FC2ブログ

くらげちゃん日記

手づくり、その他いろいろ感じたことなど。「日常」をちょっとだけ…。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

てるとさんのシンブル

今日のキーワード「カーボンオフセット」

11月の初め頃、あるものが届いた。
sinble1-1_20171124193752926.jpg
これは、なんぞや…?
大きさの参考のため、一円玉を。

ねんのため、
sinble1-7_20171124193821753.jpg
くらげも(笑)。

この、湯飲みをさかさまにしたようなものは、「シンブル」といいまして…まあ「指ぬき」ですね。西洋の。縫い物をするときに指にはめて使うもの、らしいけど、私は、陶器のは使ったことがない。割れそうで怖いので(笑)。小さくて可愛らしいものが多くて、コレクションしている。
で、このシンブルは、「工房てると」の、てるとさんにオーダーさせていただいたもの。

てるとさんは、自作のロクロで、ちいさなちいさな陶器を作られる陶器職人さんである。
初めてお会いしたときに衝撃を受けたのは、一円玉に、三個(!!)乗る急須ののった、ショップカード。これ、でっかい一円玉ですか…と聞きそうになった(笑)。しかもその急須が、ちゃんと、常滑の朱泥でできているというのだから、おそれいりました。
ところが最近はさらにレベルアップして、なんと、急須が5個、湯冷ましが5個、乗るようになっていた…一円玉に。10個分…。

9月の「ドールハウス FOREVER」で、きっかけはなんだったか忘れたのだが、てるとさんと、シンブルの話になって、「小さいのほしいんですが、作ってくださいますか?」と。てるとさんに「先がまるいのと、平らなのと、どちらがいい?」「丸くて、やや平ら」と(笑)。
しかし…私は、二個オーダーしていたのだが…5個ですかいっ!とびっくりしたら、お手紙に「シンブルはすべて使ってください」と。お値段は、2個のまま。いいんですかね…と、メールで確認させて戴くと「そのかわり、シンブルに乗せるもの、できたら見せてね」とお返事が。

そこで私は、ドールハウスとミニチュアの先生である「あとりえ桜陽」さんに、一日弟子入りして、この、極小シンブルの上に乗るものを、火曜日に、作ってきた。
先生には、シンブルの画像を送って、私のイメージをお伝えしたところ「面白そうだね」と、私にもできそうなものを、考えてくださっていた。
例によって、私が生徒なので、途中過程はすっとばして、できました。
sinble1-6_201711241938195de.jpg
クリスマスの、飾り~♪
方眼のマス目は5ミリです。

いや~、先生の試作を見せて戴いたときは「可愛い!…でも、できるかな」と不安になった。私には、すごく小さい。先生は「そんなに小さくないから大丈夫」みたいに仰るので「いやそれは先生の世界のお話で」と(笑)。先生や、てるとさんの陶器を拝見していると、遠近感というか…大小感が、わからなくなる(笑)。
でも、先生は、私にもできるように簡略化してくださっていたので、二時間ちょっと、苦労しながらも…完成。
無事乗っかることを確認したあと、先生と、どら焼きを食べながら、女子トークなどを。
sinble1-8_2017112419382256d.jpg
「六花亭」で、夕方には売切れてしまうので「ご容赦」という名前の、どらやき。ふわっふわでおいしかった。
女子?あ、いや違うな、ミニチュアトークだ(笑)。
25、26日に、東京で行われる、ジャパンギルドミニチュアショーというミニチュアのイベントに、先生も、てるとさんも参加されるということで。
そしたら今頃、てるとさんも支度でお忙しいだろうなあ。先生も、送るものは荷造りして発送されたそうで。
先生のおかげで、可愛い、クリスマスのオブジェができました。ありがとうございました♪

先生のブログはコチラ→ あとりえ桜陽のミニチュアな日々

で。
いろいろと野暮用があって、やっと昨日、シンブルに、乗せて撮影。
sinble1-10_2017112419382581e.jpg
ああ、くらげにピントあっちゃった(笑)。

sinble1-5_20171124193758696.jpg
一円玉に乗せてみた。ちょうど5個、全部乗る。

sinble1-9_20171124193824080.jpg
素敵なクリスマスのシンブルになった~♪
私は、クリスマスモチーフのものが好きなので、もう、全部接着しちゃおうと思っていたんだけど、先生にご相談したら「はずせないと、シンブルってわかりにくいかも」というご意見をいただいたので、両面テープでとめてある。でも、今になって、それがよかったなと。他にも、トッピング(お好み焼きかい)をかえて楽しめるし。

ちなみに、一般的なというか、スタンダードなシンブルはというと、
sinble1-11.jpg
こういう感じ。
これ、何分の1なのかな、と思って、はかってみた。

実物大シンブル      口の直径 23ミリ  高さ  26ミリ

てるとさんのシンブル(一番大きいもの)  口の直径 6.5ミリ 高さ 7ミリ

…となると、だいたい、約4分の1サイズ、ってことかしら。

てるとさんが、5個送って下さったから、こんなに、楽しく、素敵なシンブルになりました。本当にありがとうございます!

てるとさんのブログはこちら  → ミニチュア陶器 工房てると

この写真をてるとさんにお送りしたところ、とても喜んでくださって、ご出発前のお忙しいときにお返事いただいて、てるとさんのブログにも掲載していただきました。てるとさんありがとうございました♪

さて、私も、この粘土のミニチュアを、もうちょっと練習しようと思います。実は、レッスンのとき、手がプルプルして、あまり上手にできなかったんで。ツリーをやりなおしたい。ゆきだるまもっと作りたい(笑)。

ではでは、1ぽちしてくださると嬉しいです。

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

| たからもの | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanapuff.blog13.fc2.com/tb.php/3440-2c65fc75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。