ具合が、この写真になった。以来、私は、遠い所のものを撮る以外、マクロを使わなくなった。私のレンズでは、なんでもかんでもボケてしまうので。
この浮き玉の写真を偶然撮って以来、こういうのが、つまらなくない写真なんじゃないかと思った。背景ボケるにしても、「何があるのかわかる状態」のボケにとどめておけば…ほどよい抽象の背景になり、淋しくない。
これを撮って以来、背景にも気をくばるようになった。撮りたいものに注目しても、後ろに何がくるのか、何色があるのか…そういうことを考えて、撮るようになった。この差は大きい…と自分では思う。
それで思い出した。上のアカツメ草の写真の頃。望遠レンズばっかり使って、しかも、200-300mmの間でしか使えないマクロ機能を、当時、夫が「マクロ封印ね」と言ったんだった。私は、なんでそんなこと言うのかわからなかった。ああ、こういうことだったんだ、と、浮き玉の時に思い当たった。気付くの遅いですね(笑)半年以上かかってる。
最近になって、やっと、夫の言ってたことが、ぽつぽつわかってきた。彼としては、カメラを持った頃から、ためになるアドバイスをしてくれていたのに…理解力がなくって(笑)おまけに効率も悪い(笑)。
お師匠がよくったって、これじゃあ…ごめんね、出来の悪いデシで(笑)。
でも最近、前よりは、撮りたい写真が撮れるようになってきたよ。上達なんだろう、と、勝手に思うことにしよう(笑)。

とまあ…ほとんど私信のような内容になってしまいましたけど。
読んでくださって、ありがとう♪
1ぽちしてくださったら、もっとありがとう(笑)。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| 菜々フォト | 22:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

旦那さんが言うこともわかるかも…
人に意見を求めて「こうすればいい」とか「こんな感じの方がいい」って言われて撮った写真は、もう菜々さんの写真じゃなくなるもの。
自分の感性でセンスで思ったままに撮らないと、個性じゃなくなるし。
あみぐるみとかと違って、写真の良し悪しってすごく抽象的だと思うのよね。
それだから自分で撮ることが大切なんでしょうね。
いい師匠じゃないですか!
技術は教えてくれて、根っこの部分は自分で学べってことで(笑)
菜々さんの写真が時間と共に変わってくのが解りますよ。

面白いから過去のモチーフを今撮ってみては?
それを並べてみるとどうなるか?
興味ある~♪

| piyo-bear | 2010/05/11 06:08 | URL | ≫ EDIT

うふふ、菜々さん、私、すごく気持ちがよくわかりますw
褒めてもらうと、やる気も出るしね~(^.^)

確かに自分の好きなように撮ればいいんだけど、でも、後で自分で見てみると、何か違うな、もっといい感じにならないかな~って思うんですよね。
それで、何が悪いのかな?って。そこを教えてもらえるとうれしいわけでして。

今回、講座に通っておもしろかったのは、そこを指摘してもらえたからだと思います。それで、いろいろ工夫して、自分で納得いくのが撮れたら、すごくうれしかったのね。
その達成感かなあ。。。
私、褒められるとすぐ木に登るタイプなんでw
また、教え上手の先生でしたからね。絶対またこの先生に習いにいく!と思いました。

その先生もね、講座の常連さんたちには厳しいアドバイスをなさるんですよ。前ボケ入れるなとか、ズームは使うな、自分で動けとかねw
それでやっぱり皆さん上達していきましたからね。

ダンナさん、さすが、いいアドバイスなさいますね。
すぐ近くに師匠がいて、うらやましいです~。

| ぺんた | 2010/05/12 00:40 | URL | ≫ EDIT

それいいかも

***piyo-bearさん***

写真、変わってますか?嬉しいなあ。
前は、同じ撮り方ばっかりで、なんていうのか「自分の限界」かなあと思ったら…それを言ったら夫に「カメラ持って一年程度のひよっこが、『限界』だなんて、おこがましいわ」と冷笑されてしまった(笑)。きっついけれど、的確な夫です。
そうですね、定点観測とかしてたらよかったんですけど、過去のものと最近のもので比べるのも面白いかも。昔の写真も見てみます~。

***ぺんたさん***

『先生』に教わるのってすごくいいことだと思います。夫だと、ワガママが出るというか、素直に聞けないというか(私の問題…)。でも、

|その先生もね、講座の常連さんたちには厳しいアドバイス|をなさるんですよ。前ボケ入れるなとか、ズームは使う
|な、自分で動けとかねw
|それでやっぱり皆さん上達していきましたからね。

それ全部夫に言われた台詞です。やっぱり、彼に、謝礼払わないとならないかなあ(笑)。ま、その謝礼をためて、彼も満足なカメラを買うことが目標です。やっぱフルサイズでしょう♪時間はかかるけど。ただ、彼が本当に持ちたいのはD3Sだから…これだと、十年先になりそう。その頃には、もっといいカメラ出てるかも(笑)。


| 菜々 | 2010/05/13 00:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1818-d1f7f042

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT