くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の空

今日は「ジャパンオープン」があるので、早めに更新←オンエアまで結果を知りたくないので。
あー、またこの季節が来たか…そうですよ、フィギュアスケートの季節です。今月から、GPシリーズが始まる。浅田真央選手のグランプリ初戦は、スケートアメリカ。そのまえに、フィンランディア杯にエントリーしている。体調をととのえて、頑張ってください~。
テレビ中継はないようだけど、かなり遅れて、放映されるんじゃなかったかな?羽生くんのオータムクラシックと一緒に?なんとかならないかな~、BSで、放送してくれないかなぁ。真央ちゃんと、羽生くんに関しては、放送してほしい。昌磨くんのでる試合は放映が決まっているけど。
ジャパンオープンも、昌磨くん、がんばって~!!
去年が思い出される。真央ちゃんの復帰と、昌磨くんの、大会での最高得点。昔同じリンクで滑っていた子たちが立派になって…と、親戚みたいな気持ちに(笑)。
昌磨くんに関しては、堂々の、シニアデビューだったが、なんだか、去年一年をみていると、シニア一年めとは思えない年だった。四大陸で、表彰台をはずしたときに、私が「今季シニアにあがったばかりだし」と言ったら、夫に「(18歳?)遅くね?」と言われる(笑)。しょーがないじゃん、トリプルアクセルが跳べなかったらしいから。シニアの男子で3アクセル跳べないと勝負にならない。
四大陸、世界選手権と、表彰台をはずして、悔しそうだったが、私の考えでは、それまでが順調にいきすぎた。シニア一年めで、GPシリーズ上位で、ファイナルにすすみ、ファイナルも3位。全日本では二位。最初の年で、こんなにいい成績残しちゃって大丈夫か?と。羽生くんだって、あがった年は、そんなによくなかったような。羽生くんは16最だったけどね。四大陸だって、世界選手権だって、悪い内容ではなかった。よくやった、と思ったけど…納得できなかったようで。その悔しさからか、コーセーチャレンジカップでいきなり四回転フリップを成功させて、さらに驚いた!!普通、世界選手権で、四回転に失敗したら、いやでも慎重になるんじゃないかと…凡人の私は思ったが、まさか、トウループより3段上の、フリップに挑戦するとは。そして跳んでしまうとは。
4ルッツをコンビネーションで跳ぶ、中国のボーヤン・ジンよりは、難易度が低いジャンプだけど、昌磨くんには表現力という武器がある。そして、すべての要素でバランスがいいので、そんなに減点にならないのが強みだ。昌磨くんはジャンプ以外のところでも点をのばせる。そこに4フリップが加わったら…羽生くんも脅かす存在に。
あと、もうひとつ特筆すべきは、昌磨くんは3連続で、3rdジャンプに3フリップをいれることができる。しかも後半のボーナスタイムに。これは強みだ。3連続で、真ん中に1ループをいれることによって、3rdに、サルコウを組むことで得点UPをはかる選手が多いが、昌磨くんはそこにフリップを。これは、他の選手は、今のところ、見たことない。全部完璧にきまったらどうなるか(わくわく)。
おお長話しすぎた。
そんなわけなので、今日はこのあと、パソコン見ない~。
あ、題名忘れていた(笑)。
sky1-9_20160930221904fff.jpg
おとといの空だったかな?ちょいと薄めだけど綺麗。そして、少しあとに、
sky1-8_20160930221902a6d.jpg
綺麗~。空ってどれだけ撮っても飽きない。同じ空がないんだもの。あ、同じ雲、というべきか。雲ひとつない空なら、同じだもんね(笑)。

ではでは、今日も、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| 菜々フォト | 09:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3253-334766f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT