FC2ブログ

くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安心した~

フィギュアスケートグランプリシリーズがはじまって、また私は例によって、情報遮断中(笑)。
浅田真央さんが引退されてからも、この習慣は続いている。
羽生くんが引退するまでは、これも続くかなぁ(笑)。
ソチに出た選手で今も選手なのは羽生くんだけだ。だから全力で応援したい。
しかし、羽生くんは…なんだろう、正直いって「絶対王者」には違いないが、最近心臓に悪いよ(笑)。

今終わったばかりのロステレコム杯で、二位になった。私は、内心「よかった」と思った。いや、二位のなにがいいのかと、言われてしまうかもしれないけど…この何年も、初戦は二位以下で、NHK杯でもりかえし、ファイナルで快勝!のパターンだから。ネイサンのジャンプがダブルに抜けたとき、一瞬「いかん、羽生くんが勝っちまう」と思った(笑)。ショートのアドバンテージでネイサンが勝利した。でも、私は、これでよかったと思う。ファイナルでは勝つ、と信じている。

大会前のインタビューで「四回転ルッツをフリーでいれる、ショートの冒頭を4ループにもどす」と聞いたとき「やめとこうよ、羽生くん、四サルコウでいいじゃん、フリーもルッツいれることないよ」と思った。やめてくれ、も思った(笑)。オータムクラシックで、その構成で歴代最高点を更新したじゃん。じゅうぶん完成度でたたかえる、と。
でも、やるというからにはやるだろうなぁ。そういう性格だとお見受けしたし。

でも、今日、女子のショート(録画)を観ながら。なんで羽生くんは、まだ成功率の低いルッツをいれるんだろう。守りで充分勝てるのに…と思って、そこで。あぁそうか、五輪ではその構成でやるんことになるんだから、今のうちからやっておこうということなんだ、と、やっとわかった。
今回は、ネイサン・チェン選手に勝つだけならば、ショートは4サルコウ、4トウ-3トウ、3アクセル、フリーは4サルコウ、4トウ、3フリップ、4サルコウー3トウ、3アクセル、3アクセル-1ループ-3サルコウ、3ルッツ、あとひとつなんだ?とにかく、それで完成度というか加点の高さで勝てるはずだと思った。しかし、よく考えたら…五輪ではおそらく、昌磨くん、ネイサン、ボーヤン、ハビエル、チャン、が束になってかかってくるわけだ。あと力をつけているロシアのコリヤダ(今回ミスがありながら、技術点めちゃ高かった)、スケーティングと3アクセルとスピンの上手なジェイソンブラウンなど。強敵はいくらでもいる。
そうなると、イチバン難しい構成になれておかないとならない。そう考えたんだろうと思った。
だから、今回の勝負は二位までなら大丈夫だろうから、ルッツを見せてもらいましょう、という気持ちで観戦した。毎回勝つ必要はないし。大事なのは五輪にピークをもってくること。
ちゃーんと先を見てるんだな、と思った。安心した。なので、もう、怪我だけは、しないでください。それだけ、ですな。

羽生くんに関しては、ちょっと後悔がある。自分がファンだと気づくのに時間がかかってしまったこと(笑)。なので、真央ちゃんみたいに、初めて見たときから、引退まで、応援することができなかった。高橋大輔くんのファンだったし(笑)だから、二人が同時にでている試合では、まず大ちゃん、そして羽生くん、と応援してたんで。
自分は誰のファンなんだろうなあ、と、たまに考えるんだけど。
それで、まあ、あり得ないことなんだが、これまでのスケーター、現役選手、引退した選手、男女、入り乱れて一度に試合をやるとしたら(笑)それはもう、真央ちゃんだな、イチバンに応援するのは。次は大ちゃんだな。そして、羽生くんだな。と、思っていたので。
だったら現役では羽生くんのファンだということになるな、と、最近気づいた(笑)遅いですな。
だから、羽生くんが引退しちゃったら、昌磨くんだな。
でも、最近は…男子が不安。以前の日本の女子シングルを思い出す。羽生くんがいて、昌磨くんがいて、世界のランク一位、二位となっているんだから、未来は安泰だな…と、思えないことが。この二人になにかあったら、どうなる…という不安が。
それ考えたら、ロシアの女子、すごいな…どんどん次が出てくる。

とりとめがなくなってきたなあ。このへんにしておこう。
あ、でも、もうちょっと。

女子は、どうなるかな…私は、中国杯にエントリーしている、三原舞依選手が楽しみである。ジャパンオープンのフリーは素晴らしかった!!「ガブリエルのオーボエ」まさに三原選手にぴったり。昨シーズンの「シンデレラ」もぴったりだったが、さらにいいなあ。ショートの「リベルタンゴ」は、まだなじんでいないみたいだけど、人気のある曲だし、メリハリがきいて、はまればひきこまれるプログラムになると思うので。今後楽しみである。
それを言ったら、本田真凜選手のショート「The Giving」カーニバル・オン・アイスでみたけれど、これ、エキシビションでいいんじゃないのかな?と。とても綺麗な曲ではあるんだが…。どうもタンゴがあまりしっくりこないようだったらしいけど、競技用のプログラムとしては、「ラ・クンパルシータ」のほうがよさそうだと思うんだけど…でも、本人が気に入った曲で滑るほうがいいんだろうし。
また脱線するが、宇野昌磨選手は、曲にあんまりこだわりがないそうで、全部、樋口美穂子コーチにおまかせなんだそうな。それもすごいなあ。「この曲がいい!」って、思わないのかな…考えるの面倒なんだろうか(笑)。となると、昌磨くんが「どうしてもこの曲で滑りたい」という曲が出てくることを楽しみにしたい。

とまあ、いつものとおり、好き勝手書いてしまいましたが、1ファンのたわごとと思ってお聞き流しくださいね。

ではでは、編み編み作業にもどります。
1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| フィギュアスケート | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3422-747604b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。