くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

芝生を作ってみた

本題のまえに…
rose17-1.jpg
まあそういうことで。おめでとう、自分(笑)。
実際はバラ10本じゃすまない年齢だけど(笑)。

昨日、『織音座』の帰りに、いつものぞく、花屋さん。
バラが安くてとっても綺麗だったから、買った。ピンクやオレンジもあったけど、この黄色が可愛かった。
そしたら、店員さんが、花を長持ちさせるために「水切り」というのを教えてくれた。そして、ちいさなブーケをくれた。
rose17-2.jpg
「切れちゃったり落ちたりしたものですが」と。嬉しい!「ありがとうございます」と。こういうの嬉しいなあ。まさか、私が翌日誕生日だと知っててくれたわけではないだろうけど(笑)。ありがとう「花時計」さん。

そんなわけで、今日は、ささやかにゴチソウとかを作らなくては。ジブンのお祝いだけどジブンでやるしかない、大人になるって悲しいなあ(笑)。

で。
昨日『織音座』で習った、『シャギー織り』。
orionza17-5.jpg
写真じゃわかりにくいかもしれないけど、織った糸がツンツン草のように出ている。
まだ、織りあがったままで、たて糸のしまつも、余計な糸も切ってないけど。
これ、どうするのかというと、まず、
box17-1.jpg
かなり昔に買った、百円ショップの木箱。12.5cm×23cm。こんなのが百円で買えちゃうんだよね。有難い。
素麺の木箱も考えたけど、あれ大きすぎるのよね。と思ったから。
この木箱を持参して、教室で中の寸法を測って、それに合うように織った。
見た目複雑そうに見えるので「先生、私にできますか?」とたずねると「菜々さんができるかどうかじゃない、私ができるかどうかなのよ」と(笑)。そんなに、難しい技法ではないということだけど、ただ「手間かかりますよ」そうですか…まあ、なんとか。小さい面積だし。
先生きちんと思い出してくださったので、なんとか私でもできた。でも、これ、本当に、素麺箱にしなくてよかった。素麺箱なら夜中までかかっただろう(笑)。
orionza17-6.jpg
これ、たて糸。たて糸はどんなの選べばいいのかな?と、適当に持参した。というのは、見本のシャギー織り地(以前、イベントで、出展者さんがプレゼントしてくださったもの)は、たて糸がまったく見えなかったから。なんでもいいのだなと予想した(笑)。先生に質問すると、案の定「見えないからなんでもいいの」と。なるほど。前回の、ベルト織りとは逆だ。ベルト織りは、たて糸しか見えなくて、横糸がかくれてしまっていたので。
ストールやマフラーなら、たて糸の根元を結んだりするけど、これでそれをやると、結び目でゴロゴロしてしまう。ので、
orionza17-8.jpg
捨て糸のところを接着剤でかためる。荒っぽいが、これでいい。どうせ、木箱にしきこむんだし。
で、接着剤でかためて、たて糸をぶつぶつ切っちゃう。そして、木箱の内側に接着剤を塗って、
box17-2.jpg
敷き込んだ~。簡易芝生のできあがり(笑)。と言ってしまうと、色気がないなあ。「草原もどき」とか…。
これ、端っこにぐるっと、柵をもうけようとしたんだけど、夫に意見をもとめると「そうすると、高さがでて、あみぐるみがよく見えないよ」と。それで「このままでいいか…」と、断念。
まあ、なんとか、それらしいかな。
今回、草原のいきものも作ってみた。
box17-3.jpg
草原のヤギ。
box17-4.jpg
草原のウリ坊。草原…?まあ、いいか。
box17-5.jpg
草原のぱんだ(笑)。笹のほうがいいか…まあ、なんとか。
box17-6.jpg
草原のアザラシ(笑)。強引ですな。まあ、私のつくるものは、イイカゲンなので。

これは、什器にしようっと。
box17-7.jpg

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| いろいろハンドメイド | 18:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

菜々さん お誕生日おめでとうございました
おいしくお祝いできたようですね
芝生 とっても素敵にできましたね
織った糸がツンツン出るのが 本当の芝みたいでいいですよね
なぜツンツン出るの?切ってあるの?
。。。私の中でナゾです^^

| あおい | 2012/07/22 09:28 | URL | ≫ EDIT

コレハタノシイです

あおいさん、ありがとうございます。
やっとイベント準備おわりました~。
これがやりたくて、織りはじめたのかもしれないです。楽しいです。忍耐ですが(笑)。
たて糸に結んだあとに、厚紙に横糸をくるりと巻いて、それを、あとで切るのです。結んであるから、無理やりひっぱりでもしなければ抜けないです。もっと、いろいろ作ろうと思います。

| 菜々 | 2012/07/25 22:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2415-77f77c6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT