FC2ブログ

くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

編むということ

今日は、久しぶりの、ミニチュア教室の日だった。
イベントが終わってから、初になる。
次のドールハウス(ジオラマかな…)のものを教わってきた。
それと、終わってから、個人的に、先生に、いろいろとご相談してきた。
イベントで、ワークショップをさせて戴いたときに、編むということをうまくお伝えすることができなくて、大失敗に終わったので、「編むということ」を、とことんまで考えてみようと思った。
私の場合、あみぐるみを編んだり、他のあみコモノを作るとき、たいてい使うのは「細編み(こまあみと読む)」という編み方なので、ワークショップもそれにしたんだけど、最初の最初「わの作り目」が、どうも、難しかったようで…私の説明のしかたがいけなかったんだと思うんだけど、かぎ針を持ったことのない場合には、これは、かなり難しいことのようだということを、今回初めて知った。
私は、小学生のときに、母からかぎ針編みを教わって、それ以来、ずっとではないけれど、編んできた。なのでもう、針の持ち方、糸のかけかた、作り目、編み方は、ほとんど無意識でやっちゃってるようなもので、その無意識を、いざ教えようとすると…これが、できない。私が教えることにむいてないということもあるんだろうけど。
それで、新しく、ワークショップの題材を考えて、今日、先生に実験台になってもらった(笑)。先生はかぎ針の経験もあるし、ものすごく器用な方なので、できた。先生に「どなたでもできそうですか?」と聞いてみると「できると思う」と。
それで、鬼が笑うんだけど(笑)今から、来年のワークショップの準備をしておこう。
完成して、もち帰っていただくことが、ワークショップの目的なので。

先生、遅い時間までありがとうございました。
終わったばかりで来年のことなんて、と思わないでもないが、もうこの年になると、時間が速い速い。

でもそのまえに、11月の準備(笑)。
ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。


blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| 気になること | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3419-97b462c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。