くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なんとかならないか

先週土曜日から、風邪で不調だった。用事があったのででかけたが、体がふらふらしてるのがわかった。遠方で法事もあることだし、無理してはいけないとは思ったが、22日からのドールマーケットの準備もあり、寝ないで、あみあみしながら、中国杯を見ていたら…もう周知のことだろう。私はリアルタイムで見ていたので、衝撃だった。あのあと、羽生選手がでてきた時に、涙を流していたから、私は、会場のみなさんに、「出られなくなりました、ごめんなさい」と挨拶しに、でてきたのだろうと思った。でも、あろうことか、リンクに入って、ジャンプを跳んでいる。それは、今の自分になにができるかを、ひとつひとつ確認しているようだった。夫が「これ出るな」と言ったから、私は「なんでっ!?」と言い返したが、私にも、羽生くんがでるつもりだとわかった。衝突した中国の選手に会いに廊下にいったかと思うと、そのあと、表情がガラッと変わって出てきた。なにをしたのだろうかと思うぐらい、顔が変わっていた。たぶん、ハン・ヤン選手に「出るから」と言ってきたのではないだろうかと思った。たぶん、これを棄権したら、ファイナルの権利がなくなる。そう思ったから、強行出場したのだろう。でも、演技がおわるまで、気が気じゃなかった。すべるのはできるかもしれない。しかし、そこで転倒とかして、さらにひどい怪我を負うことになったらどうするのか。それが心配だった。
結果的に、これ以上の怪我はなく、二位に入ったけど…そこまでして、がんばらなくてはならないのか。どうして、誰も、やめさせないのか。最終的には選手が決めるというけど、私は、まわりが、椅子にしばりつけてでも、やらせるべきではなかった、と思う。でも羽生くんなら、椅子ごと滑りにいっちゃうそうだ、とも思った。
今回は、私は、美談では語ってほしくないと思う。ほかの選手もしないでほしい。羽生くんにも、二度としないで、と、お願いしたい。
テレビでは、必要以上に、感動的に編集していたりするものもあるけど…あおらないでほしい、と思う。今シーズンこれからだし、羽生くんは、なにも、オリンピックを勝ったからって、これからすべての試合に勝たねばならないことなんてないのだし、あくまで、自分の体が大事だと、それを自分でわかってほしい。
まだまだいろいろ考えていることはあるけど、まとまらないから、このへんにしておこう。
でも、ひとつだけ。
6分間練習、なんとかならないのかな。やりかたを変えるとか。
3人ずつ3分間じゃあ、まずいか。6人でやるのなら、外周は左まわりにまわるだけとか、真ん中はジャンプ、スピンのエリアにして、そこに一人入ったら、他の人は進入禁止とか。今度のことで、選手が、もっと安全に、練習できるようにと、工夫してほしいと思う。ISUも、演技前、名前コール30秒以内に演技しなければ減点、なんてことを決めるよりも、選手同士が安全に練習できるような体制をととのえる方を考えてほしい。
土曜日の事故で、スケートを見ることが初めて怖いと思った。いや、ソチの女子のショートでもそれは思ったけど(意味が違うが)。でもきのう、エキシビションを見て、やっぱり、フィギュアスケートっていいな、素敵だなと思った。だから、誰もこういうアクシデントが起こらず、万全の状態で演技ができるように、もっと、工夫をしてほしい。
それに、日本のスケ連も。医者が帯同しないんだ…これまで知らなかったことだが。それでいいのか。こういう事故を想定して、医者を帯同しろということではなくても、選手が、遠征中に、体調悪くなったりすることだってあるだろう。その時に、選手自身に、自分で現地の医者にかかれっていうのだろうか。これも至急、改善すべきことではないのかな。選手になにかあったときのサポートのために、もっと考えてほしい。恩恵にあずかるばかりでなく。

そんなこんなで。
風邪でしんどいのと、フィギュアでそういうことがあったのとで、完全ダウンなのだけど、イベント準備があるので、それに集中します。では、また。

blogram投票ボタン





スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2911-5a5949e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT