くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

試練のアザラシ

本題の前に…
makaron10-3-2_20140710212236924.jpg
私にとっての「食べるクスリ」マカロン。
これを食べると元気になれるから。
犬にたかられているけど(笑)。

まー、今週は…病院に入り浸っております。
病人のつきそいってのは、気疲れしますね~。
私も今でこそ病院通い(自分のことで)しているけど、まあ、入院の必要のない元気な人間。
病人さんが、一番、大変でつらいって、わかっているつもりです。つもり、というのは、「健康な人にはわからない」そう、言われたので。確かに…そうかもしれません。
でも、ほんのちょーっと、想像力を働かせてほしいな~。こちらも、病院に来る以外の生活があって、まあ私なんぞはかなり楽な方ですが、それでも、病院から帰れば、自分の食事を作り、食べたら、寝る時間。掃除も洗濯もあまり遅い時間にはできないし、どうしてもまとめてになるし。朝でかける前にがーーーっとすませて、家をでて、病院。どこにいっても、なんだかあわただしい。それで、けっこう疲れていても…「健康でいいわね」みたいに言われると…少々休みたい気持ちになったとして、それってひどいかな~?
まあ…たいしたことじゃないです。それに、ここ数日で、早く帰れるようになりましたし。

病院っていうのは、待たされることが多いです。だから、編み道具は必ず持参。疲れてて、なにもしたくなくても、持参。
病院では、いつ呼ばれるかわからないので、あまり複雑なものは編めない。それで、
azarashi1-1.jpg
アザラシを編んでいた。
ヒゲ用のテグスはもっていってないので、それはあとで。
アザラシをひたすら編んでいると、入院患者さんに声をかけて戴くことがあり「なにを編んでいるの?」と。「アザラシです」といっても、小さすぎてピンとこないみたいなので、完成しているものを、お見せしますと「まあ~♪」と。笑顔になってくれる。「こんな小さいの~」と。「小さいものが好きなので…」と言った。
私は、病院で、長い待ち時間に、少しでも楽しくなるようにと編んでいるんだけど、それを見て、笑顔になってもらえた。なんか、嬉しいな~。
見た人が笑顔になってくれるのが、一番、嬉しい。そう思った。
まだまだ時間がかかりそうなので、アザラシはたくさん編めそうだなあ。まあ、違うものでもいいか。
とにかく、見た人が、笑顔になってくれるようなあみぐるみを、作りたい。

というわけで、1ぽちで応援してくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

| あみぐるみ | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2836-4f2f536d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT