くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャンプを見に行く ~その3 試技を見る・撮る

今日もジャンプを見に行ったお話です。

2月28日、tvh杯。大倉山ジャンプ競技場では、午前10時から、試技が始まった。
私と夫はK点付近で見ていた。
試技の間、撮る練習をしたが…これが難しい!!
比較的、上手に撮れたものを。
jump1-16.jpg
写真は縮めてあります。写真をクリックすると大きくできます。
ゼッケン8番の岩佐明香さん。

jump1-17.jpg
11番の大井栞さん。

スタートリストを見ていると、下は中学生から、上は30代の選手がエントリー。社会人の選手の正確な年齢はわからないけど、男子は船木さんの名前もあった。船木さん、そうあの船木さんです。船木さんは30代でしたよね。

jump1-18.jpg
14番の松橋亜希さん。

jump1-19.jpg
16番の茂野美咲さん。
あ、この方知ってる。去年のテレビで、夕方のニュースで見たことがある。「フライングガールズ」という本でも読んだ。居酒屋でアルバイトをしながら競技を続けた人。今はスポンサーが決まったらしい。

アナウンスで「17番 勢藤優花」と。えっ!優花ちゃん跳ぶの?
jump1-20.jpg
おお~!!
今回のワールドカップで、沙羅ちゃんと有希ちゃんと一緒にまわってる選手だ。世界選手権では惜しくも二本目にすすめなかったけど。沙羅ちゃんの同級生で幼馴染だそうで。

…ってことは。女子の部はあと二人。試技だけど、二人とも、跳んでくれるかな…とか思ってたら。

「18番 伊藤有希」おお!!
カメラを構えて待つ。下の階段から、計測員のみなさんの話が聞こえる。「このへんまでくるだろ」とかなんとか(笑)。

jump1-21.jpg
有希ちゃん!!

テレビで見たまんま。感激…。本番で二本跳ぶので二回見られると思っていたら、試技も跳んでくれたので、3回。嬉しい…。
そのときはそんなこと考えるひまもなく、
jump1-22.jpg
連写で流し撮りで追いかけるんだけど…ああ、ブレた~。ま、仕方ない…ワタシ、プロのカメラマンじゃないし。
jump1-23.jpg
真横でも撮ってみたが…有希ちゃん速過ぎ~。
でも、いい練習になった。

そして次…ああ、どきどきする。
「19番 高梨沙羅」やった!!跳ぶんだ。
まえもって、どの選手が跳ぶのか、その直前までわからなかったんで。跳ぶ前のアナウンスで初めてわかる。
計測員のおじさまたつが色めきたつ。「沙羅ちゃんなら、あのへんまでいくんじゃないか」指した位置はK点のはるか下。

来たっ!!
jump1-24.jpg
大きさがわかるように、トリミングなしで、撮ったまま、縮めてあります。続きも。
jump1-25.jpg
ぐんぐんと近づいてくるけど、沙羅ちゃんは、ぴたっと、とまって見える。
jump1-26.jpg
あとで見たら、全部ぼけているんだけど…それでも、初めて、沙羅ちゃんのジャンプを見た。
jump1-27.jpg
テレビで見たとおり…。

着地は撮れなかった。追えなかったというべきか。
沙羅ちゃんは、私のいるK点よりもずっと先に着地。正確な距離は忘れた(ゴメン)だけど、130メートル近かったんじゃないかしら。初観戦だった夫も「おーーー」と言ってた。次元が違うというよう表情だった。
計測員のおじさまたちが、ヤンヤの歓声をあげていた。「やっぱ沙羅ちゃんはバケモンだな」ホントにそう言っていた。

あとで気づいたけど、このとき、雪が降っていた。朝から、強風&ときたま雪だったので、競技が行われるか、現地にいかないとわからなかった。試技がはじまると聞いたとき「あ、行われるんだ」とホッとした。
試技のはじめのほうは、雪降ってなかったんだけど。沙羅ちゃんの写真みたら、薄い灰色の小さな点々があるでしょ?これは、内部にごみがはいったときもこんなふうに見えるんだけど、雪です。
雪が降るとね…てきめんに、暗くなるんですよ。撮影は、明るさが命。いかに暗くなったときに対処するか、それを常に頭にいれておかないと…沙羅ちゃんのときみたいにぶれてしまう~。雪だと気づいていたら、感度もっと上げるなり、シャッタースピード遅くするなりで対処したんだけど…まあ、スピードは遅くできないか。そしたら被写体ブレになっちゃう。画像荒くなるのを覚悟で、感度めいっぱいあげれば、あのようなブレはふせげたんだけど。
屋外での撮影は、気をつけないと。というか…カメラもって、何年めだ?自分。いいかげんに学ばないとダメだな~。
(ちなみに一眼レフを買って、ちょうど7年です…はあ)。

とまあ、追記でかいてみました。記事に戻ります。

いやあもう、試技で感激。
試技に入る前だったか、118メートル付近の計測員さんが、私に教えてくれた。「ここの台を女子で一番距離を跳んだのは沙羅ちゃんなんだよ」と。「はい、中学生の時のですね。本で読みました」と言った。一応、予習をしてきた。何しろ、一ヶ月前は、競技を見ることすら思いつかないほどの、新参のファンとしては、予備知識をいれておかないと肩身が狭い。

次は、男子の試技。しかし、ここでは割愛します(スイマセン)長くなるので…。
試技だけで、おなかいっぱいになったような満足。試技でそうなら、本番はどうかな~。ビッグジャンプ、出るかな?楽しみ~。

ジャンプ観戦記は続きます。
応援してくださったら嬉しいです。


blogram投票ボタン








スポンサーサイト

| スキージャンプ | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/2972-14e0b1f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT