くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大根抜き

昨日と今日はいろいろとあって、粘土はおやすみ。編むほうを重点的に。

で、先月たねをまいた、はつか大根。
radish1-1.jpg
これでは、大きさわからないですね。

radish1-2.jpg
方眼の上においてみた。
↓少し大きな画像も。

radish1-3.jpg
小さくて可愛いです。

ただ、小さくて可愛いんですが、右端の「赤丸はつか」、たねをまくときに、かなりゆとりをもってまいたつもりであったのに、今、くっつきそうなぐらい隣接している。丸いタイプだから、横に広がるということを計算にいれるのわすれてた。んで、間引きをかねて、混んでるところを引っこ抜く。
抜くには早すぎるが、残して大きくしたいので。

で、味見をしたら、超からくてエグかった!!見た目可愛いのに。…ショック。
真ん中の、赤くて長い「キスミーはつか大根」は、前に味見をしたときは、そんな辛くなかったんだけど。
白い「白姫」は、まさにミニ大根。これ、一番発育が遅いので、味見ももったいない。
それに、みんなからかったらいやだなあ。と…
とても生では食べられん!!、と、綺麗に洗って、葉も少しだけのこして、ぬか床に放り込んだ。

で、一日漬けたものを、実家にもってって、父母に味見をしてもらったら、「おいしい」と。まあ、悪くは言いづらいかなと、私も味見をしてみたが、全部、からくない!!ぬか床おそるべし。
というわけで、今後のはつか大根はみな、ぬか床行き(笑)。

ところで。赤くて長いタイプの「キスミー」なんですが…たね袋の写真を見たかぎりでは、もっと、長いみたいだったので、抜くとき、期待していたら…「すかっ」と、すぐ抜けた(笑)。短っ(笑)。もっと待ったら、長くなるかなあ。

大根抜いてて思い出した。子供の頃やった「大根抜き」というゲーム。
小学校の時やった。体育館の壁に、みんなで足を伸ばしてすわって、となり同士腕を組んで、抜かれないようにして、鬼?抜く人が、足をもって抜こうとするの。抜かれたら負けで、抜くほうに変わる。これ、両側に友達いると安心なんだけど、はじっこの人は抜かれやすいので、心細いんだよね(笑)。
私はあちこちの学校にいったのだけど、たいてい「大根抜き」やったなあ。
でも、ネットで調べたら、これはどうやら、北海道限定の遊びらしい。知らなかった。
子供の頃やった遊びや、食べたものは、全国であるように思うものだけど、成長してから、他の地域の方とお話してると「それ知らない」っていわれて初めて「これ北海道だけなんだ」と気づいたり。「やきそば弁当」も「ホンコンやきそば」も北海道だけと知らなかったし。

今ネットで「大根抜き」検索すると、「危険な遊び」ということが書かれていた。そうか、今は危ないのか。昔は、みんなで遊んだなあ。今の子供たちは知ってるのかな。

つい熱く語ってしまった(笑)。

肩こりで、作業が思うとおりにすすまない。肩こりに効く薬を母にもらったので、それ飲んだ。早く効きますように。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| どうでもいい話 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3365-2671f91e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT