くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界フィギュア 女子ショート

えーと、これは、夜中に投稿(笑)。例によって、事前報道をシャットアウトするため(笑)。

あ、そうそう、男子ショートの、6分間練習のとき。公式練習でのトラブルで、私はぴりぴりしながら見ていた。なにか、あったらどうしよう。おととしは怪我を負ったわけだし。とかなんとか考えて…あれ?羽生くんの衣裳…背中側に…スリットが?
背中、あいてたっけ?………いや。まさか。記憶では、背中はあいてなかったような。となると…ホック?ファスナー?が外れてるのか?どうして誰も、指摘しないのかな。オーサーコーチは、気づいてないのか?本人は?
大変だ。と私は思った。というのは…男子のコスチュームは、「わき毛が見えても減点」と、すぽるとでやってたから(笑)背中があいてたままだと、まさか、わき毛が出てしまったら…それだけで一点減点。
実際には、羽生くんの滑走のときには、ちゃんと、背中はぴったりとじていた。あーよかった(笑)。

さて。
今日は女子ショート。楽しみである。
個人的には、日本人選手では、宮原知子選手の「ファイアーダンス」が好き。フラメンコ、いいではないか。
浅田真央選手の「素敵なあなた」…うーん、ちょっと、盛り上がりが、足りなくないかな?もっとなんというか、終盤わーーーっと盛り上がってほしいような…。

本郷理華選手の「キダム」。これは、鈴木明子さんの振り付け。
最初見たとき「不思議な…」と、思った。独特の世界観、メイク。印象的ではあるが、これも、曲が一本調子で、盛り上がりがなく最後までいく感じ。個人的には、フリーの、わかりやすい見せ場のある「リバーダンス」のほうが断然好きだったが…でも。
四大陸で、本郷選手の演技を見始めると、………あれ?なんだか、ひきこまれる。それは、理華ちゃんが、滑り込んで、自分のものにできているから、なのかな。このプログラムは、最初良さがわからなかったが、見ていくうちに、味がでてくる、スルメのような魅力があるな、と思った。これは、本郷選手にしかしっくりこないプログラムかも。今日の「キダム」が楽しみだ。

フリーの「リバーダンス」これはもう、鉄板プログラムでしょう。言っちゃ悪いかもしれないけど、これは、本郷選手でなくても、他の選手が滑っても、いいプログラムになると思う。だけど、あの「リバーダンス」を、背の高い、羽生選手よりも長いという手と足を持った理華ちゃんが踊ると、まあ、映える映える。理華ちゃんは高い身長と長い手足が武器だ。背が高いとジャンプも高く見える。それはすごい有利だ。実際には、ジャンプは高さよりも、回転してるかどうかがポイントらしい。だから、低くても、きちんと回転がたりていれば、加点の対象になる。とはいえ、ジャンプが高いと、ファンとしては「おおお!」となる。会場が沸く。それも、ジャッジには、いい印象を与えるに違いない。印象は大事だ。
なんだかうまくまとまらないけど、理華ちゃんは、その点では生まれながらに恵まれている。そこへ、先輩の鈴木明子さんの、人をひきつける魅力が加われば…怖いものなしでしょう。
今後とても楽しみな選手である。もちろん、応援してます。

真央ちゃんについて書きたいけれど…思い入れが深すぎて、かえって書けない。
真央ちゃんに関しては、冷静に見ることができないので…いつも、シンプル。「笑顔で滑ってほしい」それだけ。そりゃあ、勝ってほしいと思うけど…それは本心だけど。でも、滑り終わったときに、心からの笑顔でいてほしい。それだけ、なんです。
彼女のスケートが見たい。笑顔が見たい。
それだけ考えて、今日は応援しよう。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3151-84c65ce0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT