くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レッサーパンダメイク

昨日の続き。
フェルトで作った、レッサーパンダの頭が、どうにもリラックマのようなので…レッサーパンダ風のメイクをすれば。
と、いうわけで。やってみた。
felt15-11.jpg
二代目レッサーパンダくん。
これがけっこう、完璧な顔ができたと思われた。
ん!?
felt15-12.jpg
やあ、初代(笑)。
初代に比べると、顔縮んだなあ(笑)。初代は、どのぐらいになるか見当もつかなかったし。これの実物を見たオパオパさんには「いつもの菜々さんの作品からすると、ちっちゃくないね」と。そーなんですよ…でも、これ、あみぐるみほどの小ささで刺せないのですよ。針が怖くて(笑)。この、フェルティングニードル、刺さると超痛い。いつも、びくびくしながら、刺している。これ、入り込んでいる時に、インターフォンでも鳴ったりしたらどうしよう…なんて、考えながら刺してたら、隣の夫が、くしゃみをしたもんで、飛び上がった(笑)。指は刺さなかったけど…びっくりするじゃん!!…フェルトは一人の時にしよう。そう決心した。
そんな状態なので、小さくするなんて…無理!!

で、二代目が、完璧なレッサーパンダになれたと思ったから。
感じを忘れないために、たて続けに頭を5匹分作って練習~。それがあの、
felt15-9.jpg
リラックマもどきというわけ(笑)。

さて、感じを忘れないように…。
まずは、
felt15-13.jpg
白いまゆ毛?を刺す。
円山動物園に通いつめて、レッサーパンダの写真を撮りまくったから、資料はいっぱいある。これは、美人さんの、ココちゃんをモデルに…と思ったけど、その娘ライラの顔に似てるかも。ココのマユは上がり気味だったから、あげてみた。おー、凛々しい(笑)。
そして、次は、
felt15-14.jpg
目の下の濃い茶色のライン。
あー、フェルトって、色つけるのカンタンだなあ。つけたい色をかぶせて刺すだけだもん。編んで色を変えるの、あんなに大変なのに…これは、楽だなあ。失敗すれば、早いうちにひっぺがせばいいし。

見えづらいかなあ?んじゃ、
felt15-15.jpg
こんな感じ。

そして、その外側の、白い部分。これを入れれば、完璧!?
felt15-16.jpg
これでレッサーパンダに…
felt15-17.jpg
なれたかなあ…

いや~、しかし、フェルトって楽しいわ。
あみぐるみで、顔の模様の色を変えたり、体のラインが気に入らないと、ほどいて編みなおすしかない。でも、糸によっては、ほどけないような糸もあるので、最初から編み直し、ってことにも。
でも、フェルトなら、小さくしたけりゃ針でとんとんとつついていれば縮んでいくし、太らせたければ、同じ色の羊毛を足してまた針で押さえればいいわけだし。そう、フェルトの場合、体のラインづくりが、編むよりも断然らく~。太らせるも痩せさせるも思いのまま←うらやましい(笑)。
これなら、前から作りたい、アレもコレも…できるんじゃないか?と、もう、早くも、はまってしまっている(笑)。

で、そんなんで、メイクした子たち。
felt15-18.jpg
右の子はちょっとぼわぼわしてるけど、二匹とも、凛々しいじゃん(笑)。
なんか、私が作ると、気が強そうな顔になるなあ…やっぱり、似ちゃうんだろうか(笑)。

で、面白くて面白くて、5匹一気に。
felt15-19.jpg
これを夫に見せたら「おー、ラスカルの大群だ」と言われる。
リラックマでもアライグマでもないっちゅうの!!

はあ…まだまだ、精進しなければ。
あと問題は体とのバランスだなぁ。初代は、頭がでかくて、体が小さくて、ヘンだった。
まあ、やってみよう。6匹分の頭があるわけだから(笑)。

1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| いろいろハンドメイド | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2254-20c8c71a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT