くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドールハウス Forever vol.7 二日目

今日はイベント二日目。
朝から素晴らしいお天気で、これは、北海道マラソンも盛り上がるだろうなあ。と思った。見に行けないけど。
私は何をしていたのかというと、
Dollhouseforever1-6.jpg
画像はすべて縮めてあります。それぞれクリックで大きくなります。
これは、ペーパーフラワーのキット。なんの花かというと、
Dollhouseforever1-7.jpg
不鮮明な写真ですみません。コスモスです。
出展作家の「miniばすけっと」(三人組)のお一人、「ミックスビーンズ」のMachiさんのワークショップを体験リポート~♪
可憐なコスモスを見たとき、私の脳裡に、
Dollhouseforever1-8.jpg
このツボ(花瓶?)が浮かんで、「これコスモス生けたら素敵になるのでは?」と。ちなみにこの花瓶、去年のこのイベントで、「工房てると」のてるとさんのロクロ体験をさせて戴いたときのもの。素敵な花瓶に仕上げてくださっていました。ありがとうございます!てるとさん。

そのときのどたばたはコチラで→ 千秋楽前日~

でもこれは、和のテイストな花瓶(ツボ?)で、コスモスはどちらか言うと洋の花?それで、このフラワーインストラクターのMachiさんにこのツボを見せて「これにコスモス生けたらヘンでしょうか?」と伺うと「いいよ!似合うと思う」と言われて、体験することに。

さて、ペーパーフラワーのキットは、
Dollhouseforever1-9.jpg
こんな感じ。細かすぎて、粘土ではとても作れそうもない、コスモスの細い葉っぱ等が、見事にカットされている。これはレーザーカッターでカットされているんだそうな。ああよかった。こんなの手動でカットできない(笑)私には。

Dollhouseforever1-10.jpg
これは、針金を緑に塗ってるところ。
そのあと、葉っぱの部分、花びらの部分、真ん中の部分を、それぞれ油性マーカーで塗る。「ぬりえみたい」と私。でも、ぬりえより簡単かも。というのは、葉の輪郭からはみだしてはいけないのかと思ったら、Machi先生は「むしろはみ出さないと、葉っぱのはじっこが白くなるから、わざとはみだして」と。
Dollhouseforever1-11.jpg
まず花びらを塗って、
Dollhouseforever1-12.jpg
一番多い葉っぱを。

塗ったあとは、それぞれパーツを何箇所かとめてある、「バリ」状態の部分を、カッターでおして、バリを切断。すると、全部のバリをおとしたら、パーツがはずれる。なんだかプラモデルみたい(笑)。
Dollhouseforever1-14.jpg
すべてのバリをおとして、容器の蓋においておく。ちいさなちいさなものなので、鼻息でも飛んでいきかねない。実際、がくがひとつ、どっかいっちゃった(笑)がくだけ塗りなおす。
そろったパーツを、まず葉っぱの真ん中の穴を茎である針金に刺して、ボンドで接着。コレが難しかったなあ。
ツボが、見本の花瓶よりも深さがないので、葉は、茎のかなり上に接着。
Dollhouseforever1-17.jpg

そして、花びらを、ちゃんと四枚ずつの花びらが8枚になるようにずらして接着。
Dollhouseforever1-18.jpg
Dollhouseforever1-18.jpg
まんなかの黄色いのもつけて、
Dollhouseforever1-19.jpg

後ろというか、花の裏の部分に、がくをつけて、
Dollhouseforever1-22.jpg
真っ平らである花を、手のひらにおしつけて、中央をくぼませて表情をつける。
Dollhouseforever1-24.jpg
できた!!ツボ、いいじゃん(笑)みんなに見せても「似合う!」とか「いいね!」とか。やった♪ワークショップ楽しいです。ほかにもいろいろありますので、ぜひ会場で見てみてくださいね。

Dollhouseforever1-25.jpg
上から。
Dollhouseforever1-26.jpg
綺麗でしょ?くらげ。


これは、「おさるのかごや」に行く予定。
おさるのかごや、とは?
次回につづく…(笑)疲れてるので、今日はこれにて。おやすみなさい。
明日もイベントです。明日は、私は、所用で、午後からイベント会場におります。どうぞよろしく。
こちらもよろしく。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| イベント情報 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3230-3c4366b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT