くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くらげのお正月

年初めからばたばたで(笑)まあ、お正月なんて、そんなもんでしょ。
実家でまったりはしてたけど。

大晦日に。
soba16-1.jpg
叔父直伝の、手打ちそば。夫の去年最後のお仕事。
soba16-2.jpg
叔父はもう数年前に天国に行ってしまったけど、叔父の手打ちそばは、夫が受け継いだ。そばつゆの作り方、ゆでかたは私が受け継いだ。まだ叔父にはかなわないけど(笑)。
大晦日に、打ち立ての蕎麦と、そばつゆのもとである「かえし」をペットボトルに入れて、祖母の家まで届けてくれた叔父のことを思い出す。その頃は祖母も元気で家にいたし、離れて暮らす祖母の息子たち(もちろん私の父も)がそれぞれ家族を連れて30日ごろに集まり、がやがやした年越しだった。蕎麦打ちの叔父は比較的近い場所に住んでいたので、いつも、大晦日の夕方頃に、蕎麦をもってきてくれる。2リットルのペットボトルに、なにやら薄い色の液体も入っている。これは?と聞いたら「ダシだよ」と。なんと叔父はダシまでひいてもってきてくれた。いたれりつくせりじゃん(笑)。つめたい蕎麦用と、あたたかい蕎麦用とでだしのひきかたも違う、というのも初めて知った。こんなおおざっぱな姪と、義姉や義妹たちにまかせておけなかったのか(笑)叔父はその場でつゆを作り、そばを茹でて、あとは食べるだけにして、そのまま去ってゆく(笑)。叔父の手伝いをしていたので、私もかろうじて叔父風のそばつゆの作り方は覚えている。
夫がこれを習った時に「すじがいい」と、ほめてくれたっけなあ。おかげで、年に数回も打たないけれども、きちんと頭に入っているし、体が覚えている。
叔父の葬儀の時に、参列者のみなさんが「もう蕎麦が食べられないな」と言っていたのが、悲しくもおかしかった(笑)だってみんな同じことを言うんだもの。
叔父もあっちで大晦日に打っているのかな。

さて。
年越し蕎麦と、年内最後の晩餐の準備が整うと。
※あ、北海道では、大晦日の晩、ごちそうを食べて宴会をします。おうちによってはおせちを食べることもあります。
これは、夫が、前の日からしたごしらえしていた、
newyear16-1.jpg
ローストビーフ。…なんだかおいしそうに見えないなあ。カブトムシの幼虫みたい←と、夫が言った(笑)。
切ると、
newyear16-2.jpg
おおローストビーフじゃん!!
これが食べられるとき、つくづく、この人と結婚してよかったなあと思う(笑)。
↑自分でも、覚えるべきなんだが…夫が作ったほうがおいしいんだもの。

写真を撮ってないけど、ほかにもいっぱい、作りました。
料理人はほとんどが夫、補佐が私と母。
大晦日は、栗きんとんの裏ごしをずっとしていた。手が痛くなった(笑)大量だったもんで…。
伊達巻とカマボコは買った。
おせちは、正月まで封印。ローストビーフと手づくりハムがあったし、ほかにもいろいろあったから。
毎年、実家で、慎ましやかに宴会をするのだが、内容はそんなに慎ましくもないかなあ(笑)。

newyear16-3.jpg
これは、去年、小樽の「北の誉酒造」を見学した時に、試飲して買ってきたもの。
酒造見学バスツアーがあったから参加した。楽しかった!
一番おいしいと感じたものを。
それと、
newyear16-4.jpg
写真が暗くなっちゃったけど。これも試飲して気に入った、「苺にごり」ほとんど、苺カルピスみたいだった(笑)。小さな瓶なのであっという間だった。

soba16-3.jpg
夫のそばをゆでて…
soba16-4.jpg
ごちそうの最後に、年越し蕎麦。
普段は、手打ち蕎麦なら、断然冷たい蕎麦派なんだけど、年越し蕎麦はあたたかくなくっちゃ。

そんな感じでの年越しでした。
一年前もほとんど同じだった。
いつもどおりの年越し。でも、それが一番幸せなんだなと思った。どっか遠出しなくても、みんな元気で、楽しく飲んで食べて。それができるって、いいことなんだ。

元旦は、初詣にいってきた。
newyear16-5.jpg
今年の運勢は、
newyear16-6.jpg
「小吉」………あんまりよくないかな。でも、いいこと書いてあったから。
大吉だった夫のよりも、それぞれの項目は、私の方がいいこと書いてあったような気がする。
お守りは、今年は、
newyear16-7.jpg
「絆守り」というのがあった。今年、新しくできたみたい。可愛いのでこれにしてみた。
まあ、私のやってることは、絆を大切にすることが、成功につながるような気がするし。

そんな感じでした。
では、1ぽちしてくださったら嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| どうでもいい話 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2271-6c3cb31a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT