くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

工夫してみた

本題の前に…グリムスの樹が大人になった。キーワードも書いておこう。「ペットシア」。
gremz1-155.jpg
わ!可愛いじゃないか。こんなの初めて見た!!
そういえば、少し前に「ツリーみたいな樹になってほしい」と書いたような気がするが、まさか星でできたツリーなんて!!グリムスさんありがとう~。
ちなみに一本めは、
gremz1-14_20160118223353564.jpg
こういう形。
二本めは、
gremz1-65_201601182234194cb.jpg
こういうの。
ブログ書くの楽しくなるな~。

で、本題。
この土日、ワールドカップスキージャンプの観戦に行っていた。土曜日、マイナス五度の世界に4時間以上もじっとしていたので、もう寒くて寒くて吐き気した~。具合悪くなった。
で、日曜日行くの「やめようかな…」と思ったが、前売りでチケット買ってあったから。
それで、対策を考えた。土曜日、何が一番つらかったか。
もう体全体寒いんだけど、胴体部分はけっこう着込んでいたので、それほどではなかった。首もぐるぐるマフラーまいていたし。
動かないで雪の中にじっとしていると、私の場合、足が…爪先から、指が冷えて、それがつらかった~。あと、顔。鼻と口が、冷たい空気で痛くなってきちゃって。
それで、顔はマスクを持参して、問題は足。
私の靴は、そんなに大きくないので、冬の厚めの靴下を二枚も重ねてはける余裕はなかった。そんなに大きなサイズだと、靴下をはかないときに、がぱがぱしてしまうし。
とりあえず、靴下を二枚重ねてはいて、そして、家にあった、使い捨てカイロの小さなサイズの。あれを使うことにした。
↑それが必殺技かいっ!!と突込みが入りそうですが…そうなんです。そんなの常識、と言われるなあ。
靴にいれるのであったらミニサイズにしないと。で、探したら、以前なにかでもらった、貼るタイプのがふたつあった。これがまた、古くて、いつのだか忘れたけど、まあ、ダメモトで、これを使うことに。
貼るタイプを使うのは気がすすまなかった。私、昔電気あんかで低温やけどをしまして(寝相が悪くてカバーをはがしてしまっていたせいです。つまりあんかのせいではなく自分の責任ですが)、それで、貼るタイプが怖いのですよ。説明には「じかに貼らない」とある。靴下二枚重ねなら、大丈夫かな?
それで、靴下を二枚重ねた足の、爪先を、タテにくるむように、はりつけて、靴をはいたら、靴も入った~。爪先にはやや余裕があったし。
それで、家から出てみると…なんと、ほわーんとあたたかく、雪の中を歩いても快適。これなら、ジャンプ場に5時間ぐらいいても、大丈夫ではないだろうか?
まあ、いつのだかわからないふるいカイロなので、途中で冷たくなっては困るので、予備も二つもった。完璧。

で、雪の中を歩きながら…思った。なんて素晴らしいんだ~。これまで、貼るタイプを食わず嫌いして、使わなかったなんて。こんな便利なものをこれまで使わないでいたなんて、ああ私のバカバカ~、とかなんとか浮かれて歩いていたら…バス停までの道で、思いっきり、滑って転んだ~!!実はけっこう痛かったのだが…あの瞬間は、痛いよりも先に、即座に起き上がり、まわりを見渡して、誰かいないか確かめた(笑)。幸い知り合いはいなかった。雪をはらったけど、気温が低いせいか、雪がなかなかおちない。まったく、これでジャンプ観戦も完璧だと思って浮かれているから、こんなことに(笑)。歩きながら、本当に自分はバカだと思った(笑)。
しかしまあ…昔は、転んだら、痛い!が一番先にきたのに。いつぐらいから、痛いよりも、すぐ立ち上がって、なにごともなかったようなふりをするようになるんだろう(笑)。
まあ、たいしたことないから、そんなことができるんだ。本当に痛いときは体裁とりつくろってるどころじゃないし。冬の間は気をつけて歩かなければ。特に私のような雑念の多い人間は、歩くことに集中しないと。

というわけで…、日曜日の観戦は、爪先も、3時間ぐらい外にいると、冷えてはきたけど、土曜日に比べるとはるかにましだったし、鼻と口がつらかった冷気もマスクでシャットアウトしたら、ほんと、わりと快適に観戦できた。
ご参考になるかな~?
あ、貼るタイプのカイロは、肌に直接貼らずに、服の上から貼るそうです。私は靴下を二枚かさねた上から貼りましたが。熱過ぎると感じたらはがしましょう。火傷にご注意を。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン










スポンサーサイト

| スキージャンプ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3128-ef3dd812

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT