くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今できること

いよいよ明日です。
event201012-13.jpg
画像をクリックしますと大きくなります。
どうぞよろしく~。

というわけで私は朝から忙しかった。
ばたばたしながらあれこれやっている時に、電話がなった。
何年も会っていない友人からだった。名乗る前から誰だかすぐわかって「どうした~?」と聞いたら、「○○が死んだ」と言われた。○○、というのは、もう、うん十年前からの友人の名前。最初何を言うのかと思ったが、かけてきた友人も、日曜の昼間から友人に電話をかけて悪趣味な冗談を言うような性格ではないので、一瞬も疑わなかった。彼がそう言うのならそれは亡くなったのだ。脳内出血で急に倒れたということだった。
亡くなった友人とはもう10年以上も会っていない。最後に会ったのはいつだったろう。そんなに急に…。
なんだか実際的なことはあまり思い浮かばず、そんなことをふらふらと考えていた。
かけてきた友人とそのあと少し話し込んで、このあとのことをいろいろと聞いた。お通夜は明日と聞いた。明日!!イベント会場からまっすぐ行ったとしても…間にあうだろうか。
夫婦で共通の友人なので、明日一緒にお別れをしにいく。まだ、信じられないけど…。

結婚前からの友人だった。夫よりも前からの知人で、彼が結婚する時は私たちも出席したし、私たちが結婚する時も夫婦で来てもらった。私は彼の奥さまとの方がつきあいが長かった。可哀想に…。
私の年になってくると、もう、友達が亡くなって悲しいというよりも、奥さまや子どもさんたちはこれからどうするんだろう、とか、そういうことのほうが気がかりになってしまう。若~い頃は、知人が亡くなったり、その家族の方が亡くなったりしたら、単純に悲しくて可哀想だった。もう今は、単純に悲しいと感じることができなくなってしまったのかな…。
それに…数年会わない友人から急に電話がかかってくると、最近、こういうことが多くなったような。知人からの電話に「今度は何事が起きたか」と考えてしまう年齢になったということか。
数年会わないといっても、別に仲違いしたとかいうことじゃなくて、みんなそれぞれに家庭があり仕事を持っていると、スケジュールを合わせて会うことが難しくなってくる。で、会わないうちに気付いたら数年たっていた、というような。それもさびしいことではあるかもしれないけど、それでも、元気でやっていて、たまに電話がくると、「あ、元気?どうしたの?」と、昨日まで会っていたかのように話すんだけど。
たまの連絡が、友人の訃報だなんて悲しすぎる。でもこれから、そういうことが増えるんだろうな…。

とはいえ。
実際的に私は明日イベントで、それの準備がまだ終わってないんだから、それをしなければ。と、理性では考えるんだけど、何をしてても心はそこへ戻ってきてしまう。しっかりしなければ。
超実際的な夫も「もう明日お別れするまで何もできないんだから」と。それはそうだけど…。
喪服と靴を準備してすぐ着替えられるようにしておかなければ。

さて切り替えて準備をしよう。

明日がイベントだから大忙し、って、遅すぎるよね(笑)。
いつも母に言われる。「イベントって数ヶ月も前から日程きまってるんだから、早いうちから準備しておけばいいのに、なんでいつも直前にばたばたするの?」はいごもっとも!!
ウチの母、したくとか準備とかすごく早いし、何かの時「早めでもいいかな」と聞いたら「いつでもどうぞ」と返事がくる。なんで、母のこういうところが似なかったのか(笑)。
その母が、今回は飛び入りで参加してくれる。
muffler13-1.jpg
ちょっと細めのマフラー。
これ、地模様が面白い。ガーター編みなんだけど…どうなってるのか、わからん。母に聞いてみたら、説明してくれたけど、わけわからんかった(笑)。母も、お友達からこの編み方を習ったそうで、それで、面白くて面白くて、やめられなくなって。私が「次のイベント用に、数本編んでくれない?」とお願いしたら、いっぱい編んでくれた。
muffler13-2.jpg
うーんやっぱり、いくら見ても、どうしてこうなるのかわからない(笑)。
母に習ってみたけど私にはできなかった。やってもできないことというのが確かにある。
muffler13-3.jpg
一本は、フリンジをつけて、マフラーにしたんだけど…
muffler13-5.jpg
これははじっこ同士をメリヤスはぎして…
muffler13-4.jpg
今流行のスヌードに仕立ててもらった。
muffler13-6.jpg
2タイプで、いかがでしょう?
細いけどけっこう暖かいです。
muffler13-7.jpg
糸は段染めのモヘア。いろんな色で編んでくれた。母も楽しかったらしい。
muffler13-8.jpg
母のおかげで、今回ブースが淋しくないだろう。ありがとう~♪

motif13-2.jpg
これは夏糸で編んだポットマット。夏糸もしばらく箱で眠っていたもの。このさいなんでも出しちゃおう。

event13-39.jpg
2、3日前から、やめられなくなってしまった、シュシュ。
いつのまにかこんなことに(笑)。

そして…
これは売り物ではないんだけど。
kurage13-10.jpg
夫から黒くらげを借りた。お店番してもらうのだ。
昨日のひよこの巣の糸で、モシャモシャの、うさみみ帽子を編んでみた(笑)。

kurage13-12.jpg
昨日暗くて写真がいまいち…まあ仕方ない。
来年うさぎ年だし、うさぎ作ろうって思ったんだけど、間にあわず…強引に、くらげに、うさぎの扮装をしてもらった(笑)夫に大うけした。
明日は一緒に会場でお店番してもらう。頑張ろうね♪

ではでは、今日も、これから準備に大忙しです。
1ぽちをお願いします。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| いろいろハンドメイド | 12:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

菜々さんの混乱した気持ちがわかるような文章ですね。
この気持ちを整理するために書かれたんでしょう。

ワタシの友人のダンナさんも2年前にくも膜下出血で仕事中に亡くなりました。しばらく年賀状のやり取りだけだった友人から久しぶりにかかった電話が訃報だったので、菜々さんと同じくショックでしたよ。
気遣いするダンナさんだったので、友引を挟んで尚且つ祭日にお葬式になったので、余裕を持って出席することができました。今だに忘れられませんね…
人生も半分来たので、送るお話がますます増えてきそうです。そう思うと日々後悔のないように過ごしたいですね。

| piyo-bear | 2010/12/05 20:13 | URL | ≫ EDIT

そうなんですね

本当に、まさか、こんな形で、その友人とご家族と会うことになると思いませんでした。行く前は、行きたくないような気持ちでしたが、昨日の日記に書いたとおり、行ってよかったと思います。お別れが言えたし、他のなつかしい友人たちにも会えたから。こういうことでも、会えたことは嬉しかったです。
私も、後悔のないようにこれから生きたいです。では。

| 菜々 | 2010/12/07 21:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1979-10ab7907

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT