くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これができるんです

来月にせまった『ちっちゃいもの店』にむけて。
さて、作品を作ろう…とは思うんだけど。どうも最近、マンネリになってしまっているような。作品の小ささも限度まで来ているような気がするし…と、スランプ気味。
そこでまあ、自信を回復するには、と、今できそうなことをやってみた。

超ちっちゃい栗作り(笑)。

以前、栗を編んだことがある。
maron1-2.jpg
接写すると、小ささがよくわからないので、
maron1-3.jpg
真ん中に一円玉。
これ編んだのいつだっけ?とにかくまあ、6年ぐらい前かなあ。7年前だったか。
当時はこれでも小さいと思っていた。でも、今見たら、おむすびみたいだなと思って。不満だった。
それで、昨日、このまえ仕入れた糸を出してきて。
最初、まったく編めなくて、イライラしたが、まあなんとか形になった。
maron1-5.jpg
これ…縮んだんです。
いかに小さいか、わかりにくいかな。
maron1-1.jpg
9ミリベアちゃんと一緒に。でも、よくわからない…
というわけで、
maron1-4.jpg
7年前の栗と比べてみる。
サイズをはかると、
maron1-6.jpg
5ミリの栗。これができるんです(笑)。

タイトルの「これができるんです」は…おわかりの方にはおわかりだと思うけど。
今年の2月のソチオリンピック。フィギュアスケート女子シングル、フリーで。浅田真央選手の演技のあとに、実況の、鳥海貴樹さんが、そう仰ったので。
ソチでの浅田選手のことは、あらためて、きちんと書いておきたいけど、時間がなくて~。
でも、あの、すばらしいフリー演技の直後に。鳥海アナは10秒近く沈黙したあとに、「これが浅田、真央です」と、言った。お顔は見えなかったが、絶対、泣いていらしたんじゃないかと思う。声が、しめっていたもの。あの実況は…これまで私が見た浅田選手の演技の実況で、ナンバー1だと思っている。あの場であれ以上の解説はあるまい。
そのあとも、しぼりだすように、一言一言「浅田真央のスケーティングです」「6種類の3回転ジャンプ8つ、すべて成功」「これができるんです」
思うに、鳥海さんも、感動して、言葉がすらすら出てこなかったんじゃないかと思う。でも、一言一言が、ストレートにはいってきた。私も、あの時は、ものなんて考えてなかった。「出来るんじゃん、出来たじゃん」と、言っていた。2013年のジャパンオープンから、アメリカ大会、NHK杯、グランプリファイナル、全日本。一回も、すべてのジャンプが成功したフリーは見られなかった。ソチでのフリーのように、全部着氷することはできなかった。まあ、ソチでも、回転不足だとかなんだとかで、成功とみなされていないジャンプがあったにしても。それでも、転倒や、二回転に抜けてしまうことがなく、7回のジャンプをすべてきちんとおりることができた。これができるのは、現時点では、浅田真央しかいない。
つい力が入ってしまったが、その時の、「これができるんです」の言葉が、忘れられなかった。
そういえば、真央ちゃんも、ソチの前に出た雑誌にあったが、松岡修造氏に「どんな言葉が一番力になりますか?」とたずねられて「できる!がいいです」と答えたそうな。そうか~、そうだよね。
それでまあ、今日のタイトルとなったわけです…すいません長々と。

あっ、『ちっちゃいもの店』の記事、載せなくちゃね。
でも、今日はこれで。
1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン





スポンサーサイト

| ちっちゃいもの | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2881-c5d594da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT