くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もうすぐ世界選手権

今日もかごを編んでいる。指が痛いんだけど、編み出すと夢中になってとまらない。…自分ではそんなに、かご編むの好きだと意識したことはないんだけど、やりだすととまらないのは、好きなんだなあ…本当に。好きでもなければ、寝ても覚めてもはやらないよね(笑)。

毎日、テレビで、世界フィギュアの前情報を流しているので、私も、耳だけはそっちにむきながら、手元はかごを編んでいる(笑)。
女子はもちろん一番楽しみにしているのだけど…男子も盛り上がっている。今回は、これまでの中でももっとも厳しい戦いになるのでは?という気がする。
だいたい、オリンピックの金メダリストが現役でたたかっているのも珍しいことだし。あ、プルシェンコ選手は別ね(笑)。シングルのスケーターは、金メダルとっちゃうと、だいたいは引退…これまでは。何故だろう?と思ったけど、羽生くんが金メダルに輝いたあと、その理由がわかった気がする。
羽生くんが、オリンピックのあとで言っていた。「金メダルをとったからといって、毎回勝てるわけではない」そうだよね。そんなことはわかっていたつもりだったが、それでも、「オリンピックの金メダル」と言われてしまうと…それは、そのあとの試合でも、毎回、勝つことを期待される。勝っても当たり前だと思われてしまう。五輪金メダリストというのはそういうものなんだろう。
でも実際は、そんなことができるわけはない。人間なんだし、いつも強くいられるわけではなくて、ミスもあるだろうし体調不良、アクシデント、いろいろなことが起こるかもしれない。それでも勝つことを期待されて、勝っても「金メダルとったんなら当然だよね」みたいに受け止められてしまう。それを続けられる自信がなければ引退しかない。
羽生くんは、引退しなかった。それどころか、五輪のときよりも難しい技にチャレンジして、どんどん自分を追い込んで、たたかっている。自分が最強であることを証明しようとしてる。そこまでしなくても…。ソチの金メダルが、まぐれだったなんて思ってないのに。
とにかく、今年は、絶対負けない。そう思っているはずだ。
ところが今年は、現世界王者のハビエルに、宇野昌磨くん、四回転ルッツをコンビネーションで跳ぶ超人のボーヤン・ジン選手。そして元世界王者のパトリック・チャン選手まで。↑今気づいたけど、男子シングル「王者」多くない?王者と呼ばれる人、多すぎ(笑)。今は、羽生くん一人でいいじゃん。そう思う。「王者」は一人だからこそ王者、だと個人的には思う。いや、現在は世界王者はハビエル・フェルナンデス選手だから、ハビエルが王者でいいと思う。
今年の「王者」は誰かな?楽しみ。

女子については違う日にゆっくりと。
あ、もうひとつだけ。
来年世界選手権の枠、3枠の条件である「二人あわせて13位以内」絶対達成してね、羽生選手、宇野選手。まあ、二人なら、必ずや、やってくれると信じているが…。
だって、来年の世界選手権に3人で出るのは大事だ。来年の世界選手権には、次のオリンピックの枠がかかってるんだから。五輪でも3枠。そのために、頑張ってください。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3148-d28156c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT