くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よかった~

キーワードを書いておこう。「ゴミ分別」。

はあ、昨日は結局、お茶を用意しながら見たが、それどころではなくなった(笑)。
でも結果オーライ。羽生くん、四連覇おめでとう&四連覇を見せてくれてありがとう。
ショートの貯金が生きただの、ショート逃げ切りだのと書かれていることもあるみたいだけど、それの何が悪い?と私なんかは思っちゃう。そのショートの点数を稼いだのはほかでもない本人なんだし。むしろ、フリーと違って、要素の少ないショートプログラムで点数出すの大変なんだから。フリーならば挽回可能のことも多いけど。むしろ、フリーの得点だけで二位にあがったネイサン・チェン選手と、なにが違うの?と思うけど。まあ、それを言ったら、ネイサンが、ショートで完璧な演技をしていたらと思うと…おそろしいものが。
ともあれ、四連覇。あのプルシェンコでもできなかった偉業(四勝はしてるけど)。四年続けて勝てばもうまぐれでも偶然でもない。羽生くん、おめでとう!!世界選手権でも頑張って!!

昌磨くんも、よくフリーで挽回してくれた。銅メダルおめでとう♪
今回、くじびきの滑走順もかなり影響してると思う。台風の目になったネイサン・チェン選手。昌磨くんは第一滑走で、しかもショートの悔しさがあるし、だから思い切りのびのび滑れたし、ネイサンもフリーではジャンプがばしばし決まった。それを見て、ベテラン三人がかなり動揺したのでは?というのが、上位陣の大崩の原因ではないかと。羽生くんは次の滑走だから、リンクサイドにいなくてはならないし、点数もイヤでも耳にはいる(リンクで準備しながら滑っているから)。それでも、ミスはあってもなんとか少なめのミスにとどめて演技をおえた羽生くんは、やはり、勝負運があるのかな。
そのあとの滑走の三位のハビエルと二位のチャンに思わぬ作用をもたらした。ネイサンの高得点に、羽生くんのミスによる、普段よりは低い得点。これなら勝てる、と思っただろうし、「完璧にやらないと」と思っただろう。そこで力みが入ってしまったのかな。順当にいけば表彰台はかたそうであったのに、二人とも、順位が落ちてしまった。
それで、表彰台が、王者の両隣は十代コンビになった。こういうこともあるだろう。
まあ、結果から言えば、羽生くんは四連覇するし、昌磨くんは表彰台にあがるし(ショートのあとではもう無理だと思った)、沙羅ちゃんは一本目四位から大逆転で優勝するし、昨日は幸せな気分にひたっていた。
とはいえ、スケートも、ジャンプも、最終滑走まで、ひやひや、はらはらと、気が気ではなかったけど(笑)。

あー、でも、フィギュアスケートのグランプリファイナルと、スキージャンプの大会が、同時はキツイなあ(笑)。HDDの残量あまりないから、見ては消し、見ては消ししなきゃならなくて、大忙し。せめてどっちか一週間ずれていてくれたら…。

さて、明日は、イベントの準備。頑張ろう。スキージャンプは来年まで試合ないし、フィギュアも20何日の全日本まで少し時間がある。いまのうちにいらない番組消化しなきゃ。

1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン








スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3289-ba66d8e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT