くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

眠れない

もう、放送終わったから…。
あ、最初にことわっておきます。「今日」って書いてるけどこれは31日の競技についてです。書いてるのは1日です。でも気分は、今日ってことで…。
 
男子シングル、高橋大輔選手、羽生結弦選手、ダブル表彰台、おめでとう!!
高橋成美選手、マービン・トラン選手、三位おめでとう!!

男子シングルについては…ぞくぞくした。鳥肌たった。
ちょっとまあ…納得のいかない部分もあるにはあったけど。それについては書かない。
とにかく、男子、二人が表彰台。素晴らしい。なんていい日だ~。
寝てられるか~(笑)。

今日の男子フリー、素晴らしかった。
ひとつだけ…フランスのブライアン・ジュベール(ユベールと発音するんじゃないのかしら)選手の点数が、低いような…これは心底そう思った。これははっきり書いちゃう。
昨日のショートで、強いユベールさんが戻ってきたようで、嬉しかった。前はあんまり好きじゃなかったんだけど…でも、いつも、四回転にこだわり、攻めの姿勢をくずさないところが、とても立派だと思った。
それが去年だったかな…震災で、一ヶ月遅れの開催の世界フィギュアで。それぞれ各国の選手が、日本にメッセージをくれて、ユベールさんが「日本の皆さん、大丈夫ですか」と。「皆さんのことがとても心配です」と言ってくれた。私なんぞは皆さんに申し訳ないぐらい、元気だったけど、それでも、被災した日本人を気遣ってくれたメッセージは心に響いた。
最近表彰台から遠いイメージだったけど、その彼が、今回は、優勝しちゃうんじゃない?というぐらいの素晴らしい演技をした…のに、点数が…低い。とたんに、フランス開催ってこともあったけど、もう、ブーイングの嵐。でも、キスアンドクライで、点数を見たジュベールさんは、納得したように頷いたあと、両手を、台につくようなしぐさをした。あれ、多分、観客に「ブーイングをやめてくれ」と、いうことだったんじゃないのかな。私にはそう見えた。…立派だ。
表彰台に立たなくても、感動した。ありがとう。

アモディオさんの演技も素晴らしかった。でも、途中、曲に、ヴォーカル、入ってなかった?あれ…大丈夫?減点されないのかな…それだけが気になった。去年もそんなことあったような。減点されたかどうかわからないけど。アイスダンス以外で、歌詞のあるヴォーカル入りの曲は使用不可って思ったけど。コーラスとか、あーとからららとか、歌詞の意味をなさない声は大丈夫だったはず。羽生くんのフリーにもコーラスはいってるよね。

いろいろ書きたいけど、時間がない。でも、羽生くんについて。
2分ぐらいから、早くも息がきれてるようで、もう、心配だった。最後まで、大丈夫?
夫が見たら「もうヘロヘロじゃねえか」って言いそう。私も見ていてそう思った。
でも、最後のジャンプまで、跳んだ。去年は、最後のジャンプは入らなかった…スタミナ切れで。気迫だけで、滑っていたように思う。でも、彼の滑りには、なにかがある。
去年のロシア杯でも、涙がでたが、今回も泣いてしまった。彼の頑張りには涙がでる。
フランスだったけど…すごい歓声だった。日本にいるのかと思った。日本からかけつけたファン以外にも、地元フランスのお客さんも、他の国のお客さんも、みんな、彼の滑りに感動していた。その証拠に、彼のフリーの点数はとんでもなかった。まさか、あそこまで出るとは!!彼はもちろん、四回転も跳ぶし、技術面でも強いんだけど、表現力もすごいと思う。両方備えた選手なんてすごい。ただ…スタミナ、つけてくださいな。おわるまでもつのか毎回心配でしょうがない(笑)。
彼の滑りが終わった時に「表彰台に残れるはず」と思った。最終グループでないにもかかわらず。実際、本当に、高橋大輔が出てくるまでは、彼が一位だった。素晴らしかった。
羽生くんであまりに感動しすぎて、そのあとの選手の演技が、まったく頭に入ってこなくて困った(笑)。ごめんなさい。録画してあるからあとで丁寧に見よう。これは、永久保存版だ。

大ちゃんも素晴らしかった。フリー完璧だった。非のうちどころがなかった。冒頭の四回転跳んだとき、私は大喜びしたが、でも「ここで喜んじゃいけない。全部のジャンプを跳ばなきゃ。全部ミスのないように終わらなきゃ」と。いつも、四回転が入るとそれだけでも嬉しいのだが、今回は完璧でなければならない、と。
しかし、滑っていて思うのは、あの歓声。成功した「おー」という声もだけど、彼の場合は、女性が発する「キャー」の方が多い(笑)。競技でここまで、黄色い声をあびるのは、彼ぐらいだろう(笑)。優勝したチャン選手よりも、黄色い声が多かったに違いない。と考えるのは、私だけではないはずだ(笑)。
そう、それが言いたい。点数では、二位と三位だったが。人の心を打つ演技をしたのは羽生くんで、完璧な演技で感動をくれたのは大ちゃんだ。それで、充分だ、私には。

と、そんなこんなで。
男子シングルの観戦で、ややエネルギーを使い果たした感…明日は、真央ちゃんの応援があるのに!!
大丈夫、真央ちゃんへの応援は、枯れることはない…しかし、疲労してるからなあ(笑)エネルギーをたくわえなくては。
おまけに…あみあみが、中断されてしまった!
羽生くんの前あたりから…もう、編み針と、毛糸をぶん投げてしまった(笑)。こんな試合を前にして…こんなもん、編んでられっか~!!って(笑)。
なので、はかどってない分を、睡眠を削らなきゃならないのです。頑張ります。どうせ興奮して眠れないのだった(笑)。
ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| Happy | 01:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日は見てましたよ!翌日が休日だったので夜更かしして。
羽生くん、すごかった!
最初のジャンプが決まったときに「いけそう!」と思ってたら、何でもないところで転んだ。
これで崩れるかと思ったら、余分な力みが抜けたのか後がとても素晴らしかった!最後のステップの気迫あふれる滑り!
気分はお母さんでしたが(笑)ワタシの息子って言っていいくらいの子だものね。
高橋君もパーフェクト!NHK杯よりもよかったよね?それでも羽生くんの方が点数高かったのは、あの表現力だろうね~。
大ちゃんのブルースは難しいのはわかるけども、観客が共感しにくい曲だし。羽生くんのフリーはわかりやすくて、盛り上がる。
選曲ってホント大切だね。

あ~~最後の演技者については…言いたいことたくさんあるけどね(笑)ワタシもジュベールさんの方がよかったと思うんだけど?スケーティングが対称的な二人だからかなぁ。滑らかさではチャンの方があったから。

ただ、女子の結果出てますから。
ネットとかテレビ見ないでね!

| piyo-bear | 2012/04/01 07:57 | URL | ≫ EDIT

おかげさまで

お気遣いありがとう。午前中に、お友達のshinkoさんからも、「もう結果でてるから気をつけてね」って知らせてもらいました。それで、新聞もシャットアウトし、テレビも、報道やってそうな局や時間を避け、録画番組ばっかり見てました。おかげで、リアルタイムで見て…リアルタイムで納得しました。真央ちゃんについては、今書く元気がありませんが、明子ちゃんが表彰台に上ってくれて嬉しいです。今日の明子ちゃんは、滑る喜びに満ちあふれて滑っているように見えました。あの顔が見たかったです。ここ最近、明子ちゃんのフリーは自身が満足いってないように見えましたから。
なにより悲しかったのは、真央ちゃんが、滑る喜びが顔に出ていなかったこと。点数がどうのこうのよりも、本人が、満足して滑っているかどうか、それも重要だなと、今日つくづく思いました。ソチまであと2年。2年かかってもいいから頑張ってほしいです。

羽生くんについては、それ一件だけで記事書きたいぐらい(笑)。彼もミスがあったし、完璧ではなかったけど、あの滑るを見ていて「完璧でないからといって、だからなんだ?」といいたくなるような、そんな演技でした。後半の鬼気せまる表情は「ジュリエットを失ったロミオの苦しみ、怒り」を表現しているらしいですが、後半にさしかかり、体力的にきつくなって、なおいっそう、苦しい表情がリアルなんじゃないかと思います(笑)。会場の、外国人の皆様、今回初めて羽生くんを見た方たち、あの、女の子のように華奢で、優しげな顔の彼が、リンクにたつとあの鬼の形相にかわるのにびっくりしたでしょうね。ホント、迫力がありました。
大ちゃんのブルース、去年よりもずっといいと思いました。あの盛り上がらない曲でも彼が滑ると「キャー(ハート)」の嵐で(笑)。でも私は、やっぱり、あの、一昨年のショートプログラムの「エル・マンボ」みたいな曲の方が似合うと思うんですよ。たぶん、彼自身が、同じような曲を選びたくなかったのかもしれませんが。エキシビションのアンコールでは、お約束になってるようです。アレをやらないとお客様が帰してくれない感じでしたよ。

ジュベール選手とチャン選手はタイプとしては同じですね。ただ31日の、自分の滑りを終えて、自分の満足のいく滑りをして、歓喜の表情のまま、リンクに口づけた、彼の姿が忘れられません。優勝した選手とは対象的でした。目に見える形でメダルがとれなくても、観客には、見えないメダルがあったと思います。

| 菜々 | 2012/04/01 22:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2337-3d33b091

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT