くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お疲れさまでした

グリムスキーワードを。「植林・植樹」。

小塚崇彦さんがフィギュアスケートを引退して、トヨタの社員になるというトピックスを読んだ。
いつかは引退すると思っていたし、最近はけがとの戦いで、なかなか上にいけないことが多かったので、淋しくはあるが、お疲れ様でした、今まで滑ってくれてありがとう、と。
「氷上を去る」と、いうのが気になってしまった。指導者にはならないということかな。アイスショーも出ないのかな。もったいない。
実績的には文句なしだし、スケーティングのすばらしさ、基礎がしっかりしていること、いい指導者になれると思うんだけど…。こう言ってはなんだが、彼よりも戦績が下の選手もコーチになっていると思うと…なんかもったいない。でも、一流の選手だった人が一流のコーチになるかというとそれもまた別な話だし。
これを書いてるいま、高橋大輔さんのスケートをみていた。人をひきつけるスケートは健在。大ちゃんは、このあと、テレビ番組のお仕事が増えるらしい。テレビで見ることが増えるのは嬉しい。でも、大ちゃんは、まだまだ、アイスショーで滑ってね。

小塚くんというとバンクーバー。あのときは、四回転をとばない選手が金メダルだったし、日本人は全員四回転にチャレンジしたが、高橋選手、織田選手が失敗する中、小塚くんだけが成功させた!あのときは感動して、演技途中にもかかわらず立ち上がって拍手した~。あれが公式戦で初めて成功させた四回転だったそうな。
今はもう、四回転は特別なジャンプではなくなり、必須なジャンプになってしまった。難易度の高いジャンプもどんどん跳ぶ選手がでてきている。世代交代か…でも淋しい。かつての三強、大ちゃんも織田くんもいなくなり、小塚くんも。
今は三強どころか何強だろう(笑)。頼もしいけれど…はあ、ひとつの時代が終ったと思った。
スケーティングでチャン選手に対抗できるのは小塚くんだと思っていた。チャンは現役続行し、小塚くんは引退。
一回だけ小塚くんのフリーを見ることができた。ほんとにあのときは行ってよかったな~。2011年のNHK杯。今思うと、優勝の大ちゃんに、町田くんもいたんだよね。当時はまだ「ティムシェル」ではなかったが(笑)エキシビションであの「エアギター」を披露してくれた。めがねかけてマフラーまいて、地味でさえない雰囲気(すいません…)で出てきたんだけど、途中、音楽が激しくなったところで、めがねをはずして、激しいエアギターを。そのギャップが楽しかった。のちにどんどん面白いキャラになってきたんだけど(笑)私にとっての町田くんはあのエアギターの町田くんなのだった。
みんな引退してしまった…話が冒頭にもどっちゃったな。
繰言になっちゃうのでこのへんで。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良い選手ですが最近は怪我に悩まされてましたね。
結婚して家族を大切に考えての就職かなぁ。
ご両親も指導者で、家族の団欒とかあまりなかったのだったら、こういう選択もありかも知れません。
なんか時代がまた動き出した感じ。オリンピックの後にもあることだけど、新しいスケーターが育ってきたらまた起こるんだよね。
真央ちゃんがデビューした後もそうだったし。
寂しいけど良い選手だったねって思えるウチに引くのも美学なのかもね。

| piyobear | 2016/03/16 10:03 | URL | ≫ EDIT

淋しいです

基礎的なことががっちりとしているので、いい指導者になれそうなんですが…残念です。
考えてみたら、小塚くんは、おじいさまが愛知杯の創設者なんですよね。サラブレッド中のサラブレッドなんですよね。ちょっとスケートから離れたい、気持ちもあるのかも…。
小塚くんというと佐藤コーチ。最近は真央ちゃんのコーチのほうが有名になっちゃってるけど、小塚くんはずーっと佐藤コーチの門下生だったんですよね。滑る前のあの儀式、背中をぐるぐるなでて、ぽん!と送り出すのが忘れられません。
今後もアイスショーに出てほしいなあと思います。

| 菜々 | 2016/03/18 17:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3138-822d6178

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT