くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

好きになってきたかも…

まず、本日のかわいいもの。
pretty20-23.jpg
某雑貨店にて購入。カエルのマトリョーシカ。
pretty20-24.jpg
本当は5個セットなんだけど、三つ目に小さいやつが、あかなくなっちゃった。

年末のミュンヘンクリスマス市では、マトリョーシカのお店が出る。いつも、楽しみにしているんだけど、そういえば最近買ってないな~。
珍しいのといえば、私は、フクロウのマトリョーシカを持っている。母からのプレゼントだ。フクロウのは見たことないので嬉しかった~。

さて。
フィギュアスケートグランプリシリーズの、スケートアメリカが終わった。
私は編集作業に忙しい。浅田真央選手の優勝した大会なんだもの、きちんと編集してDVDに残しておかねば。モチロン高画質で録画した。その編集がねえ、けっこう手間かかる。編み物しながら、とかではできない。
これが最後のシーズンだと思うと、優勝しなくても全部保存する。まあ去年もそうしたけど。
で、イロイロ考えたが。
ショートの「ノクターン」これは優雅で美しくて、真央ちゃんにぴったり。うっとりしてしまう。SPはいうことないんだけど…FSがねえ。
ラフマニノフときいて、「………」と思った。私も聞いたことがあるが、某番組では「ラフマニノフの○い」みたいな言い方をしていたなあ。とかくの噂があるので、私は「えー…違う曲にしようよ」と最初は思った。バンクーバーの時のこともあるし。
テレビ朝日でのアメリカ大会で、バンクーバーの「鐘」を流していたので見た。…何回見ても、やっぱり、好きになれない…もちろんこれが、浅田真央選手本人が選んだ曲であり、浅田選手にしかできない最高難度のプログラムだったとしても…演技そのものは素晴らしかったとしても…それでもあえて言わせてもらうと、私は、好きになれなかった。3年たった今でも。それはなぜかというと…あの、風が吹き抜けるような、寒々しい曲が…どうしても、真央ちゃんに、しっくりきていないと。それに、当時のコーチであるタラソワ氏に「もっと怒って!怒って!」と言われていた練習中の映像を見たことある。怒りを表現させようとしたのか…それで、演技中、一度も笑顔はなかった。それもプログラムのひとつなんだろうけど…私は、真央ちゃんが笑顔で滑れないような曲は、よくないのではないか。ずっとそう思ってた。
それが今回もまたラフマニノフ…と、正直、聞いた時は思った。
ジャパンオープンで初披露された時は、正直、見た感想をありのままに言えば「『鐘』よりは、いいか」と(生意気な書き方でごめんなさい)。
もっと、ふさわしい曲があるんじゃないか…昨シーズンの白鳥では、なぜいけないのか?白鳥の湖、真央ちゃんにぴったりではないか。オリンピックにふさわしい、ということで、重厚なのを選んだんだろうか…。

とか勝手に悶々としていたが。
スケートアメリカで、フリーの演技を見た時。
確かに、あまり、明るい曲とはいえないが…でも、あの、寒々しい感じはないし、なにかこう、厳粛な感じ?それに…やはり、演技の素晴らしさにひきこまれて見入っていたが、途中、曲調がかわり、やわらかい感じになった時、自然に、真央ちゃんの笑顔が見られた。体の内側からしみでるような笑顔だった。「鐘」では最後までみられないものだった。…なんか、よかったと思った。そして、終盤のステップで、華麗なピアノの音にのってステップをふむ真央ちゃんは素晴らしく、これは、確かに、どこかでお姉さんの舞さんが「鳥肌が立つような」感じだった。なんだか、このプログラムが、好きになってきたかも。そう思った。
別に私が好きでもそうでなくても、このプログラムでソチを目指すんだけど、応援する側としては、そのシーズンを、好きだと思えるプログラムであるかどうかは、けっこう重要だと思う。去年はシアワセだったなあ。ショートもフリーも、エキシビションも、全部大好きだった。今シーズンも全部同じでいいよと思ったぐらい(笑)。
でも、今シーズンの真央ちゃんの、フリーも、今後が楽しみ。
頑張ってね~!!

また、ブログが、スケートブログになっちゃったが、お許しを。
1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| すきなもの | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2709-8e5fc7a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT