くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほぼ完璧な一日

今日のカテゴリは『菜々フォト』にしようか迷ったけど…『くらげちゃんが行く』にしました。

またもや、その日あったことを書けない日記ですみません。

9月4日。
午前は食料品の買出しなどのあと、円山のパン屋さん『カトルフィーユ』さんでバゲットを買う。
dog13-3.jpg
カトルフィーユさんのお店の前にいたワンちゃん。このあと少し触ってみたら、手触りもふわっふわでした~。

で、焼きたてのバゲットのいい香りのする車の中で。夫が空を見て「…いい天気だな」「そうだね…」と。
…なんだか、うちの夫婦は、貧乏性なのか(笑)土日お天気がいいと「どこか出かけないともったいない」ような気分になる(笑)。
少し前に、滝野すずらん丘陵公園のチラシがはいっていて。コスモス祭りが4日からだったんだけど。でも「この暖かさでは、コスモスまだかなあ」と。帰ってネットで調べたら、キバナコスモスが咲いてるらしいが。私はピンクのコスモスが撮りたいのだ。
コスモス祭りは10月までやってるらしいし、それまでに、まあ、お天気のいい土日もあるでしょ。と、コスモスはまだ見送ったんだけど。
それにしても、いい天気。ああ、なんだか、出かけないのが勿体無い(笑)。
そこで二人で「滝野ではないけど、小樽方面行くか?」ということになり。
大急ぎで、買ってきたばかりのバゲットを夫が切って、バゲットサンドを作ってくれた。それを持って、途中で飲み物を買って、いざ出発。

まだまだ日は高い。
プランでは、小樽で、風景のいいところへのぼって、昼間の写真を撮り、そのあと、泊村の方へ山側ルートを通って走り、海岸線へ出て札幌方面へ向かいながら夕陽撮影ポイントを探し、夕陽の後に小樽へ戻り、小樽で見たかった写真展を見たあとに、夜景を撮りにまた展望台へ。というのが計画だった。完璧だった(笑)。
青空の海を眺めつつ、小樽へ。
とっても風景のいいところへ。
otaru13-1.jpg
毛無山の展望台の駐車場へ。
あっ「けなしやま」ってホントウの名前です(笑)。眺めは抜群です。
otaru13-2.jpg
しかしまあ、昼間は、手前のイタドリとかがジャマだなっ。
otaru13-3.jpg
海も山も雲も街も綺麗。
otaru13-4.jpg
ねっホントウだったでしょ(笑)。
otaru13-5.jpg
しつこく(笑)。

otaru13-6.jpg
気持ちいいお天気だった。
otaru13-7.jpg
これ、夜どうなるのかなあ。一応レリーズと三脚は積んである。

otaru13-8.jpg
こうしてズームで寄ると、大都会っぽく見えるんだけど。
otaru13-9.jpg
ウイングベイ小樽あたりも見える。
otaru13-10.jpg
夫と大急ぎで作ったバゲットサンド。冷凍の生ハムとレタスとチーズと玉葱をサンドした。
otaru13-11.jpg
パンがしっかりおいしいので、ありあわせでもとってもおいしかった~♪

で。腹ごしらえして。ゆるゆると山側ルートを通って、泊村あたりへ。夫によると、泊や神恵内まで行かないと、海に直接沈む夕日が見られないということで。
泊に着いて、海岸線に出ると。
kamoenai13-1.jpg
あるわあるわ、海に岩がゴロゴロと。面白いのは「マウンテンゴリラの岩」とかいうのがあった。遠くて写真に撮れなかった。

神恵内方面まで走っていて。やっぱり風景のいいところなので、駐車スペースはわりとある。
そこで、『窓岩』という、大きな岩のあるあたりで、停めてもらって、見てみる。
kamoenai13-2.jpg
こちらは窓岩ではないんだけど。まあ絶景ですな。でも、
kamoenai13-3.jpg
岩はゴロゴロある。でも…雲も、ある。
kamoenai13-5.jpg
右下が窓岩。角度によっては、中央に穴があいているのが見えて、窓のようなんだそう。
kamoenai13-6.jpg
うわー…夕日でるかなあ。
kamoenai13-7.jpg
惜しいなあ。絶景なんだけどなあ。
kamoenai13-8.jpg
雲はわりと色っぽくなってきたんだけど。太陽がどこにあるかさえわからない。夕日はあきらめる。

小樽へ走る。
テレビで見た写真展を見にいく。
otaru13-12.jpg
「2010 小樽・鉄路・写真展」へ。
旧手宮線の線路に写真がいっぱい。
夜なので、感度1600で手持ちで撮影。
otaru13-13.jpg
会場こんな感じ。
otaru13-14.jpg
線路を歩いているとなんだか『スタンド・バイ・ミー』ごっこだなあ(笑)。まあここは列車こないけど。
otaru13-15.jpg
夫とこういう写真展に来ると面白い。二人とも、気に入った写真が全然違うんだもの。
猫の写真がいっぱいあったから「私これが一番好き」と、眠っている顔の写真を指すと「俺はこれ」と、なんだか、何かを見つけたような、見上げたような写真を指した。「え、これ?」と聞くと「こういう『?』な顔がいいんじゃない」…うーん。感性の違いかなぁ。
昼間のほうが写真がはっきり見えると思うけど、夜もいい雰囲気です。おすすめです。
入場は無料。9月12日(日)17:00まで。夜も照明がついていて、24時間見られます。
場所は、小樽・旧国鉄手宮線跡地(小樽市色内2-10付近 マリンホール裏手)です。

んで…。
毛無山へ戻る。フルコースの最後、夜景を撮りに。
三脚もリモートケーブルも持ってきた。さて、やるか。
花火撮影で、失敗したから…絞りをうんと絞って…
otaru13-16.jpg
ありゃ暗いわ。20秒ぐらい押したんだけどなぁ。夫に言うと「絞りいくつ?」「えーと25…」「そりゃ絞りすぎ。16ぐらいにしな」はあ…。
絞りを少しひらいて、20秒ぐらい押す、と…
otaru13-17.jpg
おお!綺麗じゃん。こうなるのか。
otaru13-18.jpg
これはマリーナのあたり。
otaru13-19.jpg
小樽のほぼ全景。ちょっと小さいかなあ。
otaru13-20.jpg
こっちは…札幌側の夜景。
まあまあこんな感じかな。夜景はいいなあ。逃げないし、かたちもかわらない(笑)。花火は難しかったもんなあ。

これで、海に沈む夕日が見られたら、完璧だったんだけど…それで「ほぼ完璧な一日」となったのでありました(笑)。まあ、夕日はまたそのうちに…。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださったら嬉しいです。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング



スポンサーサイト

| くらげちゃんが行く♪ | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

海も山も夜の街もきれいですね。(^o^)v

| カノッチ | 2010/09/07 12:36 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

カノッチさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
この日は昼間はお天気がよくて、写真を撮るのも力が入りました。夕日が見えたらもっとよかったんですけど。
遠出しない日の方が綺麗な夕日が見られるのは皮肉ですよね~(笑)。ではでは♪

| 菜々 | 2010/09/08 23:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1922-829f3188

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT