くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二日連続で!

今日も、フィギュアスケートの大陸別団体戦。またも宇野昌磨選手がやりました!4回転フリップ。
一回着氷しちゃうと、次も、またその次もと、期待するのが観客で(笑)。昨日の素晴らしいショートのあとのインタビューで「明日も(4フリップに)挑戦しますか?」と聞かれて、苦笑しながら「ほんとはこのまま終わりたいんですけどねぇ…いれます」と。いかにも正直な昌磨くんであった(笑)。
あ、そうだ、昨日のこと。今日編集していたら。昨日リアルタイムで見たときに、宇野昌磨選手のショートの演技冒頭での実況。
「史上初の四回転クリップなるか?宇野チョー磨の挑戦です」と。!?今なんと?「チョーマ」と言わなかった?
あとで録画を確かめたら、確かに「チョーマ」と言っていたと思う。四回転「クリップ」と聞こえたし。まあ、細かいことは言わないようにとは思うが…クリップはまあご愛嬌としても…「チョーマ」はアカンよ、実況アナウンサーさん(笑)。
昨日の昌磨くんのSP「Legends」が好きだ。いつもは、ひきしまった表情で、最後まで、きりっと演じるんだけど、昨日のは…4フリップが、着氷やや乱れたけど、無事着氷したあと…笑みがこぼれた。そのあとの四トウループ-3トウループでも、着氷したあと、笑顔!!そして、最後のトリプルアクセルが成功したあと…抑えきれない、笑顔!!!こんな笑って演技してる昌磨くん、見たことない。「Legends」は…曲調もやや暗めで、一本調子で、まあ、ニコニコと滑るタイプの曲ではないなとは思ったけど、今シーズン初めての、アメリカ大会で、昌磨くん、最後まで、緊張しているのか…彼の場合はお顔がとても整っているので、緊張して笑顔がなくて滑っていると…どうしても、無表情っぽい印象を与えてしまう。もっと表情豊かだと、演技がさらにパワーアップ…しないかなと思うんだけど、シニアあがって一年め、そこまで求めてはいけないか…と。きっちりやることをやり、ジャンプをきめているんだもの、それ以上を望んでは…とも思った。もともと、人をひきこむ能力が優れた選手なので、まあ、真剣な表情もいいし、と。
でも昨日のSPは、ジャンプをきめるたび、心からの笑顔が。こうなるともう、昌磨くんから目が離せない。最後のスピンで、観客席が映ったんだけど、外国人のお客様たちが、昌磨くんの演技に心を奪われる様子を見た(笑)。すばらしかった。

今日のフリーも圧巻でした。そりゃあまあ、着氷があやしいとことか、最後の4トウループのあとにつけるジャンプが1トウループになったりとかはあったが、あれつけないと、単独4トウのリピートとみなされて減点になるから、よくぞつけた!!第一ジャンプで両手をつきながら!!と、画面のこっちから絶賛。そしていつも、緊張のためか、演技の途中であまり笑顔を見せない昌磨くんが、今日は、ところどころに笑みがこぼれていた。世界選手権のあの涙を見たあとだったので、嬉しかったな~。「笑顔のトゥーランドット」素晴らしかったです、はい。
団体戦の順位としては三位だったが、昌磨くんの点数はダントツのトップ。ブラボー!
知子ちゃんも今日の演技で今シーズンすべてノーミスのクリーンな演技。こんな選手他にいるか?ここまで連続でミスしない選手は私が見た中では初めて。なんて頼もしい、18歳コンビだ。
というわけで、幸せなところに、夜には、浅田真央選手と高橋大輔さんの出演するアイスショーが。なんか、盆と正月がいっぺんに(ふるいたとえですな)。鼻血のでそうな一日でした。
まあ、もう遅いので。まだ唇に巣くっているヘルペスが暴れたらいやなので、もう寝ます。
日本人選手のみなさんありがとう!!おつかれさまでした。
真央ちゃん大ちゃんもありがとう。

1ぽちしてくださると嬉しいです。
blogram投票ボタン








スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3163-1e0a24c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT