くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長い一日

今日は…本当に長い一日だった。

イベントのことをかけあしで書こう。
9時ちょっと前に着いてブースをくじ引きで決めてあわただしく搬入。
event13-40.jpg
お店番のうさみみ黒くらげ~♪

event13-41.jpg
相変わらず…高低差のない、工夫のないディスプレイだな~。
もう今回は出られないかもしれないと諦めてたので、今できることをしよう。
event13-42.jpg
私のブースはこんな感じ。簡素ですなあ(笑)。

event13-43.jpg
かごに山盛りにしたシュシュ(でもこれは後で見づらいと思ってかご撤去した)。

event13-44.jpg
母の編んだスヌード。

event13-45.jpg
眠っていたサマーヤーンで編んだポットマット。

event13-46.jpg
昨日の晩完成したうさみみくらげたち(笑)。

event13-47.jpg
あみぐるみたち。…こうするとなんだか鉱物標本みたい(笑)。

event13-48.jpg
これもぎりぎりまで作っていた冬ひよこ。

私のブースはこんな感じです。
なにしろ搬入が開店直前一時間前からなので、画像が一日目終了後でごめんなさい…。

今回は実用品メインなので、ブースはすかすかじゃないんだけど、なんだか淋しかったので、カードに落書き…ではなくて、プライスカードを…と思ったんだけど。

event13-49.jpg
見事な落書きレベル。
…我ながら、走って逃げたくなるぐらいヘタだ。
でもいいんだ、ヘタでも描くことが大事。いっぱい書いてりゃそのうちうまくなる(強引な理屈…)。
絵なんてヘタでも、わかればいいのよ、わかれば。

とはいえ…
event13-50.jpg
『スヌード』の形状をあわらすのが難しい!!

event13-51.jpg
頭についてるのがシュシュなのかゴミなのかわからない(笑)。

event13-52.jpg
結局一番ましだったのが、最初に描いたマフラー。

…広告チラシの裏使って練習しなきゃ。

ムーランルージュのオパオパさんや、K子さんや、出展者の皆様とお話していると、それだけでもう気分が明るくなる。このあとのことを忘れそう…というか、行きたくない、なあ。お通夜。
もちろん、友人の(しかも本人の)お通夜だ、行かなくてどうする。きちんとお別れしなきゃ。
そう思うんだけど…なんだか実感がわかない。10年以上も会ってない。それが、電話で死んだと聞かされても…すぐには実感がわかない。新聞に、死亡広告も載った。現実なんだけど…。ここにいて、みんなと話していると、元気とパワーをもらえる。明るい空気が満ちている。その中にいると…つい、いつまでもここにいて、あの電話のことを、なかったことに、できないかな。と考えてしまう。
喪服持参でイベント会場に来て今更なにを考えているのか、と思うけど…。

で、まあ、イベントは、とっても楽しかった。あっという間だった。あっという間に、五時。
event13-57.jpg
箱の中身をぶちまけたようなディスプレイ(笑)。
event13-58.jpg
明日はもうちょっと工夫しなければ。
event13-59.jpg
朝と全然様子が変わっていないじゃん、というつっこみはなしですよ~。

で、5時に、商品に早々に布をかけて、倉庫みたいなところを借りて着替えて会場を出る。
そのあとは…お通夜の会場には早くに着いたけど。始まる前に、喪主である奥さまにご挨拶。
私はもともと、今回亡くなった友人の奥さまに、習い事を習っていた。それで、当時は結婚前だったけど、先生の彼氏ということで、彼とも会う機会が多かったし、車のなかった私が、習い事のあとに、彼に車で家まで送ってもらうことも多かった。私が夫と知り合ってからは、夫の方が彼とは親しいようだった。なんていうか、口数の少ないモノ同士、うまが合ったのかしら。
先生(奥さま)は、突然のことで、憔悴しきっているのがわかる。こういう時、なんて声をかけたらいいのか…。
遺影を見上げて、今更ながら、現実の厳しさを実感する。私といくつも年が離れていない友人の写真がそこにあるのは、つらすぎる。
数年会ってない友人たちがけっこう来ていた。中には○十年会ってなかった人まで。思わず「おなつかしい」と言ってしまった。むこうは「変わらないねえ」と。お上手だ(笑)変わってないわけはないんだけど。きっちり何十年分年とってますんで…でも、なつかしい人たちに会うことは、嬉しい。でもそれがこういう場だとは…。
お通夜で、彼の亡くなった時の様子などを詳しく聞くことができた。ほんとに突然だったらしい。苦しまなかったとしたら、それだけはよかったと思う。
それまであまり涙もでなかったけど、お焼香のあと、ご家族の方とお話した時に、やってしまった。息子さんが大きくなっていた。それがまあ、彼にそっくりだった。私はこのぐらいの頃の彼を知らないのだけど、彼が若返ったらこんな感じかしら。だから、そんなことを言うつもりではなかったのに、あまりに似てるので「息子さん、そっくりだね」と言って、私は、お子さんたちに「私は先生(奥さま)の教え子だったの。あなたたちのお父さんには、よく、家まで送ってもらったの」といったらゴーっと涙が出てきちゃって「(送ってもらって)ありがとう、ありがとう」と、ぐしゃぐしゃの顔で言った。あとで考えれば支離滅裂なことを言ってしまったなあと思ったけど、気持ちは伝わったのではないかな…と思う。

そのあと、友人たちで、集まって、帰ろうかとしたら、奥さまから「せっかくだから残っていって」と言って戴いたので、むげにお断りするのも失礼だし、それに、みんなはどうか知らないけど、私は、みんなと、少し、その人のことを話したかった。
みんなでお茶(全員車だったので)を飲みながら、いろいろ話す。それが、気付かなかったけど、誰と話しても、誰からも、非難がましいこととか、批判のようなことはでてこなかった。故人をはばかって、ということではなくて、本当に、出てこないのだ。会社の方も「真面目で一生懸命だった」と。家族のみんなの送り迎えや買い物など、いつでもどこでも一緒だったらしい。真面目な彼らしいと思った。それなのに…。
私は特に宗教は信じていないのだけど、今日は、思った。神様、なんでですか、と。
彼にも会った。眠っているようだった。
もともと口数が少ない人だったけど、本当に、話せなくなってしまった。
私には、わりと辛らつで「おまえ、もっとやせろや」とかよく言われたなあ(笑)。でも言わせてもらえば、彼がやせすぎで、彼からみればみんな肥満気味なんだい。そう、彼は痩せていた。メタボなんかほど遠い感じだった。運動もしていたらしい。何十年も体型かわってないみたい。うちの夫も含めて、再会した友人たちがややメタボ気味になっているのに、彼は変わらないなあ。他のみんなのほうがよっぽど不健康そうなのに…そんなことをつい考えてしまう。

で、ご馳走になったあとに、もう一度、奥さまやお子さんたちにご挨拶しにいって。
彼そっくりの息子さんは、部活でスポーツをやってるそうな。そのこともだけど、これからも含めて「頑張ってください」と、今度は泣かずに言ったら、彼も笑顔で「はいっ」と答えてくれた。その笑顔になんだか救われてしまった。こちらが力づけてさしあげなくてはならないんだけど…でも、いいか。

こうして、何年かぶりに友人たちと歓談した。こういう悲しい場でなければ、もっとよかったけれども、それでも、こうして会えることは素晴らしいことだ。と、心から思った。

さて、いろいろとあって、なんだかすごく疲れたような気がするんだけど…今日のことは、どうしても、書いておきたかった。亡くなった友達のこと。真面目で口数が少なくて、控えめででしゃばらないで、いつ会っても飄々としてて、私にはやや毒舌だったけど(笑)誠実で家族思いだった彼のことを、書いておきたかった。
いつも、なるべく、楽しく読んでもらえるようにと心がけているので、今日のことはいつもの姿勢に反するかもしれないけど、でも、私の日記だし…書きたいことがあるなら、書けばいい、と最近は思うようになった。
長い話を読んでくださってありがとう。
イベント、明日もあります。頑張ります。
はげましに1ぽちをお願いします。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
スポンサーサイト

| きょうのできごと | 23:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホント、昼・夜の気持ちの切り替えが昨日は大変でしたね。。。。。
私よりお若い方のご不幸は、知らない方であっても心痛みます・・・

逆に、「まだ修行せよ!」って生かされてる私達なんだから、1日1日を大切にしていきましょう☆

今日もしっかり生きた証となる1日でありますよう!
よろしくね♪

| ムーランルージュ・オパオパ | 2010/12/07 08:55 | URL | ≫ EDIT

切り替えなくても…

オパオパさん、今日も昨日もありがとうございました。
始まる前は「イベント初日おわったらすぐお通夜」と言い聞かせていたんですが、始まったら、お通夜のこともどっかいってしまって。切り替えようとか無理に思わなくても、オパオパさんや、ジャンヌさんやK子さんや、出展仲間のみなさんとお話してると、自然に楽しい話になるんです。あの中にいられて幸いでした。イベント期間じゃなくて、家にいたらもんもんとしてたかもしれません。

昨日もでしたが、今日は、もう、笑いすぎ、楽しすぎで、なんだか人生のいいところだけしっかり味わいました。これから先、昨日のようなことが多くなるのかもしれませんが、だからこそ、楽しいときは精一杯楽しんでいこうと思いました。
楽しい二日間をありがとうございました♪

| 菜々 | 2010/12/07 21:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/1981-b23a05f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT