くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピール リベンジ

コメントありがとうございます。このあとお返事しますね~。

今日は札幌は朝から雨。予報どおり。そうなると思ってたから、昨日のうちに桜撮りに行ったのよね。明日も雨だそう。
とにかく今日は、外は雨ということは、おうちでピール作り日和ってことで…。
昨日から水につけておいた甘夏の皮をゆでこぼす。中の白い部分は除去ずみ。
一晩水につけておいただけでも、水が黄色くなっている。オレンジのオイルがでているのかな…味も抜けそうな気がしてしまう。
レシピによっては四回ゆでこぼすというのがあるけど、前回、ゆでこぼしすぎて、味も薄くなっちゃったような気がするから、とにかく一度だけゆでこぼして、皮のはじっこをかじってみる。そんなに苦くない。少なくとも、最初のピールの完成品よりは(笑)。
ということで、ゆでこぼしはこの一回にして、皮をお湯からひきあげて、細かく刻む。刻んだあと、重さをはかる。
一晩お水につけて、今もゆでこぼしたから、実際の重量よりは重くなってるんだろうけど…だいたい500グラムだった。それで、糖分も、同量の500グラムにした。ここで、前回は、上白糖のみにしたけど、出来たピールの味がなんだか風味にとぼしかったので、はちみつを入れることにした。全部はちみつにしたかったけど、はかったら300グラムしかないので、砂糖でたりない分をおぎなって、あわせて500グラムに。
水は、鍋にきざんだ皮とはちみつと砂糖をいれて、全部がかぶるぐらいまで(量らなかった。どうせ煮詰めるのだから)。
orange12-8.jpg
今回は前回のより薄ーくした。
で、木べらでかきまぜながら、中火で煮込む。水気がたっぷりあるので、離れてても大丈夫そうかなと思ったけど、ここで離れてて焦がしたりしたら…これまでの苦労が水の泡。片手に文庫本を持ってよみながら、片手でヘラでかきまぜること、30分程度。
途中、何回か、味見をする。なんだか、苦みは少ないし、美味しい♪このままいっちゃいそう(笑)。でも、風味がややたりないような…というわけで。レモン汁を足してみる。これって、ズルイかなあ…甘夏の酸味だけじゃ、足りないんだもの。見たら、市販の甘夏ピールだって、酸味料だか、クエン酸だかで補っているようだし。それに、前に、りんごジャムを作った時。リンゴと砂糖だけでも美味しかったけど、レモン汁を少し加えただけで、味がきりっとなって、もっとおいしくなった。いいじゃん、おいしくなるなら、ややインチキでも(笑)というわけで、レモン汁も入れたら、これが、とっても、おいしくなった。今度のは期待できそう。

前の時は、水分が蒸発しない程度に煮る、みたいにあったけど、今回は、蒸発する寸前まで。
orange12-9.jpg
飴の一歩手前ぐらいで火をとめる。水気は底の方にもほとんどない。これ以上やると飴化してしまいそうなので、そのまんま、ザルにあける。
orange12-10.jpg
うわー。綺麗。透明で、飴のように美しい(笑)。
前回のとぜんぜん違うではないか。
orange12-11.jpg
↑前回の(載せたくない…)。

というわけで、この、今日作ったピールも、乾燥中。
味見をしたら、これが、とってもおいしい!やったね♪
これほど甘いのなら、仕上げの砂糖まぶすのいらないかも。とりあえず、乾くまで干してみる。

で、前回の、ピールは…今日の夕方まで干したけど、見た目はあんまりからからに乾いてないけど、さわってみて、ぬれた感じもしないから(やや湿り気味…)もう、砂糖をまぶしちゃって、瓶づめにした。乾燥剤もいれたけど。
これ以上干してもきっと同じだろうと思った。
で、砂糖をまぶして食べてみたら、これはこれで悪くない。苦みも昨日より減っている。
これは、ヨーグルトにまぜるとか、ケーキに焼きこむとかで使おう。半生ピールってことで…。
半生なので、冷蔵保存にした。今日のよりも糖分が低いし。

あ、そうそう、昨日書いたこと。「苦みが、時間がたつことで消えるなんてことがあるか」みたいに書いたら、夫が「水分がとんだことで糖分が凝縮し、苦みがへったのさ」と。あ、そうか。干し柿とかと同じ理屈かな。干すと甘みが増すという。
でも、調べてみたら、干し柿が甘くなるのは、干すことで渋みがとんで、水分が抜けたことによって糖分が凝縮するということで…これ、苦みの場合は、違うんじゃあ…苦みが減るってことじゃなく、糖分が凝縮されたことによって感じにくくなってるってことなんじゃないかな。
とりあえず、この先は苦くなることはなさそう。あーよかった。
でも、作ってから時間がたつごとに、苦みがへってるような気がしたのは、『気がした』だけではなくて、ちゃんと科学的根拠があるのね。安心した(笑)。なんでも精神論に傾いちゃう私なので(笑)。

今日はもう遅いので、また続きは明日にでも。ああ、こうやって、書くことがどんどんたまっていく…。
ではでは、写真館も見て下さい。

ひとこま写真館

こちらも1ぽちずつ投票してくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| きょうのお菓子 | 23:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良い感じ^^
レモン味プラスもいいね^^
わたしは 文旦2個分とオレンジ(ネーブル)1個をあわせて作ったので
色が黄色とオレンジできれいだよ。。。*
味もちょっと違う。ネーブルの方が甘いです。
ただ 普通のお砂糖でつくったんで 次回はグラニュー糖で
作ってみようと思います。
もしかして パリッとなりそうで^^; どう思う?

| alice* | 2010/05/13 09:02 | URL | ≫ EDIT

文旦も

alice*さん、見るからに最初のと二回目のとでは違いますでしょ~(笑)。
レモン汁は、ジャムの風味づけに使います。ホットワインにも欠かせないし。ピールの味が物足りなく感じたので入れてみました。
文旦とネーブルのミックスも美味しそうですね。私は、清見オレンジで作りたかったんですが、お店のがなんだかよくなさそうだったので。甘夏の方がよさそうに見えたんです。
あ、上白糖、私も煮込みに使いました。仕上げのまぶすのはグラニュー糖でした。昔よく作ったドーナツみたいです。
母がよく作ってくれたドーナツは、グラニュー糖がある時はグラニュー糖で、ない時は上白糖をまぶしていました。
ぱりっと…なりますかね~。私も今度作る時にためしてみます。

| 菜々 | 2010/05/13 20:19 | URL | ≫ EDIT

発見した^^

昨日 ピールをおすそ分けしようと 
保存袋(ポリ袋にジッパーがついてる)に入れたのね
すこし ベタベタ感がのこっていたんで どうかなとは思ったけど。。。
会社帰りに 渡す予定だったので 
そのままにしてたら なんとサラサラしてきてて。。。
お砂糖の粒が表面に出てきたりしてた。
ザルに置いとくだけが 乾燥じゃないのか・・・って思っちゃった。
茹でた皮と同じ分量の砂糖でにたけど
後振りはしなかった。
果物の種類によって苦味も違うし いろんな味が楽しめるね。
はまるよね ピール作り^^ 冷凍できるし。
疲れたときは ちょっとつまみたくなる甘さ。。。*



| alice* | 2010/05/14 09:42 | URL | ≫ EDIT

はまりそうです

私の、二回目に作ったピールも、ベタベタした感じがあったけど、もう、乾かないだろうと思って、乾燥剤を入れたジッパー袋にいれてます。ガラスの瓶につめかえようと思います。
今日は、清見オレンジを買ってきました。
またピールを作ってみようと思います。

| 菜々 | 2010/05/16 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1821-41bcdde9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT