くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プチ整形と、二体目

イヴは浅田真央ちゃんの「メリー・ポピンズ」を見てきて、ゴキゲンな菜々です。
それ以外はクリスマスらしいことも何もせず…ああ、年賀状、まだ出来てないや。天気が悪くて、写真もいまひとつなものばっかりで。せっかくヘビ作ったのに…やっぱり、良く撮りたいし。なので、私の年賀状が遅れて届きますが、ご勘弁を。

さて。
最初に作った、フェルトのレッサーパンダ。
felt18-5.jpg
写真は再掲載です。全体の、姿はとてもいいと思うんだけど。
felt18-6.jpg
顔がねえ…もうちょっと、頬毛?っていうの?ほっぺたの白い毛が、ふわふわと、していたような気がする。眉の白い毛も長かった気がする。ので、プチ整形を施してみた。
felt18-7.jpg
写真が赤っぽくてごめんなさい。暗くなってから撮ったので。
右のが最初の。で、左の顔だけが、二体目。
このほうが、顔ほわほわで、それらしいと思うのですが…いかがでしょう?

体は、どこも、直す必要がないと思うので、このまま。というか、この体が気に入っている。
最初に、なんとなく、ほわほわ刺しただけなのに…こんなに、すんなり行ってしまって、どうしましょう(笑)。いつものことだけど、最初のコって、「こうだったっけ?」みたいに手探り状態で、やるのだが、それで、思いのほかうまくいった場合。「もういっちょ」とばかりに、2体目にとりかかるんだけど、そうすると、うまくいかないんだよねえ。なんででしょう…まあ、だいたいわかる。最初の時は、比較するものがないし、初めてだから、欲がない。しかし、気に入ったものができてしまうと…次は、それよりも可愛くしたい、もっといいものを作りたい。そんな欲が出てきて、そうなると、逆に、力が入ってしまい、うまくできなかったりする。で「あれ?最初ののは、どうやって作ったっけ」とまで悩むことになっちゃう。2体目が一番難しい。
特に、フェルトの場合は。あみぐるみだと、同じ毛糸を使用していれば、編み図が同じなら、苦労しなくても、だいたい同じ大きさのものができる。しかし…フェルトは。ただ、なんとなく、ぷすぷす刺しているだけなので、同じような大きさのものをイザ作ろうとすると、難しい。使う羊毛の量を量ったりすればいいのかもしれないが、いつも、スライバーから、ちょこっととっては刺し、足りなきゃまた足しては刺し。そんなことをやってるから、どれだけ使っているのか、正確なとこはわからない。レッサーパンダの場合、色が複雑だから、多色使うので、終わったあとの作品を量っても、全体は出るけど、何を何グラムなのかは不明。こういうところが、あみぐるみと違うので、難しい。
まあそれはおいといて…
felt18-10.jpg
この作品、鼻先から、しっぽまでは、だいたい15センチ。
私の作品としては、小さくない方です…まだまだ、小さいものは作れません。だって指刺しちゃいそうで(笑)。
しっぽが長いのもあるので、シッポぬきでは、
felt18-11.jpg
それでもだいたい10センチ。
小さくしたい願望はあるけど、今は、羊毛に慣れる時期。
あみぐるみだって、最初は大きかったし。そこから、どんどん、縮めていったので。
この最初のコは、体のラインが好き。これは、円山動物園の、ココちゃんをイメージしたもの。
felt18-8.jpg
隣の二体目は、キンギンをイメージ。胴をつめてみた。
特に写真を見なくても、頭にあるイメージで、体がすんなりとできた。これは、まさしく、円山動物園に、レッサーパンダ通いをした成果だと自負している。
あ、でも…ひとつだけ、不満な点がある。
felt18-9.jpg
このシッポ…もっと、美しく植毛し、美しい縞々を出したい。練習あるのみ、ですね。
次に作るキンギンは、あかちゃんのくせに、もうリッパなシッポをもっている。頑張ろう。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると、嬉しいです。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 羊毛フェルト | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうなのです。レッサーの特徴はほっぺたの長めの毛。それが可愛さの一端を担ってると、ワタシは勝手に思ってます(笑)
リアルさを追求するとキリがないのですが、最低限の特徴を押さえておくと、それらしく見えますので、資料写真をじっくり見てね。省略できるところと必要なところを上手く見極めてデザインしてね。あみぐるみと基本は同じですよ。

| piyo-bear | 2012/12/27 11:39 | URL | ≫ EDIT

はい~

レッサーパンダは、素晴らしい芸術品だと思います(笑)。なんであんなにもカワイイんでしょう。絶対、あれ、ぬいぐるみで、誰かが動かしているんじゃないかと思うぐらい。レッサーパンダの前に日がな一日いて、写真撮ってると、いろんな人が入れ替わりたちかわり、来るのですが、みんな「可愛い!連れて帰りたい」とか「飼いたい」と。連れ帰れるものなら私だって(笑)。
顔が複雑な分、ポイントをおさえればそれに見えるので、実はそんなに難しくはないかもしれません。案外、パンダやホッキョクグマの方が難しいかも…。

| 菜々 | 2012/12/27 22:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2519-02575ee4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT